タグアーカイブ: ドル円110円後半

NY為替・15日=ドル円110円後半、上げ一服も堅調維持

 NY為替市場では週末要因も加わり、値動きは鈍った。この日米経済指標はやや弱い結果となった。8月小売売上高はプラス予想に反して前月比-0.2%と、6カ月ぶりの大幅減となった。8月鉱工業生産は-0.9%と市場予想を下回り、米9月ミシガン大消費者信頼感は95.3とやや市場予想を上回るも、ハリケーンの影響で前月から低下した。指標結果を受けた反応は一時的。
 ドル円は111.33円を高値に110円後半でもみ合い。昨日の予想比上振れた米消費者物価指数を受けて、米追加利上げ期待が再燃したことも、ドル円の下支え。昨日英早期利上げ期待を背景に連日大幅高となったポンドは買いが一服し、ポンドドルは1.3616ドルを頭に1.35ドル後半、ポンド円は151.55円から150円半ばに上げ幅を縮小した。また、ユーロドルは1.19ドル半ば、ユーロ円は132円半ばでしっかり。
 オセアニア通貨の動きも鈍い。豪ドル/ドルは0.80ドル前後、豪ドル円は88円後半で動きが鈍く、NZドル/ドルは0.73ドル前後、NZドル円は80円後半で堅調地合いを維持した。
 6時現在、ドル円は110.83円、ユーロドルは1.1945ドル、ユーロ円は132.42円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円110円後半で小動き、ユーロドルは1.17ドル近辺

 ドル円は110.80円近辺で小動き。続伸して寄り付いたダウ平均は小高い水準で推移。
 ユーロドルは1.1682ドルを安値に1.17ドル近辺で上値が重く、ユーロ円は129.53円までじり安。関係筋の話しとして、ドラギECB総裁がジャクソンホールで開かれる年次シンポジウムで金融政策の変更についてコメントしないと伝わったことも、ユーロの重し。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY為替・15日=米指標でドルが一段高、ドル円110円後半へ

 NY為替市場ではドルが一段高。北朝鮮情勢をめぐる緊張が緩み、先週のドル安・円高の巻き戻しが先行する中、米経済指標の良好な結果も、ドル買いを後押した。7月の米小売売上高は前月比で市場予想を上回る+0.6%と、今年最大の伸びを記録し、前月分も上方修正された。また、米8月NY連銀製造業景況指数は市場予想を大きく上回る+25.2と、約3年ぶりの高い水準に改善し、米12月利上げ観測が再燃した。
 米10年債利回りが一時2.28%近辺まで上昇し、ドル円は一時110.85円まで上昇した。買いが一巡した後は110円半ばに水準を切り下げてこう着。予想比下振れの英消費者物価指数の結果を受けて軟調のポンドドルは1.2846ドルまで一段安となった。また、ユーロドルは1.1687ドル、豪ドル/ドルは0.7808ドル、NZドル/ドルは0.7230ドルまで下押し、ドル/加ドルは1.2778加ドルまでドル高に振れた。
 投資家のリスクオフの動きが後退しクロス円は底堅い動きも、値動きは限定的。ユーロ円は129円後半、豪ドル円は86円半ば、NZドル円は80円近辺、加ドル円は86円後半で推移した。一方、ポンド円は一時141.98円まで小反落した。
 6時現在、ドル円は110.67円、ユーロドルは1.1735ドル、ユーロ円は129.88円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円110円後半でもみ合い、一時110.92円まで上昇

 ドル円はNY株式市場オープン直前に上値をトライし110.92円まで上昇した。その後買い上げる材料にも乏しく、再び110.80円前後まで押し戻されている。ユーロドルは1.1790ドル付近、ユーロ円は130.65円前後で取引されている。

FX為替ニュース

, , , , , ,

東京午前=米雇用統計通過し、ドル円110円後半でこう着

 東京午前の為替相場は、先週末に米雇用統計を通過し、新規手がかりが乏しい中、値動きが鈍い。良好な米雇用統計を受けたドル買いの流れが蒸し返ることもなく、ドル円は110円後半でこう着。ドル円の上値の重い地合いは変わっていない。ダウ平均の8日連続の最高値更新やドル円の下げ渋りを好感し、週明けの日経平均は反発した。また、時間外の米10年債利回りは2.27%を挟んだ小動きにとどまった。
 ユーロドルは1.18ドルちょうど、ユーロ円は130.62円まで上値を伸ばすなど、ユーロの下値は堅い。欧州中央銀行(ECB)の金融政策引き締め期待を背景に、ユーロの下押し局面では買いが入りやすくなっている。また、ポンドドルは1.30ドル半ば、ポンド円は144円半ばで小じっかり。週末に伝わった一部報道によると、英国は欧州連合(EU)離脱にともなう清算金として最大400億ユーロを支払う用意があるもよう。ただ、EU側は600億ユーロの支払いを提案している。
 豪ドル/ドルは0.7949ドル、豪ドル円は88.02円まで小幅高となるも、NZドル/ドルは0.74ドル前半、NZドル円は82円近辺で動意は見られていない。
 午後も新規材料が乏しく、方向感に欠ける動きか。ドル円は日足一目均衡表・転換線が位置する111円近辺での重さも意識され、下値を探る展開も見込まれるが、ユーロ円などのクロス円の堅調な動きも下支えとなり、下値も限られ、110円半ば-111円前半での動きが予想される。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

午前まとめ=ドル円110円後半、日経平均は反発

・米株の堅調な動きを好感し日経平均は反発、前引けは125円高の20078円
・先週末に米雇用統計を通過し、為替相場は動意薄
・ドル円は110円後半でもみ合い、ユーロドルは1.18ドルちょうどまで小反発
・時間外の米10年債利回りは2.27%を挟んで小動き

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円110円後半でもみ合い、日経平均の反発に反応薄

  ダウ平均の8日連続の史上最高値更新や、米雇用統計を受けたドル円の上昇を好感し、日経平均は先週末比100円超高で寄り付いた。
 ただ、日経平均の反発は織り込んでいる部分も大きく、為替相場の反応は鈍い。ドル円は110.80円近辺でもみ合い相場が続いているほか、ユーロ円は130円半ば、ポンド円は144円半ば、豪ドル円は87円後半で小動き。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円110円後半で底堅いも、上値は限定

 先週末の米雇用統計を受けて、ドル円は底堅いも上値は限られ、110.84円までの小幅高にとどまっている。また、ユーロ円は130.62円、ポンド円は144.61円、豪ドル円は87.94円、NZドル円は82.18円までやや買いが優勢。
 ダウ平均が8日連続で最高値更新したことや、ドル円の下げ渋りで、週明けの日経平均も反発が見込まれている。

FX為替ニュース

, , , , , ,

LDN午前=ドル円110円後半でもみ合い、ポンドは小じっかり

 ロンドンタイム午前の為替相場は動意に欠ける動きとなった。ドル円は110.83円を高値に110.60円近辺で推移。1日に110円割れ水準では底堅さを示したものの上値は重く、週末の米雇用統計を控え、110円台での小動きが続いている。
 ポンドは小じっかり。英7月サービス業PMIが市場予想を上回る53.8となったことも好感し、ポンドドルは1.3267ドルまで昨年9月15日以来の高値を塗り替えた。ポンド円も146.80円までじり高。この後のイングランド銀行(BOE)金融政策委員会(MPC)では金融政策の据え置きが予想されるが、利上げ支持派の増減に注目が集まっている。前回の会合では5対3で据え置きが決定されたが、利上げ支持のフォーブス委員が退任し、テンレイロ委員が新たに加わった。また、ユーロドルは1.18ドル半ば、ユーロ円は131円近辺で底堅い動き。
 オセアニア通貨はやや上値の重い動きも、方向感は限定的。豪ドル/ドルは0.79ドル前半、NZドル/ドルは0.74ドル前半で推移し、豪ドル円は87円後半、NZドル円は82円前後で売りが優勢となった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

LDN午前=ユーロとポンド堅調、ドル円110円後半で伸び悩み

 ロンドンタイム午前の為替相場では、ユーロとポンドが堅調な動きとなった。足もとでドル安地合いが続いているなか、欧州中央銀行(ECB)とイングランド銀行(BOE)に対する早期の金融政策引き締め期待がユーロとポンドの支えとなっている。
 ユーロドルは1.1868ドルまで2015年1月以来の高値を更新し、ユーロ円は昨年2月以来の高値となる131.40円まで上昇した。ドラギECB総裁は7月のECB理事会後の記者会見で、秋の政策会合で金融引き締めについて議論すると明言した。ポンドドルは1.3245ドル、ポンド円は146.76円まで上値を伸ばした。ポンドは欧州序盤から買いが先行したが、英7月建設業PMIが市場予想を下回る51.9と、昨年8月以来の低水準となり、ポンドは対ユーロで売りが強まり、対ドル・対円でも上げが一服した。一方、同じく欧州通貨のスイスフラン(CHF)はスイス国立銀行(SNB)の緩和姿勢継続の見通しを背景とした軟調地合いが継続。ドルCHFは0.9704CHFまでCHF安が進み、CHF円は114.80円を高値に114円前半に押し戻された。
 オセアニア通貨は動意薄。豪ドル/ドルは0.79ドル半ば、NZドル/ドルは0.74ドル前半で上値が重く、豪ドル円は88円前半、NZドル円は82円前半で小幅の上下にとどまった。また、ドル円は底堅いも一段と買い上げる手がかりは乏しく、110円後半でもみ合い。昨日に大幅低下した米10年債利回りの戻りの鈍い動きも、ドル円の上値を圧迫した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円110円後半で下げ渋り、111円近辺に戻す

 欧州早朝は小幅のドル売り・円買いが先行するも、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、方向感にはつながっていない。独DAXや英FT100など欧州株が小反発で寄り付いたことも支えに、ドル円は昨日の安値を下回ることなく110.83円を安値に111円近辺に水準を戻している。ドル円の上値の重い地合いは変わっていないが、110円台での押し目買い意欲も強いもよう。

FX為替ニュース

, , , , ,

ドル円110円後半に失速、豪ドル/ドルは0.79ドル半ば

 ドル円は再び111円大台を割り込み、110.90円近辺に押し戻されるなど、上値の重い動き。また、ユーロドルは1.16ドル半ば、ポンドドルは1.30ドル近辺での小動きが続いているが、豪ドル/ドルは0.7958ドル、ドル/加ドルは1.2523加ドルまでややドル安に振れている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円110円後半、上値重いも利食いの買いで下支え

 ドル円は110円後半で小動きになっている。上値は重いが本邦勢からドルの利食い買いも出ているため、一方的には下がりにくくなっている。ユーロドルは1.1670ドル前後でもみあい、豪ドルは0.7910前後で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円110円後半、ユーロも先週末終値付近で小動き

 ドル円は110円後半でやや上値が重い。先週末に一時2日以来の高値水準となる111.42円まで上昇したものの、米住宅データが市場予想比で下振れし、ドル円の上昇も失速した。
 18日に行われた仏国民議会選挙ではマクロン大統領の「共和国前進」が大差で勝利することが確実となったが、織り込み済みでユーロの反応は鈍い。ユーロドルは1.12ドル近辺、ユーロ円は124円前半で小じっかり。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY為替・9日=米株が伸び悩み、ドル円110円後半から失速

 NY為替市場では円売り・ドル買いが先行した。今週の注目イベントであった、コミー前FBI長官の議会証言や欧州中央銀行(ECB)理事会、英総選挙を通過し、投資家のリスクオフへの警戒感が緩み、米株は買いが先行した。米債利回りも上昇し、ドル円は一時110.81円まで上昇した。ただ、NASDAQが2%超安まで下落し、ダウ平均も一時マイナス圏に沈むなど米株が伸び悩み、ドル円は110円前半に押し戻された。
 クロス円も買いが先行したものの、ドル円の失速につられ水準を切り下げるなど方向感に欠ける動きとなった。ユーロ円は123.86円、豪ドル円は83.40円、NZドル円は79.75円を高値に伸び悩んだ。また、ユーロドルは1.1166ドル、豪ドル/ドルは0.7520ドル、NZドル/ドルは0.7190ドルまで小幅安。
 加雇用統計の結果を受けて、加ドルは買いが優勢で、ドル/加ドルは1.3423加ドル、加ドル円は82.45円まで加ドル高に振れた。5月の加就業者数は5万4500人増と市場予想を大幅に上回り、同失業率は6.6%と市場予想と一致。英総選挙を背景に暴落したポンドは戻りが鈍く、ポンドドルは1.27ドル前半、ポンド円は140円前半で推移。メイ英首相は続投を表明し、欧州連合(EU)離脱交渉を予定通りに今月中旬に始める考えを示した。
 6時現在、ドル円は110.32円、ユーロドルは1.1195ドル、ユーロ円は123.51円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

LDNFIX=ドル円110円後半、リスクオフの警戒感緩む

 ロンドンフィックスにかけてはやや円売りが優勢となった。今週の注目イベントであった、コミー前FBI長官の議会証言や欧州中央銀行(ECB)理事会、英総選挙を通過し、投資家のリスクオフへの警戒感が後退した。米株は続伸し、米長期債利回りも上昇するなか、ドル円は110.81円まで上値を伸ばした。
 リスク選好の円売りで、クロス円も小じっかり。ユーロ円は123.86円、豪ドル円は83.40円、NZドル円は79.71円まで買いが優勢となった。対ドルではやや上値が重く、ユーロドルは1.1166ドル、豪ドル/ドルは0.7520ドル、NZドル/ドルは0.7190ドルまで弱含んだ。
 加雇用統計の結果を受けて、加ドルは買いが優勢で、ドル/加ドルは1.3425加ドル、加ドル円は82.45円まで加ドル高に振れた。5月の加就業者数は5万4500人増と市場予想を大幅に上回り、同失業率は6.6%と市場予想と一致。英総選挙を背景に暴落したポンドは戻りが鈍く、ポンドドルは1.27ドル前半、ポンド円は141円近辺で推移。メイ英首相は続投を表明し、欧州連合(EU)離脱交渉を予定通りに今月中旬に始める考えを示した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円110円後半で小じっかり、日経平均は反発スタート

 反発スタートの日経平均が上げ幅を拡大する動きも好感し、ドル円は110.89円までわずかながら買いが優勢。ユーロ円は124円半ば、豪ドル円は82円前半、NZドル円は78円半ばで小動き。
 ポンドドルは1.28ドル後半、ポンド円は142円後半で上値が重い。ポンドドルは海外市場でドル売りの流れを受けて一時1.29ドル前半に上昇するも、8日英総選挙の警戒感で伸び悩んだ。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円110円後半、米政権不安が重しも米6月利上げ期待が支え

 昨日に110円半ばで下げ渋ったドル円は110円後半でもみ合い。米政権不安への懸念で上値の重い地合いが続いているが、引き続き米6月利上げ期待が下支えとなっている。最近の米経済指標は弱い結果も多く見られているが、6月の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げに踏み切るとの観測は根強い。ただ、週末の米雇用統計など、FOMCまでの米経済指標の結果が政策変更に影響を与える可能性はあり、警戒が必要。
 ユーロドルは1.1240ドル近辺、ユーロ円は124円半ばで小動き。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円110円後半でもみ合い、ダウ平均は前日終値水準で小動き

 ドル円は110.75円近辺でもみ合い。また、ユーロドルは1.0615ドル近辺、ポンドドルは1.24ドル前後、豪ドル/ドルは0.75ドル前半の安値圏で上値の重い動き。
 ダウ平均も米雇用統計やシリア空爆の影響は限られ、前日終値を挟んでの小動きが続いている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,