タグアーカイブ: ドル円

リスク回避でドルは売られたもののドル円は108円台で取引を終了!

2014/10/27 トレイダーズ証券「みんなのFX」
 先週金曜日のドル円は、108.263円で取引を開始した後、東京市場の取引において米国の医師がエボラ出血熱の検査で陽性になったと報じられると時間外のダウ先物が急落し、米長期金利の低下に伴う円買いドル売りが入りました。一時107.86円近辺まで軟化しましたが、下値を売り込むような展開にはならずその後は108円を挟んだもみ合いが継続しました。取引終盤には、米金利が時間外取引でやや上昇したことなどからドル買いが入りました。欧米市場では、ナイトセッションの日経平均先物が強含んだこともあって、欧州勢の参入後はドル買いが先行しました。もっとも、20時過ぎに日経平均先物が下げに転じるとリスク回避のドル売りや、時間外の米10年債利回りが低下幅を拡大し、日米金利差縮小を見越したドル売りも見られました。また、9月米新築住宅販売件数が市場予想より弱い結果となったことも円買いドル売りを誘発し、23時過ぎには107.78円近辺まで下押しました。売り一巡後はNYダウ平均が110ドル超上げたことに伴い108.20円付近まで買い戻されたものの、その後は週末を控えて108.10円前後で次第に値動きが細りました。前日比では0.133円安い108.136円で取引を終えました。
≪2014年10月24日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り38% 買い62%
ユーロ・円  :「ベア」 売り54% 買い46%
英ポンド・円 :「ブル」 売り41% 買い59%
豪ドル・円  :「ブル」 売り27% 買い73%
NZドル・円  :「ブル」 売り19% 買い81%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り58% 買い42%
【今日の主な経済指標】
27日 08:50 JPY 企業向けサービス価格指数[前年同月比] 9月 3.5%
27日 18:00 DEM IFO企業景況感指数 10月 104.7 104.8
27日 18:00 EUR マネーサプライM3[前年同月比] 9月 2.0%
27日 23:00 USD 住宅販売保留指数[前月比] 9月 -1.0% 1.0%
— 今日のトレードポイント —
今週は30日の連邦公開市場委員会(FOMC)や米新規失業保険申請件数(21:30)、米四半期実質国内総生産の発表に注目が集まります。FOMCの声明文において、量的緩和第3弾(QE3)の完全終了が決定される予定となっています。世界的な景気減速懸念が燻るなか、ドル高や原油価格の下落が米国のインフレ圧力を後退させる可能性を考慮すると、今回のFOMCの声明文において「低金利は相当な(considerable)期間継続される」の文言に変更はないと思われます。ドル円は10月1日に110円台に乗せたあと、一時的に調整が入ってはいるものの、今後もドル高の流れに変化はないと思われます。
[今日の予想レンジ]
ドル・円 107.70-108.70  ユーロ・円 136.00-138.00  ポンド・円 172.50-175.50

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★

—————
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
—————
トレイダーズ証券「みんなのFX」

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル円は10月8日以来の高値を更新し108円台を回復!

2014/10/24 トレイダーズ証券「みんなのFX」
 昨日のドル円は107.130円で取引を開始した後、東京市場では日経平均株価が一時130円超下落すると107.10円付近まで下押したものの、積極的に下値を探る動きとはなりませんでした。10月HSBC中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値が市場予想を上回ったことで日経平均株価が上げに転じると円売りドル買いがじわりと強まり一時107.35円近辺まで値を上げました。その後は失速し上値の重い展開となりました。欧州市場では、10月ユーロ圏製造業・サービス部門PMI速報値が市場予想を上回ったことで欧州株がプラス圏に浮上すると、投資家のリスク許容度改善を見越したドル買いが入りました。NY勢の参入後もキャタピラーやGMなど米主要企業の好決算を手掛かりにNYダウ先物が堅調に推移したほか、ナイトセッションの日経平均先物も大幅に上昇したため、ドル買いの流れが継続しました。8月米住宅価格指数や9月米景気先行指標総合指数などが市場予想よりも強い結果となったことで米10年債利回りが大幅に上昇すると、日米金利差拡大を見越したドル買いも進み、108.36円と10月9日以来の高値を更新しました。引けにかけてNYダウ平均や米長期金利が上昇幅を縮めると108.04円まで伸び悩む場面も見られましたが、その後は再び高値圏まで買い戻されるなど総じて底堅い推移となりました。前日比では1.139円高い108.269円で取引を終えました。
≪2014年10月23日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り39% 買い61%
ユーロ・円  :「ベア」 売り57% 買い43%
英ポンド・円 :「ブル」 売り41% 買い59%
豪ドル・円  :「ブル」 売り20% 買い80%
NZドル・円  :「ブル」 売り16% 買い84%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り58% 買い42%
【今日の主な経済指標】
15:00 DEM GFK消費者信頼感調査 11月
17:30 GBP 四半期国内総生産(GDP、速報値)[前年同期比] 7-9月期
23:00 USD 新築住宅販売件数[前月比] 9月
23:00 USD 新築住宅販売件数[年率換算件数] 9月
— 今日のトレードポイント —
23日のニューヨーク市場では、米経済指標の内容が底堅く、ユーロ圏や中国のPMIが改善する中、リスク選好相場となりドル円は108円台を回復しました。
24日のドル円相場ですが、23日のNYダウが前日比+200ドル以上で取引を終えているため、本日の日経平均株価は堅調な推移が予想されます。この流れを受けドル円も底堅い展開となりそうです。NY市場では来週にFOMCを控えていることや本日発表される米経済指標が新築住宅販売件数のみとなっているため積極的な売場は控えられる可能性は考えられますが、下値は限られた底堅い推移となるのではないでしょうか。
[今日の予想レンジ]
ドル・円 107.70-108.70  ユーロ・円 136.00-138.00  ポンド・円 172.50-175.50

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★

—————
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
—————
トレイダーズ証券「みんなのFX」

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円は例年通りの10月下旬の円安」 為替は季節の需給で動く

「ドル円は例年通りの10月下旬の円安」 為替は季節の需給で動く

以下は10月20日(月)のID為替リポートより

*「ドル円は今年の半値で反発し晩秋へ。日本の自信回復で円安、自信喪失で円高」

 世界の景気が悪化すると円が買われる空気は、貿易黒字時代だけでなく今も少し残っているようだ。ただ実需の取引は円売りのほうが多い時代なので大きな動きとはならないだろう。9月末は四半期末で外貨投信などの設定も多く円売りを後押ししていたが、10月になってそれが剥げ落ちたことも円売り調整に繋がっている。今週もその設定は少なく、来週は月末で少しは多くなるが9月末ほどではない。

 過去5年間を見ると10月下旬のドル円相場はやや円売り方向となっている。11月もそのまま円安の流れに繋がっている。ドル円は先週下落したが、今年の半値あたりで反発した。

団子天井からの下落は、今年の高値、安値の半値の105.42あたりで下げ止まった(先週安値は105.19)

(10月初めは1998年10月のLTCM破たんの円キャリー巻き戻しが代表するようにファンド決算で荒れる)

FX為替ニュース

, , , , , , ,