タグアーカイブ: ドル円

ドル円は114円半ば、コアPCEの伸びは停滞

 ドル円は114円半ばで円買いが優勢。トランプ米大統領が入国制限令に署名したことが新政権の先行きに不安を投げかけた。期待されている経済・財政政策よりもその他の部分の過激さが目立ち、ドル高や円安の燃料となる部分だけをすくいとりにくい。発表された米PCEデフレータは前年比+1.6%と穏やかに加速を続けている。米コアPCEデフレータは前年比+1.7%となっており、伸びは一定の水準で停滞気味。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

■LDN午前=ドル円は米長期金利とともに戻すも伸び悩む

 ロンドン午前は、米長期金利の持ち直しを受けて、ドル買いが進んだ。米長期金利は一時2.494%へ水準を上げた。ドル円は114円半ばから114.90円付近まで戻した。ただ、今週は明日に日銀金融政策決定会合、現地の翌日付けとなる2月1日に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控える状況。様子見姿勢に重ねて、ともに無風通過が予想されるイベントということもあり、強い方向感をともなう動きになりにくかった。クロス円の軟化にも引っ張られ、ドル円は114円半ばへ失速。米長期金利の戻りが頭打ちとなったことも、ドル円の伸び悩みを誘った。
 一方、対ドルで各通貨は軟化。ポンドドルは、対ユーロでのポンド売りフローも後押しとなり、先週末のレンジを割り込んで25日以来、3営業日ぶりの安値1.2510ドル、ポンド円は143.52円まで下落幅を広げた。ユーロも次第に、下落を強めるポンドに連れて売りが進んだ。ユーロドルは1.0687ドル、ユーロ円は122.51円まで本日の本日安値をつけた。ユーロ圏の経済指標には明確な反応を示さなかった。
 豪ドル/ドルは0.7541ドル、NZドル/ドルは0.7241ドルまで本日のレンジ下限を広げた。産油国通貨の加ドルも、原油相場が小幅高となったにも関わらず、一時1.3160加ドルまで加ドルじり安。ドル/南ア・ランド(ZAR)は17日以来、およそ2週間ぶりのZAR安水準13.6857ZARをつけた。
 クロス円は、対ドルで各通貨が下げ始めるなかでも下げ渋っていた。しかし対ドルでの各通貨の下落が強まるなか、戻りも鈍かった。豪ドル円は86円半ばで伸び悩み、NZドル円は83円前半、加ドル円は87円前半で戻りが鈍かった。ZAR円は一時8.39円付近まで下落した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル円堅調(欧州午前)

欧州勢本格参入後、米債利回りの上昇を受けドル買いが優勢に。ドル円は日経先物のじり高も伴い114円93銭付近まで下値を切り上げた。一方、ユーロドルは1.0693付近まで売られ、ポンドドルも1.2541付近まで水準を切り下げるなど弱含み。また、クロス円はドル円に連れ、ポンド円が144円24銭付近まで買われ、豪ドル円が堅調な原油先物を支えに86円69銭付近まで上伸し堅調に推移している。17時34分現在、ドル円114.880-890、ユーロ円122.895-915、ユーロドル1.06977-985で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円、ようやく売りが一服

こんにちは、Dice-Kです。ドル円は米長期金利の低下と日経平均株価の下落を受けて一時114.268円まで下げましたが、現在は114円台半ばまで買い戻されています。日経平均の下げが一服した影響もあり、ようやく下値を確認した感じですかね。ただ、本日は中国・香港・シンガポー…

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円、114円のドル買いオーダーで下げ渋る展開か

 ドル円のオーダー状況は、ドル売りオーダーが115.50円、ドル買いオーダーは114.00円、113.00円、112.50円、NYカットのオプションは113.50円に控えている。ドル円は、トランプ米政権の日米貿易不均衡是正圧力への警戒感から114.27円まで下落したものの、114.00円以下のドル買いオーダーで下げ渋る展開となっている。しかしながら、2月3日の安倍首相とトヨタ社長との会談、2月10日の日米首脳会談に向けで、上値は限定か。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

■東京午前=ドル安、ドル円は114円前半

 東京午前の為替相場は、トランプ米政権の中東・アフリカ7カ国の国民を一時入国禁止にする大統領令が、米国社会や企業への混乱を招いていることもあり、ドルは弱含んで始まった。ドル円はゴトー日(5・10日)の仲値の不足もあり、仲値発表までは114円台後半を維持していたものの、仲値発表後はよりいっそう弱含み、114.33円までドル売りが進んだ。ユーロドルも一時1.0740ドル、ポンドドルは1.2601ドル、豪ドル/ドルは0.7566ドルまでとドルは全面安に推移。クロス円は円買いの需要に伴い、ユーロ円は122.72円、豪ドル円は86.35円、ポンド円は143.86円まで下落。
 日経平均株価は円高が嫌気され144円安の19322円で前引け。
 ドル円は先週金曜日に日銀による国債買い入れ増額が発表され、再び日米金利差がトピックになったが、本日はトランプ大統領の政策が米国社会、企業に不安感を煽り、ドルが重くなっている。また日米首脳会談は通商問題がテーマになることへの警戒感から、円高リスクが残される。機関投資家、輸出企業も急激な円買いに備えて、断続的にドル売りのオーダーを抑えてくるだろう。本日はシンガポール、香港とアジアの金融センターが休場。また中国も引き続き春節で休場。アジア時間は相場が薄く乱高下には気をつけたい。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【テクニカル】一目チェック1=ドル円は基準線が抵抗線

日足一目均衡表におけるトレンド示唆1 ※前営業日引け時点

ドル円
 転換線 114.08円 < 115.57円 基準線 … 売り示唆
遅行スパン 115.10円 < 117.33円 実線 … 売り示唆
終値 115.10円 = 雲のなか … 中立

ユーロドル
 転換線 1.0682ドル > 1.0558ドル 基準線 … 買い示唆
遅行スパン 1.0699ドル > 1.0456ドル 実線 … 買い示唆
終値 1.0699ドル = 雲のなか … 中立

ユーロ円
 転換線 121.93円 < 122.21円 基準線 … 売り示唆
遅行スパン 123.13円 > 122.66円 実線 … 買い示唆
終値 123.13円 > 121.66円 雲の上限 … 買い示唆

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]米ドル/円実質スプレッドは、0.25銭!!※
※異次元キャッシュバックキャンペーン適用時
→http://www.gaitame.com/campaign/mugen_1701/

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円弱含み、日米首脳会談への警戒感

 ドル円は、114.36円まで弱含み。今週は、30-31日の日銀金融政策決定会合、31-1日の米連邦公開市場委員会(FOMC)、3日の米1月雇用統計などの重要なイベントが予定されているものの、トランプ米政権の通商政策への警戒感が上値を抑える構図が続いている。2月10日の日米首脳会談に先立ち、3日に安倍首相とトヨタ社長との会談予定が報じられており、対米輸出の抑制などへの警戒感が高まっている。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円弱含み、米10年債利回りとNY原油先物で

 ドル円は、114.36円まで弱含み。トランプ米政権の通商政策への警戒感、米10年債利回りが2.46%台へ低下ししていること、時間外NY原油先物が53ドル前後で伸び悩んでいることなどで、ドル売りが優勢な展開。ユーロドルは1.0740ドル、ポンドドルは1.2601ドル、豪ドル/ドルは0.7566ドル、NZドル/ドルは0.7280ドルまで強含み。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円弱含み、トランプ米政権の通商政策への警戒感

 トランプ米政権の通商政策などを巡る不透明感からリスク回避の円買いが優勢となっており、ドル円は114.58円まで弱含み。ユーロ円は122.80円まで下押し、豪ドル円は86.60円前後、NZドル円は83.40円前後、ポンド円は144.35円前後で弱含み。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円弱含み、トランプ米政権の移民政策、中東政策への警戒感

 ドル円は、トランプ米政権の移民政策や中東政策への警戒感から、リスク回避の円買いで114.65円前後まで弱含み。ユーロドルは1.0720ドル前後、ポンドドルは1.2600ドル前後で小動き。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,