タグアーカイブ: ドル反落

NY外為:ドル反落、米財政悪化懸念が浮上、共和党下院税制改革詳細受け

[欧米市場の為替相場動向]
 NY外為市場でドルは高値から反落したほか、リスク回避の動きが優勢となった。共和党下院が発表する予定の税制改革案の詳細の概要が明らかになるにつれ、債務拡大懸念が強まった。詳細において、法人税率が現行の35%から20%に引き下げられることが含まれており、phase-in段階的な引き下げではないことは好感材料となる。共和党下院は米国東部時間午前11時15分から会見を予定している。
ダウ平均株価は米国東部時間午前10時30分現在64ドル安で推移した。米10年債利回りは2.37%から2.33%へ低下。ドル・円は114円22銭の高値から113円54銭へ反落。ユーロ・円は133円15銭から132円65銭へ反落した。ユーロ・ドルは1.1635ドルから1.1687ドルまで上昇した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY外為:ドル反落、次期FRB議長の思惑

[欧米市場の為替相場動向]
 NY外為市場でドルは高値から反落した。米国のトランプ大統領は次期連邦準備制度理事会(FRB)議長で、パウエル理事を指名する可能性が高まったと報じられた。ブルーンバーグが関係筋の話として伝えた。しかし、大統領はまだ、決定にいたっていないという。
最有力候補と見られていた最もタカ派のテイラー氏が次期議長に指名される可能性が低下したとの見方からドル売りが優勢となった。ドル・円は114円45銭の高値から113円72銭へ反落。ユーロ・ドルは1.1578ドルの安値から1.1624ドルへ反発した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY外為:ドル反落、北朝鮮によるミサイル発射の可能性報道を警戒

[欧米市場の為替相場動向]
NY外為市場でドルは高値から反落した。北朝鮮によるミサイル発射の可能性の報道を警戒。ドル・円は111円04銭の高値から110円32銭まで反落。ユーロ・ドルは1.1838ドルの安値から1.1909ドルまで急反発した。ユーロ・円は131円68銭から131円25銭まで下落。
北朝鮮が再び弾道ミサイルを発射する兆候を見せていると、日経が報じた。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

NY外為:ドル反落、フィッシャー米FRB副議長の辞任受け

[欧米市場の為替相場動向]
 NY外為市場ではドル売りが再燃した。イエレンFRB議長とともに年あと一回の利上げを予想していたタカ派と見られていたフィッシャー米FRB副議長が10月中旬をめどに辞任する意向を表明。
ドル・円は109円台前半から108円79銭へ反落。ユーロ・ドルは1.1914ドルから1.1945ドルへ急反発した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【市場反応】米8月シカゴPMI/7月中古住宅販売成約指数、ドル反落

[欧米市場の為替相場動向]
全米不動産業者協会(NAR)が発表した7月中古住宅販売成約指数は前月比‐0.8%と、6月+1.3%から予想外のマイナスに落ち込んだ。
事前に発表された米国の8月シカゴ購買部協会景気指数(PMI)は58.9と、低下予想に反して7月と同水準を維持。
予想を下回った米国の住宅関連指標に失望し、米債利回りが低下。ドル買いも後退した。ドル・円は110円66銭から110円29銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1823ドルから1.1862ドルまで上昇した。
【経済指標】
・米・7月中古住宅販売成約指数:前月比‐0.8%(予想:+0.3%、6月:+1.3%←+1.5%)
・米・8月シカゴ購買部協会景気指数:58.9(予想:58.5、7月:58.9)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【市場反応】米8月シカゴPMI/7月中古住宅販売成約指数、ドル反落

全米不動産業者協会(NAR)が発表した7月中古住宅販売成約指数は前月比‐0.8%と、6月+1.3%から予想外のマイナスに落ち込んだ。
事前に発表された米国の8月シカゴ購買部協会景気指数(PMI)は58.9と、低下予想に反して7月と同水準を維持。
予想を下回った米国の住宅関連指標に失望し、米債利回りが低下。ドル買いも後退した。ドル・円は110円66銭から110円29銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1823ドルから1.1862ドルまで上昇した。
【経済指標】
・米・7月中古住宅販売成約指数:前月比‐0.8%(予想:+0.3%、6月:+1.3%←+1.5%)
・米・8月シカゴ購買部協会景気指数:58.9(予想:58.5、7月:58.9)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【市場反応】米7月中古住宅販売件数、1年ぶり低水準、ドル反落

[欧米市場の為替相場動向]
全米不動産業者協会(NAR)が発表した米国の7月中古住宅販売件数は前月比−1.3%の544万戸となった。予想555万戸を下回り、昨年8月以降ほぼ1年ぶり低水準となった。
予想を下回った結果を受けて、米債利回りは上昇幅を縮小。ドルは高値から反落した。
ドル・円は109円46銭から109円15銭へ下落。ユーロ・ドルは1.1792ドルから1.1810ドルまで上昇した。
【経済指標】
・米・7月中古住宅販売件数:544万戸(予想:555万戸、6月:551万戸←552万戸)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【市場反応】米7月中古住宅販売件数、1年ぶり低水準、ドル反落

 全米不動産業者協会(NAR)が発表した米国の7月中古住宅販売件数は前月比−1.3%の544万戸となった。予想555万戸を下回り、昨年8月以降ほぼ1年ぶり低水準となった。
予想を下回った結果を受けて、米債利回りは上昇幅を縮小。ドルは高値から反落した。
ドル・円は109円46銭から109円15銭へ下落。ユーロ・ドルは1.1792ドルから1.1810ドルまで上昇した。
【経済指標】
・米・7月中古住宅販売件数:544万戸(予想:555万戸、6月:551万戸←552万戸)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY外為:ドル反落、米3年債入札後

 NY外為市場でドルは高値から反落した。米財務省が実施した312億ドル規模の3年債入札の良好な結果を受けて、米10年債利回りは2.28%から2.265%へ低下したことが背景となった。入札の応札倍率は3.13倍と、2015年12月の入札以来の高水準に達し、強い需要が示された。
ドル・円は110円83銭の高値から110円35銭へ反落。ユーロ・ドルは1.1715ドルの安値から1.1760ドルまで反発した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【市場反応】米7月ISM製造業景況指数/6月建設支出など、ドル反落

[欧米市場の為替相場動向]
 米供給管理協会(ISM)が発表した7月ISM製造業景況指数は56.3と、予想56.4を下回り、6月57.8から低下。6月建設支出は前月比‐1.3%と、改善予想に反して、4月来のマイナスに再び落ち込んだ。
一方、事前に発表された7月製造業PMI改定値は53.3と、下方修正予想に反して、速報値の53.2から上方修正され3月来で最大となった。
予想を下回った結果を受けて、米債利回りが低下に転じた。米10年債利回りは2.31%へ上昇後、2.27%まで低下。ドル・円は110円59銭から110円04銭へ急落。ユーロ・ドルは1.1807ドルから1.1839ドルまで上昇した。
【経済指標】
・米・6月建設支出:前月比‐1.3%(予想:+0.4%、5月:+0.3%←0.0%)
・米・7月ISM製造業景況指数:56.3(予想:56.4、6月:57.8)
・米・7月製造業PMI改定値:53.3(予想:53.1、速報値:53.2)

FX為替ニュース

, , , , , , ,