タグアーカイブ: ドラギECB総裁発言

【見通し】ロンドン為替見通し=ユーロGDPとドラギECB総裁発言に注目

本日のロンドン為替市場のユーロドルは、NYカットのオプション1.1650ドルを軸にした値動きの中、ユーロ圏7-9月期のGDPやドラギECB総裁やECB高官の発言に警戒する展開となる。
 ユーロ圏7-9月期GDP・速報値では、ネガティブ・サプライズに要警戒となる。ショイブレ独財務相、ラウテンシュレーガーECB理事、クーレECB理事の発言では、2018年9月以降の資産購入プログラム、低金利政策継続への見解に要警戒となる。
 売り材料は、12月21日のスペインのカタルーニャ州議会の選挙に向けた不透明感、メルケル独首相の連立協議の難航、資産購入プログラムのオープンエンドの可能性などが挙げられる。買い材料は、米下院での税制改革法案の審議が難航する可能性となる。
 ユーロドルの売りオーダーは、1.1680ドル、1.1700ドル、買いオーダーは1.1580ドル-1.1600ドル、1.1550ドルに控えている。
 テクニカル分析では、10日の一目均衡表の雲のねじれが相場の転換となる「変化日」となる可能性、13日の相場の転換となりやすい寄引同事線などに要注目となる。
ユーロ円は、日欧金融政策のかい離は買い材料だが、中東や極東の地政学リスクが上値を抑える展開が予想される。売りオーダーは133.00-30円、買いオーダーは131.40-50円に控えている。

想定レンジ上限
・ユーロドルは一目・基準線の1.1717ドル、ユーロ円は一目・基準線の132.95円が上値のめど。

想定レンジ下限
・ユーロドルは11月7日の安値1.1554ドル、ユーロ円は11月8日の安値131.40円が下値のめど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

ユーロドルはもみあい、本日はドラギECB総裁発言に警戒

 ユーロドルは1.1870ドル近辺でもみあいになっている。本日は東京時間の18時に発表されるユーロ圏の8月の鉱工業生産が注目を集める。その後NY入り後にドラギECB総裁が討論会に出るため、そこでの発言にも警戒か。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドラギECB総裁発言もユーロは反応薄

 ドラギECB総裁は金融緩和が欧州の景気回復を支えていると発言したが、同時に様々なセクター、地域、企業で、欧州の経済成長は拡大しているとも発言した。ユーロは発言後は小幅な動きのままで、対ドルでは1.1880ドル前後、対円では133円前半で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ユーロドル高下、市場はドラギECB総裁発言を誤解?

 ユーロドルは、欧州中央銀行(ECB)関係筋の発言「市場は27日のドラギECB総裁の発言を誤解している」を受けて、1.1292ドルまで急落後、1.1320ドル付近へ反発。ユーロ円も126.49円まで急落後、126円後半へ反発。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ユーロ弱含み、ドラギECB総裁発言とギリシャ懸念で

 ユーロドルは1.1169ドルから1.1128ドルまで弱含み。ユーロ円も124.27円から123.71円まで下落。ドラギECB総裁が金融緩和解除は時期尚早と述べたこと、ギリシャが7月の70億ユーロの利払いが出来ない可能性、との報道が背景。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ユーロドル弱含み、ドラギECB総裁発言が背景か

 ユーロドルは1.1169ドルから1.1135ドルまで弱含み。昨日、ドラギECB総裁が欧州議会での四半期証言で、フォワードガイダンスの継続を示唆したことで、6月8日の欧州中央銀行(ECB)理事会でのフォワードガイダンス変更観測が後退している。ユーロ円は124.27円から123.82円まで弱含み。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドラギECB総裁発言

「ドラギECB総裁発言」

*ソブリン債購入、3月9日開始、月600億ユーロの資産を2016年9月まで購入する予定、
*既に資産買入れの好影響が見られている
*17年インフレ率は平均1.8%とECBは予想、2015年インフレ率は平均0%と予想‐原油価格が原因、
*迅速な改革実施が最重要
*2015年のGDP伸び率は1.5%(12月時点1.0%)、16年GDPは1.9%(12月時点1.5%)。
*今すぐギリシャ債を購入することはできない、条件が満たされればギリシャの適格担保特例措置を再開する用意がある、ギリシャ向けの緊急流動性支援枠を500億ユーロ引き上げ
*預金金利と同水準ならマイナスの利回りである国債を購入する

FX為替ニュース

, , ,