タグアーカイブ: ドル円106円半ば

ドル円106円半ばで動き鈍る、米中貿易戦争懸念は続く

 ドル円は106円半ばで動きが鈍っている。ダウ平均は昨日大幅安の反動で反発したものの、前日比100ドル高前後で伸び悩む。依然として米中貿易戦争への懸念は根強い。
 ユーロ円は130.60円近辺、ポンド円は149円半ば、豪ドル円は81.75円近辺で小動き。

FX為替ニュース

, , , , ,

ドル円106円半ばまで上昇、ダウ先物と米債利回りが上昇

 ダウ先物と米債利回りの上昇にも後押しされ、ドル円は106.50円まで上値を伸ばした。また、ユーロドルは1.2261ドルまでドル高が進んだ。一方、オセアニア通貨は底堅く、豪ドル/ドルは0.7685ドル近辺、NZドル/ドルは0.72ドル半ばで推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円106円半ばに、ユーロドルはじり安

 ドル円は106.61円まで上昇後、106.10円近辺まで下落し、しばらくは106円前半で小康状態だった。しかし欧州通貨売り・ドル買いになっていることで、ドル円もドル買いにじりじりとなり、再び現在は106.52円前後まで上昇している。ユーロドルは本日のユーロ安値・ドルの高値を若干更新し1.2298ドルまで下がっている。

FX為替ニュース

, , , , ,

ドル円106円半ばで動き鈍る、ダウ平均は反発も伸び悩む

 ダウ平均は反発して寄り付くも上げ幅を縮小するなど伸び悩んでいる。ドル円は106.32円を安値に下げ渋るも、106円半ばで上値の重い動き。ユーロはやや上値の重い動きで、ユーロドルは1.2357ドル、ユーロ円は131.56円まで下値を広げている。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円106円半ばでもみ合い、ポンドはしっかり

 ドル円は106円半ばでもみ合い。米株は先週末の地合いを引き継ぎ、買いが先行しているほか、米10年債利回りは2.89%台で推移。
 ポンドはしっかり。英EU離脱関連閣僚の話として、英国とEUが移行期間の合意に極めて近付いているとの報道もポンド買いを後押し、ポンドドルは1.3902ドル、ポンド円は148.22円まで上昇した。

FX為替ニュース

, , , , ,

午前まとめ=ドル円106円半ばで下げ渋り、日経平均は大幅続落

・日経平均は大幅続落、前引けは353円安の21714円
・小動きもドル高・円高の流れが継続、ドル円は106円半ばで下げ渋り
・英離脱交渉への懸念が再燃したことを背景としたポンド売りが継続

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円106円半ばで下げ渋り、ポンドは軟調 

 日経平均は250円超安まで下げ幅を拡大しているが、ドル円は106.55円を安値に106円半ばで下げ渋っている。英国の欧州連合(EU)離脱懸念で、ポンドは軟調地合いが継続し、ポンドドルは1.3746ドルまで1月16日以来の安値を塗り替え、ポンド円は昨年9月14日以来の安値となる146.49円まで弱含んだ。
 また、ユーロドルは1.2184ドル、豪ドル/ドルは0.7736ドル、NZドル/ドルは0.7194ドルまでドルが小幅高。

FX為替ニュース

, , , , ,

ドル円106円半ばでもみ合い、上値は新たな売りも

 ドル円は106.44円まで下落後106円半ばでもみ合いになっている。106円前半には買いオーダーもあるため、一方的なドル売り・円買いにはなりにくい。しかし先週からショートだった欧米短期筋は本日のオセアニア時間で一時上昇したときに、ドルショートのポジションを一度切らされた参加者もいるため、ドルショートも大きく傾いていなく、上昇局面では新たな売りも出てくる可能性が高そうだ。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円106円半ば、106.00・7.00円にOP控える

 先週のドル円は買い戻しが先行したものの、108円手前で上値の重さが確認され、戻りの鈍い動きとなった。週明けの本日も買いが先行したものの106.44円まで押されて、先週末の安値を下回った。ドル円の下方向への警戒感は根強い。
 106.00・7.00円には本日カットオフのオプション(OP)が置かれている。また、本日これまでの高値をやや上回る107.30-40円台には売りオーダーが置かれており、上値が抑えられそうだ。

FX為替ニュース

, , , , ,

ドル円106円半ば、下げに一服感も反発力は乏しい

 ドル円は106円半ばでやや買いが優勢。先週末に2016年11月以来の105円台をつけて下げに一服感も出ているが、引き続き下方向への警戒感は根強く、反発力は乏しい。まずは、106.75円近辺まで低下した5日移動平均線を回復したいところか。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円106円半ばまで小反発、ユーロドルは1.2495ドル近辺

 ドル円は106.18円まで下落後、下値警戒感から106円半ばに再び戻している。欧州通貨は依然堅調でユーロドルは1.2495ドル近辺、ポンドドルは1.40ドル半ばで推移している。欧州株は軒並み上昇している。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円106円半ばでもみ合い、売り遅れの市場参加者多いか

 ドル円は106円半ばでもみ合いになっている。日経平均は300円を超える上げ幅を見せたものの、上値が限定的だったことを考えると、まだ売り遅れている市場参加者が多そうだ。ユーロ円は132.75円近辺で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,