タグアーカイブ: トランプ大統領

発言おさらい 浅川財務官、エリス総裁補、トランプ大統領、パウエル議長、メスター新副議長候補、マコネル院内総務

「発言おさらい 浅川財務官、エリス総裁補、トランプ大統領、パウエル議長、メスター新副議長候補、マコネル院内総務」

*浅川財務官=1ドル=107円台半ばまでドル安/円高が進行したことを受け、「投機的な動きがないか注視する」と発言

*エリスRBA総裁補=賃金は緩やかなペースでしか上昇せず、家計収入と購買力の足かせになる公算が大きい

*トランプ米大統領=米国製品に関税を課している諸外国に対し、「相互税(reciprocal tax)」を推進する

*パウエル議長=金融安定に対するリスクを引き続き注視する

*メスター新副議長候補=株式市場のこのところの大幅な売りとボラティリティーの高まりにより、経済の全般的な堅調な見通しは影響を受けない

*米共和党のマコネル上院院内総務=トランプ大統領の移民改革法案支持を表明した。法案は、国境の壁建設やビザ抽選打ち切り、移民家族向けビザ発給の抑制などといった4本柱を網羅する。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

トランプ大統領も軍事パレードを計画、民主党員は国家反逆罪だ、政府機関閉鎖すべき

1  トランプ大統領は軍事パレードを計画
2 一般教書で拍手しなかった民主党員は国家反逆罪だ
3 つなぎ予算可決しなかったら政府機関閉鎖すべき

トランプ的FAKENEWSのCNNより

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

トランプ大統領、1.5兆ドルのインフラ投資計画発表

*トランプ米大統領は来週12日、今後10年間のインフラ投資計画の詳細を発表する。

インフラ促進策や許認可の迅速化、環境審査の簡素化などについて説明する見通し。前週の一般教書演説では、新たなインフラ投資へ最低1兆5000億ドルを投じる考えを示している。

FX為替ニュース

, , , , ,

機密メモ公開 トランプ大統領 民主は反発

(週末のニュースではトランプ大統領は、FBIの捜査に偏りがあると指摘した文書が公開されたことで、自身の潔白が証明されたと主張し、ロシア疑惑をめぐってトランプ大統領の事情聴取が検討されていると伝えられる中、捜査当局をけん制している。トランプ陣営の幹部の通信をFBIなどが傍受するにあたり、野党・民主党とつながりがある調査会社がもたらした情報を基に裁判所の許可を取ったなどとして、ロシア疑惑をめぐる捜査に偏りがあると指摘している。

もちろん これに民主党は反発している。今週期限が来るつなぎ予算の延長にも悪影響がありそうだ)

FX為替ニュース

, , , , , ,

発言おさらい、ノボトニー VS プラート NAFTA、トランプ大統領

「発言おさらい、ノボトニー VS プラート NAFTA、トランプ大統領」

*ノボトニー・オーストリア中銀総裁=現在、買い入れプログラムを終了させる必要がある状況にいるとの事実を隠すつもりはない。買い入れプログラムの終了は長期金利の上昇につながる
  買い入れ規模を今年1月から月額300億ユーロに減額し、このペースで9月まで継続する方針を示していることに言及。9月までにはその後どうするかについて決定されているはずだ

*プラートECB専務理事=ECBの緩和的金融政策を維持する必要があるとの見解を改めて示した。われわれの責務は完遂していない。インフレ収斂はかなり緩やかに進んでおり、金融政策を忍耐強く維持することが妥当。インフレは引き続き抑制されており、インフレ軌道の持続的調整面での理事会の基準到達には依然一定の距離がある。総じてみると、かなりの程度の金融刺激策維持が必要

*ト​ル​ド​ー​加​首​相​=​ト​ラ​ン​プ​米​大​統​領​が​​N​A​F​T​A​か​ら​離​脱​す​る​と​は​思​わ​な​い​

*ト​ラ​ン​プ​米​大​統​領​=​税​制​改​革​の​第​2​弾​あ​る​か​も​し​れ​な​い

FX為替ニュース

, , , , , ,

トランプ大統領とNAFTA、壁は

(トランプ米大統領とNAFTA)

 トランプ米大統領は一般教書演説で、NAFTAからの離脱の意向を正式に表明する計画はないと米政府の計画に詳しい関係者が明らかにした。
  大統領は、スイスのダボスで、合意の「十分な可能性」があると思うと発言したが、議論が米国に好ましい結果とならなければ依然として離脱する公算があるとも示唆した。

(トランプ大統領と壁)

トランプ米大統領は一般教書演説で、移民制度について「民主・共和両党と手を携え協力する」と述べ、協調を呼びかけた。これまで移民排斥を訴え分断をあおってきたトランプ氏が突然融和姿勢を打ち出したのは、11月の議会中間選挙を控え、メキシコ国境の壁建設などの公約の実現のために民主党への妥協が不可欠と判断したためだ。

 

FX為替ニュース

, , , ,

米鉄鋼業界、トランプ大統領に鉄鋼輸入制限を強く要請

[ワシントン 1日 ロイター] – 米鉄鋼業界の25社・団体は1日、トランプ大統領に宛てた書簡で、米通商拡大法232条を用いて鉄鋼輸入に「包括的で広範な」制限を課すよう強く要請した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

米国政府、ドル高政策を確認、トランプ大統領の一般教書演説でも

トランプ米大統領は30日、就任後初めてとなる一般教書演説を予定している。雇用や経済の強さを強調するほか、DACAなど移民で超党派の支持を得る考えであるようだ。また、2018年のアジェンダであるインフラにも言及する予定。為替市場では、貿易やドルに関する言及に注目している。
◎一般教書演説ポイント
1)雇用や経済
2)インフラ
3)移民
4)貿易
5)国家安全保障
就任直後、トランプ大統領は、米国の貿易赤字が巨大で、是正すべく、措置をとる公約をした。他国が競争に勝つために自国通貨を人為的に安くしているため、米国には勝ち目がないと指摘。まず、NAFTAをはじめとした協定、合意内容の見直し、再交渉に着手。米国の保護主義貿易への警戒感も浮上した。また、ムニューシン米財務長官も就任直後から、「短期的なドル安は貿易を支援する」とし、「長期的にドル高は米国の良好な経済をあらわす」としてきた。
ムニューシン米財務長官は先週、スイス、ダボスで開催された世界経済フォーラムにおいて貿易にとりドル安が有利に働くとの発言が報じられると、米国がドル安政策に転じ、「通貨安戦争が勃発か」との警戒感も強まった。G20では声明で、競争的に通貨を安くすることを禁じている。国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事も、、通貨安戦争の時期ではなく、米国の真意を確認したいと述べていた。
ムニューシン米財務長官は30日に開催された上院議会証言の中で、「ダボスでの自分のドルに関する言及がメディアにより誇張されて引用された」と説明。「ドル安誘導の意思はなかった」と述べた。ドルに対する自身のスタンスは就任以降変わっていないとし、基本的に短期的なドルの水準を懸念せず、長期のドル高は強い経済を示すものになると見ていることを再確認した。
そのうえで、「介入のない自由な為替市場を強く支持する」「長期的な国益に叶うドル高を断然支持する」と、ルービン長官以来伝統的になっているドル高政策を強調する文言を就任以降初めて使用した。トランプ米大統領もCNBCとのインタビューで、「最終的に、強いドルを望む」「経済が強まれば、ドルも強まる」と、それぞれ米国のドル高政策を確認した。
トランプ米大統領による一般教書演説は、ダボスでの演説のように、保護主義ではなく、協調する姿勢を前面に出すものになるという。ドルの底入れの可能性もある。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,