タグアーカイブ: ドル上昇

ドル上昇、雇用統計受けFRBの利上げ軌道変わらずとの見方=NY外為

[ニューヨーク 5日 ロイター] – ニューヨーク外為市場でドルが上昇。米雇用統計は予想を下回ったものの、連邦準備理事会(FRB)の利上げ継続見通しに変わりはないとの見方が根強い。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【市場反応】米11月住宅着工件数、1年ぶり高水準、ドル上昇

[欧米市場の為替相場動向]
米商務省が発表11月住宅着工件数は前月比+3.3%の129.7万戸と、減少予想に反して10月の125.6万戸から増加。昨年10月以降1年ぶり高水準となった。
住宅着工件数の先行指標となる11月住宅建設許可件数は前月比-1.4%の129.8万戸と、予想127.0万戸を上回った。
また、7-9月期経常収支は1006億ドルの赤字となった。赤字幅は4-6月期の1244億ドルから縮小し、予想1162億ドルを下回り、2014年7-9月期以降ほぼ3年ぶりの低水準。
良好な米国の住宅指標を好感したドル買いが強まった。ドル・円は112円71銭から112円78銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1820ドルで伸び悩んだ。
【経済指標】
・米・11月住宅着工件数:129.7万戸(予想:125.0万戸、10月:125.6万戸←129.0万戸)
・米・11月住宅建設許可件数:129.8万戸(予想:127.0万戸、10月:131.6万戸)
・米・7-9月期経常収支:-1006億ドル(予想:-1162億ドル、4-6月期:-1244億ドル←-1231億ドル)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【市場反応】米11月住宅着工件数、1年ぶり高水準、ドル上昇

米商務省が発表11月住宅着工件数は前月比+3.3%の129.7万戸と、減少予想に反して10月の125.6万戸から増加。昨年10月以降1年ぶり高水準となった。
住宅着工件数の先行指標となる11月住宅建設許可件数は前月比-1.4%の129.8万戸と、予想127.0万戸を上回った。
また、7-9月期経常収支は1006億ドルの赤字となった。赤字幅は4-6月期の1244億ドルから縮小し、予想1162億ドルを下回った。
良好な米国の住宅指標を好感したドル買いが強まった。ドル・円は112円71銭から112円78銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1820ドルで伸び悩んだ。
【経済指標】
・米・11月住宅着工件数:129.7万戸(予想:125.0万戸、10月:125.6万戸←129.0万戸)
・米・11月住宅建設許可件数:129.8万戸(予想:127.0万戸、10月:131.6万戸)
・米・7-9月期経常収支:-1006億ドル(予想:-1162億ドル、4-6月期:-1244億ドル←-1231億ドル)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【市場反応】米11月小売り予想上回る、ドル上昇

[欧米市場の為替相場動向]
 米商務省が発表した11月小売売上高は前月比+0.8%となった。伸びは10月+0.5%から予想外に拡大した。変動の激しい自動車を除いた小売売上高は前月比+1.0%と、伸びは10月+0.4%かた拡大。予想+0.6%も上回った。GDP算出に用いられる自動車・建材などを除いたコントロールグループは前月比+0.8%。伸びは10月の+0.4%から拡大し、予想の+0.4%も上回りGDPの成長にプラスに寄与することがわかる。
同時刻に労働省が発表した先週分新規失業保険申請件数は1.1万件減の22.5万件と、予想外に前回から減少。失業保険継続受給者数は188.6万人と、予想190.0万人を下回り、前回191.3万人から減少した。11月輸入物価指数は前月比+0.7%と、予想通り10月+0.1%から伸びが拡大した。
予想を上回った小売りや良好な雇用関連指標を好感し、ドルは上昇。ドル・円は112円58銭から112円84銭へ上昇。ユーロ・ドルは1.1863ドルから1.1817ドルまで下落した。
【経済指標】
・米・11月小売売上高:前月比+0.8%(予想:+0.3%、10月:+0.5%←+0.2%)
・米・11月小売売上高(自動車除く):前月比+1.0%(予想:+0.6%、10月:+0.4%←+0.1%)
・米・先週分新規失業保険申請件数:22.5万件(23.6万件、前回:23.6万件)
・米・失業保険継続受給者数:188.6万人(予想:190.0万人、前回:191.3万人←190.8万人)
・米・11月輸入物価指数:前月比+0.7%(予想:+0.7%、10月:+0.1%←+0.2%)

FX為替ニュース

, , , , , ,

【市場反応】米11月小売り予想上回る、ドル上昇

 米商務省が発表した11月小売売上高は前月比+0.8%となった。伸びは10月+0.5%から予想外に拡大した。変動の激しい自動車を除いた小売売上高は前月比+1.0%と、伸びは10月+0.4%かた拡大。予想+0.6%も上回った。GDP算出に用いられる自動車・建材などを除いたコントロールグループは前月比+0.8%。伸びは10月の+0.4%から拡大し、予想の+0.4%も上回りGDPの成長にプラスに寄与することがわかる。
同時刻に労働省が発表した先週分新規失業保険申請件数は1.1万件減の22.5万件と、予想外に前回から減少。失業保険継続受給者数は188.6万人と、予想190.0万人を下回り、前回191.3万人から減少した。11月輸入物価指数は前月比+0.7%と、予想通り10月+0.1%から伸びが拡大した。
予想を上回った小売りや良好な雇用関連指標を好感し、ドルは上昇。ドル・円は112円58銭から112円84銭へ上昇。ユーロ・ドルは1.1863ドルから1.1817ドルまで下落した。
【経済指標】
・米・11月小売売上高:前月比+0.8%(予想:+0.3%、10月:+0.5%←+0.2%)
・米・11月小売売上高(自動車除く):前月比+1.0%(予想:+0.6%、10月:+0.4%←+0.1%)
・米・先週分新規失業保険申請件数:22.5万件(23.6万件、前回:23.6万件)
・米・失業保険継続受給者数:188.6万人(予想:190.0万人、前回:191.3万人←190.8万人)
・米・11月輸入物価指数:前月比+0.7%(予想:+0.7%、10月:+0.1%←+0.2%)

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル上昇、税制改革法案成立に楽観的な見方=NY市場

[ニューヨーク 7日 ロイター] – ニューヨーク外為市場では、税制改革法案が成立するとの楽観的な見方が広がり、ドル指数が2週間ぶりの水準に上昇したほか、対円では3週間ぶり高値を付けた。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【NY為替オープニング】米雇用統計へに期待にドル上昇も、暫定予算協議の行方に注目

◎ポイント
・独社民党、党大会、大連立協議へ
・トランプ大統領、共和民主党指導者が債務問題協議へ
・米・先週分新規失業保険申請件数、予想外に減少
 
7日のニューヨーク外為市場は本年あと1回の利上げや米税制改革の年内成立を期待したドル買いが下値を支える一方、米国の政府機関閉鎖の可能性がリスクとなり、もみ合いが予想される。また、ドイツの国政第2党・社会民主党執行部は党大会で、大連立協議する。難航している新政権樹立を巡り、メルケル独首相率いる最大会派キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と政権入り以外の選択肢も含めた形で、連立協議に応じる方針を固めているという。果たしてメルケル首相が大連立政権の樹立に成功できるかどうかに注目が集まる。
米労働省が8日に発表する11月雇用統計では雇用の伸びは20万人を小幅下回ると見られているものの、12月の利上げをさらに正当化する結果になると見られている。最新の週次規失業保険申請件数も増加予想に反して、前回から減少し、10月最終週以来の低水準を記録。米国経済は米連邦準備制度理事会(FRB)の責務目標である「最大雇用」に達した一方、賃金圧力の押し上げには至っていない。2018年の利上げペースを探る上で賃金動向に焦点が集まる。
米政府の暫定予算の期限が8日に失効する。予算案を巡り、トランプ大統領は7日に、民主党のシューマー上院院内総務、ペロシ下院院内総務ら野党指導部と会談する予定。期限延長で合意できなければ、9日から政府機関の一部が閉鎖される恐れが生じる。トランプ大統領は、民主党の出方次第で、政府機関が閉鎖する可能性があり得ると発言。延長に応じるよう野党・民主党を牽制した。与党・共和党と民主党は今年9月、翌月からの新年度予算を成立させることができず、今月8日を期限とする約3カ月間の暫定予算で合意した。共和党執行部は暫定予算を2週間延長し、期限を22日までとする案を検討している。
・ドル・円は、200日移動平均水準の111円67銭を上回っている限り上昇基調。
・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.1404ドルを上回っている限り中期的な上昇基調に入った可能性。
ドル・円112円71銭、ユーロ・ドル1.1788ドル、ユーロ・円132円86銭、ポンド1.3380ドル、ドル・スイスは0.9920フランで寄り付いた

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

NY外為:ドル上昇、ダウや米債利回り上昇で

[欧米市場の為替相場動向]
NY外為市場でドルは上昇した。米債利回りや米国株式相場の上昇が背景となる。
米10年債利回りは2.37%から2.39%へ上昇。ダウは寄り付き後57ドル高で推移した。
ドル・円は112円58銭から112円83銭まで上昇し、日中高値を更新。ユーロ・ドルは1.1846ドルから1.1813ドルまで下落。11月30日来の安値を更新した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY外為:ドル上昇、米上院の税制改革案の可決期待、十分な票獲得か

 コーカー上院議員は、おそらく可決に十分な支持票を得られた可能性があると指摘した。米ウォールストリートジャーナルが伝えた。これにより、予定通り米国東部時間午前11時に採決を実施する可能性がでてきた。
ドル・円は112円44銭から112円78銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1888ドルから1.1851ドルまで下落した。ダウ平均株価はロシアゲート絡みの警戒感に一時下落したが上昇に転じた。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【市場反応】米10月中古住宅販売成約指数、予想以上の伸び、ドル上昇

全米不動産業者協会(NAR)が発表した10月中古住宅販売成約指数は前月比+3.5%となった。伸びは予想+1.0%を上回り、4カ月ぶりの増加。増加率は、2月来で最大となった。一方で、9月分は横ばいから−0.4%へ下方修正された。
巨大ハリケーンの影響を受けた南部での大幅な伸びが全体指数を押し上げた。同指数は中古住宅販売の先行指標として注目されており、今後の中古住宅販売が一段と増加する可能性を示唆している。
 
米10年債利回りは2.32%から2.39%まで上昇し、13日来の高水準。ドル・円は111円86銭から112円15銭まで上昇し、22日来の高値を更新した。ユーロ・ドルは1.1850ドル前後で底堅い。
【経済指標】
・米・10月中古住宅販売成約指数:前月比+3.5%(予想:+1.0%、9月:−0.4%←0.0%)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【市場反応】米10月中古住宅販売成約指数、予想以上の伸び、ドル上昇

全米不動産業者協会(NAR)が発表した10月中古住宅販売成約指数は前月比+3.5%となった。伸びは予想+1.0%を上回り、4カ月ぶりの増加。増加率は、2月来で最大となった。一方で、9月分は横ばいから−0.4%へ下方修正された。
巨大ハリケーンの影響を受けた南部での大幅な伸びが全体指数を押し上げた。同指数は中古住宅販売の先行指標として注目されており、今後の中古住宅販売が一段と増加する可能性を示唆している。
 
米10年債利回りは2.32%から2.39%まで上昇し、13日来の高水準。ドル・円は111円86銭から112円15銭まで上昇し、22日来の高値を更新した。ユーロ・ドルは1.1850ドル前後で底堅い。
【経済指標】
・米・10月中古住宅販売成約指数:前月比+3.5%(予想:+1.0%、9月:−0.4%←0.0%)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

ドル上昇、堅調な指標や次期FRB議長候補の発言受け=NY市場

[ニューヨーク 28日 ロイター] – ニューヨーク外為市場では、ドルが主要6通貨バスケットに対し上昇。堅調な米指標が追い風となったほか、12月利上げの公算が大きいことを示唆する米連邦準備理事会(FRB)次期議長候補のパウエル理事の発言が材料視された。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【市場反応】米10月景気先行指数、4年ぶりで最大の伸び、ドル上昇

民間米コンファレンスボードが発表した10月景気先行指数は前月比+1.2%となった。伸びは予想+0.8%を上回り2013年11月以降ほぼ4年ぶり最大。9月分も+0.1%へ、-0.2%からプラスに上方修正された。
予想を上回った結果を受けて、ドルは下げ止まり。ドル・円は112円12銭から112円37銭へ上昇し、日中高値を更新。ユーロ・ドルは1.1784ドルから1.1744ドルへ下落した。
【経済指標】
・米・10月景気先行指数:前月比+1.2%(予想:+0.8%、9月:+0.1%←-0.2%)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【市場反応】米10月景気先行指数、4年ぶりで最大の伸び、ドル上昇

民間米コンファレンスボードが発表した10月景気先行指数は前月比+1.2%となった。伸びは予想+0.8%を上回り2013年11月以降ほぼ4年ぶり最大。9月分も+0.1%へ、-0.2%からプラスに上方修正された。
予想を上回った結果を受けて、ドルは下げ止まり。ドル・円は112円12銭から112円37銭へ上昇し、日中高値を更新。ユーロ・ドルは1.1784ドルから1.1744ドルへ下落した。
【経済指標】
・米・10月景気先行指数:前月比+1.2%(予想:+0.8%、9月:+0.1%←-0.2%)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【市場反応】米9月企業在庫横ばい、売上高は伸びが拡大、ドル上昇

[欧米市場の為替相場動向]
 米国の9月企業在庫は前月比横ばいとなった。伸びは予想に一致し、8月+0.6%から鈍化。4月来で最小となった。一方売上高は前月比+1.4%と、伸びは8月の+0.8%から拡大した。売上在庫比率は1.36と、1.38から改善。
米10年債利回りは2.32%から2.34%へ上昇した。ドル・円は112円48銭の安値から112円87銭へ上昇。ユーロ・ドルは1.1861ドルから1.1811ドルへ下落した。
【経済指標】
・米・9月企業在庫:前月比0%(予想:0.0%、8月:+0.6%←+0.7%)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【市場反応】米9月企業在庫横ばい、売上高は伸び拡大、ドル上昇

米国の9月企業在庫は前月比横ばいとなった。伸びは予想に一致し、8月+0.6%から鈍化。4月来で最小となった。一方売上高は前月比+1.4%と、伸びは8月の+0.8%から拡大した。売上在庫比率は1.36と、1.38から改善。
米10年債利回りは2.32%から2.34%へ上昇した。ドル・円は112円48銭の安値から112円87銭へ上昇。ユーロ・ドルは1.1861ドルから1.1811ドルへ下落した。
【経済指標】
・米・9月企業在庫:前月比0%(予想:0.0%、8月:+0.6%←+0.7%)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【市場反応】米10月消費者信頼感指数、17年ぶり高水準、ドル上昇

[欧米市場の為替相場動向]
 米国の10月消費者信頼感指数は125.9と、予想121.5を上回り、9月119.8から上昇し、
2000年12月以降17年ぶりの高水準となった。
事前に発表された米国の10月シカゴ購買部協会景気指数(PMI)は66.2と、悪化予想に反して9月65.2から上昇。2011年3月来の高水準となった。
米10年債利回りは2.36%から2.37%まで上昇。ドル・円は113円28銭から113円53銭まで上昇し日中高値を更新した。ユーロ・ドルは1.1643ドルから1.1627ドルまで下落した。
【経済指標】
・米・10月消費者信頼感指数:125.9(予想:121.5、9月:119.8)
・米・10月シカゴ購買部協会景気指数:66.2(予想:60.0、9月:65.2)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【市場反応】米10月消費者信頼感指数、17年ぶり高水準、ドル上昇

 米国の10月消費者信頼感指数は125.9と、予想121.5を上回り、9月119.8から上昇し、
2000年12月以降17年ぶりの高水準となった。
事前に発表された米国の10月シカゴ購買部協会景気指数(PMI)は66.2と、悪化予想に反して9月65.2から上昇。2011年3月来の高水準となった。
米10年債利回りは2.36%から2.37%まで上昇。ドル・円は113円28銭から113円53銭まで上昇し日中高値を更新した。ユーロ・ドルは1.1643ドルから1.1627ドルまで下落した。
【経済指標】
・米・10月消費者信頼感指数:125.9(予想:121.5、9月:119.8)
・米・10月シカゴ購買部協会景気指数:66.2(予想:60.0、9月:65.2)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【市場反応】米Q3GDP速報値、ポジティブサプライズでドル上昇

[欧米市場の為替相場動向]
米商務省が発表した7−9月期国内総生産(GDP)速報値は前期比年率+3.0%となった。伸びは4−6月期の+3.1%から小幅鈍化したものの予想の+2.6%を上回り、2四半期連続で3%台の成長となった。警戒されていた2つの大型ハリケーンの影響は最小にとどまった。
7−9月期個人消費は前期比+2.4%。伸びは4−6月期+3.3%から鈍化も予想の+2.1%を上回った。価格指数は前期比+2.2%と、昨年4−6月期以降で最高kとなった。
ポジティブサプライズを受けて、米10年債利回りは2.46%前後で推移。ドルは上昇した。ドル・円は114円13銭から114円45銭まで上昇し、7月11日以来の高値を更新。ユーロ・ドルは1.1611ドルから1.1588ドルまで下落し、7月20日来の安値を更新した。
【経済指標】
・米・7-9月期GDP速報値:前期比年率+3.0%(予想:+2.6%、4-6月期:+3.1%)
・米・7-9月期個人消費:前期比年率+2.4%(予想:+2.1%、4-6月期:+3.3%)

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【市場反応】米Q3GDP速報値、ポジティブサプライズでドル上昇

 米商務省が発表した7−9月期国内総生産(GDP)速報値は前期比年率+3.0%となった。伸びは4−6月期の+3.1%から小幅鈍化したものの予想の+2.6%を上回り、2四半期連続で3%台の成長となった。警戒されていた2つの大型ハリケーンの影響は最小にとどまった。
7−9月期個人消費は前期比+2.4%。伸びは4−6月期+3.3%から鈍化も予想の+2.1%を上回った。価格指数は前期比+2.2%と、昨年4−6月期以降で最高kとなった。
ポジティブサプライズを受けて、米10年債利回りは2.46%前後で推移。ドルは上昇した。ドル・円は114円13銭から114円45銭まで上昇し、7月11日以来の高値を更新。ユーロ・ドルは1.1611ドルから1.1588ドルまで下落し、7月20日来の安値を更新した。
【経済指標】
・米・7-9月期GDP速報値:前期比年率+3.0%(予想:+2.6%、4-6月期:+3.1%)
・米・7-9月期個人消費:前期比年率+2.4%(予想:+2.1%、4-6月期:+3.3%)

FX為替ニュース

, , , , , , ,