タグアーカイブ: ドル円

NY終盤、ドル円は113.05円前後

現在の推移(レンジ)   
ドル円    113.05円  (113.33 /  112.74) 
ユーロドル 1.1768ドル (1.1801 /  1.1757) 
ユーロ円  133.04円   (133.46 /  132.76) 
※レートは気配値などを含む場合があり、実際の取引レートと異なることがあります。 

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円は113円台回復、米下院の税制改革案可決で

 米下院が共和党の税制改革法案を可決したことを受けて、ドル円は113円台を回復している。ダウ平均も約220ドル高まで買われ、本日の高値圏で取引。クロス円も買い戻しが入り、ユーロ円が133円近辺、ポンド円は149.05円前後、豪ドル円が85円後半までじり高に推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ダウ平均は約190ドル高、ドル円やクロス円は下げ渋り

 欧州主要株価指数は全面高で引け、ダウ平均も約190ドル高となると、ドル円やクロス円も売りが一服している。ドル円は112.90円付近、ユーロ円が132.90円前後までじり高となり、ポンド円は148円後半で推移。豪ドル円は85円半ば、加ドル円が88円半ばで下支えされている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円は株上昇でもさえない動き

こんばんは、Dice-Kです。ドル円は戻りの鈍い展開が続いていますね。ダウ平均などが堅調に推移しているのに反応は鈍く、昨日に重要な下値の目処を下抜けたのがやっぱりまずかったのか。今は戻り売りが無難ですかね。なお、下値では112.60円、112.30円に買い注文が観測されて…

FX為替ニュース

, , , , , ,

LDNFIX=株高もリスク選好とはならず、ドル円は上値重い

 NY午前の為替市場は、ドル円が113円前半から112.74円まで下押し、112円後半で上値重く推移した。米株はアジアや欧州市場の流れを引き継ぎ買い基調だったが、為替市場はリスク選好には傾かず、米下院の税制改革法案採決を控えてポジションを減らす向きが多かったか。発表されたいくつかの米経済指標は、まちまちな結果ではあったものの、昨日の米11月NY連銀製造業景況指数に続いて、同フィラデルフィア連銀製造業指数が市場予想や前月を下回ったことも嫌気されたようだ。
 クロス円も重い値動きとなり、ユーロ円が133円前半から132.76円と本日のレンジ下限を広げ、ポンド円は149円前半から148円後半へ水準を下げ、本日の上げ幅を縮小した。スイスフラン(CHF)円も113円後半でじり安となった。
 ユーロ円の重さにユーロドルは1.17ドル後半で伸び悩み、ポンドドルは1.3208ドルまで上値を伸ばすも、1.31ドル後半に押し戻された。ドルCHFは0.99CHF前半のドル高・CHF安水準で推移した。
 資源国通貨は底堅い値動き。加9月製造業出荷は前月比+0.5%とマイナスを見込んでいた市場予想から上振れした。結果を受けてドル/加ドルは、1.27加ドル後半から1.2729加ドルまで加ドルが買われた。加ドル円は88円半ばで小じっかり。豪ドルは、東京タイムに発表された豪雇用指標後の高値は上抜けできなかったものの、対ドルでは0.75ドル後半、対円では85円半ばで下支えされた。NZドル/ドルは先月31日以来の安値0.6836ドルを底に、0.6860ドル近辺まで反発し、NZドル円も77円前半で下げ渋った。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円の売り継続、112.74円まで下値を広げる

 米株オープンからのドル円やクロス円の売りは継続され、ドル円は112.74円まで下値を広げ、ユーロ円が本日安値の132.80円付近まで下落した。ポンド円も148円後半で上値が重く、豪ドル円は85.70円前後で推移している。ダウ平均は150ドル高近辺まで上昇しているが、為替市場はリスク選好地合いとはなっていない。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円は113円付近、予想を上回る米指標にも動意鈍い

 ドル円は113円付近での推移。米10月鉱工業生産と同設備稼働率は市場予想を上回る結果となるも、為替市場の動意は鈍い。ユーロドルが1.1780ドル付近、ポンドドルは1.3197ドル前後での小幅な値動き。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル円は113円近辺、ユーロドルは1.17ドル後半

 ドル円は113円近辺で上値が重く、ユーロドルは1.17ドル半ばで下げ渋り、1.1777ドル近辺で小じっかり。昨日の米11月NY連銀製造業景況指数に続いて、先ほど発表された米11月フィラデルフィア連銀製造業指数も市場予想、前回値とも下回る結果に、ドルがやや弱含んでいる。ユーロ円は133.10円前後でもみ合い。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円は113.07円付近、ユーロ円とともにじり安

 NY勢が参入しドル円は113円前半でやや上値重く、113.07円付近で推移している。ユーロ円もロンドン午前につけた133.46円を頭に133円近辺まで売り戻されている。一方で、ポンド円は149.30円前後で底堅い値動き。米10年債利回りは2.35%付近での推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル円伸び悩み(欧州午後)

午後もポンド買い戻しの流れが継続し対ドルで1.3198付近まで、対円で149円44銭付近まで買われともに本日高値を更新。一方、ユーロは対ポンドでの売りが重石となり対ドルで1.1756付近まで軟化し、対円では133円05銭付近まで反落。また、ドル円は一時113円32銭付近まで上値を試したものの、米債利回りや日経先物の伸び悩みを背景に再び113円15銭付近まで値を崩している。20時51分現在、ドル円113.143-153、ユーロ円133.114-134、ユーロドル1.17650-658で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】NY為替見通し=ドル円、税制改革案の下院採決に注目

昨日の世界的な株安に巻き戻しが入り、ドル円も昨日下落の反動で113円前半に切り返した。日経平均は前日比300円超の大幅反発となり、欧州主要株指数は軒並み買いが優勢。

 足もとでドル円は積極的に買い進める材料も乏しく上値こそ重くなっているが、米先行き景気化拡大期待や日米金融政策見通しの格差など、中長期的な材料がドル円の下値を支えており、押し目買い意欲は強い。足もとでは方向感につながりそうな手がかりが乏しく、112-113円台を中心としたレンジ相場が続きそうだ。今晩は10月の鉱工業生産11月フィラデルフィア連銀製造業指数など、複数の米経済指標の発表が予定されているが、大きな動意につながりそうもない。ドル円は、米株や米債利回りの動きを眺めながらの動きが見込まれる。今夜は米下院で税制改革法案の採決が行われる見通しで、関連ニュースに注目したい。

・想定レンジ上限
 ドル円は日足一目均衡表・転換線の113.61円が上値めど。その上が9日高値114.07円。

・想定レンジ下限
 ドル円は本日これまでの安値112.76円や10月20日の安値112.52円が下値めど。

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY為替見通し=ドル円、税制改革案の下院採決に注目

 昨日の世界的な株安に巻き戻しが入り、ドル円も昨日下落の反動で113円前半に切り返した。日経平均は前日比300円超の大幅反発となり、欧州主要株指数は軒並み買いが優勢。
 足もとでドル円は積極的に買い進める材料も乏しく上値こそ重くなっているが、米先行き景気化拡大期待や日米金融政策見通しの格差など、中長期的な材料がドル円の下値を支えており、押し目買い意欲は強い。足もとでは方向感につながりそうな手がかりが乏しく、112-113円台を中心としたレンジ相場が続きそうだ。今晩は10月の鉱工業生産11月フィラデルフィア連銀製造業指数など、複数の米経済指標の発表が予定されているが、大きな動意につながりそうもない。ドル円は、米株や米債利回りの動きを眺めながらの動きが見込まれる。今夜は米下院で税制改革法案の採決が行われる見通しで、関連ニュースに注目したい。
・想定レンジ上限
 ドル円は日足一目均衡表・転換線の113.61円が上値めど。その上が9日高値114.07円。
・想定レンジ下限
 ドル円は本日これまでの安値112.76円や10月20日の安値112.52円が下値めど。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,