タグアーカイブ: ドル円

来週のドル円は・・・

こんばんは、Dice-Kです。来週のドル円見通しについてです。・米朝関係やスペイン政局などのリスク要因が浮上し、来週以降も市場の注目を集めることが予想されるため、目先は調整リスクが高まっている。・米10年債利回りが3%台を維持できずに上昇幅を縮めていることも懸念材…

FX為替ニュース

, , , ,

投機筋、ドル円はロングに転換

こんばんは、Dice-Kです。米商品先物取引委員会(CFTC)が25日発表した22日時点の建玉報告によると、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の通貨先物市場で非商業部門(投機筋)のドル円のロングは2767枚と前回の3680枚のショートからロングに転換しました。また、ユ…

FX為替ニュース

, , , , , ,

米4月耐久財受注はまちまち、ドル円は109.48円前後までじり高

 ドル円はロンドン安値圏の109.33円前後では下げ渋り、109.48円付近までじり高。ユーロドルが1.1668ドル付近で上値重く、ユーロ円は127.51円を底に127.70円付近での推移。
 先ほど発表された米4月耐久財受注(前月比)は、総合が-1.7%と市場予想比下振れしたが、除輸送用機器では+0.9%と予想+0.5%を上回った。米10年債利回りは2.94%半ばへ低下傾向、ダウ平均は前日比ほぼ横ばいで推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円 109.35円前後、ユーロ円は約11カ月ぶり安値127円半ば

 米10年債利回り2.95%前半への低下が重しとなり、ドル円は109.35円付近へじり安。ユーロ円が127.51円と昨年6月末以来の安値まで売られた。他、原油相場の軟調さも重しとなり、ポンド円が145.68円、加ドル円が84.33円まで下値を広げている。NY原油先物は一時68.96ドルまで下落。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

米10年債利回り 2.95%半ば、ドル円は109.40円台での推移

 米10年債利回りは2.95%半ばと低下傾向も、ドル円は109.40円台での推移。ダウ平均先物はマイナス圏に沈んでいる。ユーロドルが1.16ドル後半で下値を広げ、ユーロ円は127.67円と昨日の安値を割り込んだ。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

NY為替見通し=ドル円 109円台で底堅いか

 NYタイムの為替市場では、ドル円は109円台で底堅い動きとなるか。もし開催されれば史上初だった米朝首脳会談は、昨日にトランプ米大統領が中止を発表した。ただし、これを受けたリスク回避の円買いは一旦終了。東京タイムでは週末を控えたゴトー日(5・10日)ということもあり、実需のドル買いや円売りがドル円を下支えした。米10年債利回りが3%割れで推移しているためドル円も下押す局面はみられるものの、欧州株式市場が堅調なことによりクロス円が底堅く、ドル円の下値も限定。
 米中通商問題が解決に至っていない懸念は残り、米朝首脳会談が見送られたことで東アジアの地政学リスクは意識されるものの、株式市場をみると警戒感は高まっていない。ドル円も昨日は109円割れから反発したところをみると、下がったところでドルを拾いたい向きは多そうだ。ただし、70ドル割れし8日以来の69ドル前半まで下落したNY原油先物に売りが続くようであれば、インフレ期待後退により米債利回りが更に低下しドル円の重しとなるだろう。
 月曜日の米メモリアルデーを控えて、本日は米債券市場が短縮取り引きのため、NY午後には徐々に動意は薄まっていくと思われる。
想定レンジ上限
・ドル円の上値めどは、24日高値110.12円から200日移動平均線の110.21円が抵抗帯。
想定レンジ下限
・ドル円の下値めどは24日安値108.96円。その下は4日安値108.65円

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円 109.35円前後で上値重い、米長期債利回りは低下

 ロンドン序盤のドル円は、小幅な値動きながらも109.35円前後で上値が重い。米10年債利回りが2.97%付近まで低下し、ドルの重しとなっているか。ユーロドルは独5月Ifo後にじり高となり、1.1705ドル付近まで回復、ポンドドルは1.3350ドル付近での推移。ユーロ円が127.77円を底に128円手前まで戻し、ポンド円は145.83円まで下値を広げた後に146円付近まで買い戻されている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

午後まとめ=ドル円と日経平均、午前のショートカバー後は動意薄

・ドル円は、英米市場3連休控えて109円半ばで動意に乏しい展開
・日経平均は22400円台で小動き
・米10年債利回りは2.98%台、時間外取引のNY原油先物は70.60ドル付近

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル円 109.53円前後、来週月曜日に一目均衡表の雲のねじれ

 ドル円は109.53円前後で小動き。テクニカル分析では、118.66円から104.56円までの下落幅の半値戻しを達成した後、3手連続陰線(三羽烏)で反落したものの、日足一目均衡表・基準線付近で下げ止まっている。来週月曜日には、変化日となりやすい一目・雲のねじれが発生することで要注目か。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル円 109.54円前後、日経平均株価は前日比ほぼ変わらず

 ドル円は109.54円前後で小動き。日経平均株価は前日比ほぼ変わらずの22400円台で推移。米朝首脳会談に関して、北朝鮮が対話に前向きな姿勢を示し、トランプ米大統領も会談が行われる可能性は残されている、と述べていることで、底堅い展開となっているものの、NY市場3連休を控えて動きづらい展開。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円 OP観測水準109円割れから戻す、上値110円にもOP

 ドル円は109円台で戻りを見せている。オプション(OP)設定が観測された109.00円の攻略に挑んで、108.96円まで下攻めしたものの下げ渋り、109円後半へ戻した。上値は110.00円にOPと、関連した売りと思われるオーダーが置かれている。

FX為替ニュース

, , , , , ,

株式前引けを控え、ドル円は109.56円前後で推移

現在の推移(レンジ)
ドル円    109.56円  (109.74 /  109.14) 
ユーロドル 1.1706ドル (1.1726 /  1.1706) 
ユーロ円  128.25円   (128.52 /  127.93) 
※レートは気配値などを含む場合があり、実際の取引レートと異なることがあります。 

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円 109.74円まで上げ幅拡大、トランプ大統領発表前の高値109.73円を上回る

 ドル円は109.74円まで上げ幅拡大。昨日のNY市場で、トランプ米大統領が米朝首脳会談の中止を発表する前の高値109.73円を上回った。今週は、CTA(商品投資顧問業者)が円買いを仕掛けていたが、NY市場の3連休を控えて、北朝鮮の態度軟化により円の売り戻しが優勢となっている。ダウ先物は85ドル上昇。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,