タグアーカイブ: トヨタ

トヨタ、燃料電池と水素タンクの国内生産拡大 20年ごろ稼働

[東京 24日 ロイター] – トヨタ自動車は24日、水素で走る燃料電池車(FCV)の基幹部品である燃料電池(FC)スタックと水素を貯蔵する高圧水素タンクの生産設備を拡充すると発表した。投資額は非公表。新設する生産ラインは2020年ごろの稼働を予定し、同年以降のFCV販売拡大に備える。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

トヨタが中国EV市場に参入へ、広州汽車の技術活用=関係筋

[北京 18日 ロイター] – 関係筋によると、トヨタ自動車は、中国のパートナーである広州汽車集団(GAC)の技術を活用して、中国の電気自動車(EV)市場に参入する計画だという。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

欧州自動車販売、4月は前年比+9.6% トヨタ・現代自・フォードが堅調

[パリ 17日 ロイター] – 欧州自動車工業会(ACEA)が17日発表した欧州連合(EU)と欧州自由貿易連合(EFTA)の4月の新車登録台数は、前年同月比9.6%増の134万9000台となった。トヨタ自動車、現代自動車、フォード・モーターの増加が目立った。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略-トヨタは急伸も指数は沈黙、円安・株高に一服感

9日の日経平均は反落。新たな買い手がかりには乏しい中、小幅安で寄りついた後は下げ幅を広げ、上値の重い展開が続いた。後場に発表されたトヨタの決算は、今期減益見通しではあったものの、自己株取得の発表などもあったことから、トヨタ株は決算発表後にプラス転換から上げ幅を拡大。ただ指数の方は、この動きに追随するどころか一段安となった。下げ幅を3桁に広げたところでは押し目買いが入ったものの戻りは鈍く、終盤は22400円近辺でこう着感を強めた。業種別ではガラス・土石、水産・農林、パルプ・紙などが上昇しており、医薬品、電気・ガス、精密機器などが下落している。今期の大幅増益見通しが好感された丸和運輸機関がストップ高。反面、1Q決算が失望を誘った日本エスコンには売りが殺到し、一本調子の下げでストップ安となった。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり754/値下がり1237と売りが優勢。上方修正を発表した東海カーボンが大幅高となり、黒鉛電極を手がける昭和電工も連れ高した。アサヒGHDは1Q決算が好感されて急伸。市光工業や冶金工なども決算を手がかりに非常に強い動きを見せた。コムシスHDとの経営統合を発表したNDS、北陸電話工事、SYSKENの3社はそろってストップ高となり、コムシスHDも大幅上昇。一方、このところの動きが強かったマネックスGや東京電力HDが大きく売られる展開。きのう急伸した武田薬品も売りに押された。やや地合いも悪化する中、決算失望銘柄は叩き売られ、曙ブレーキや横河電機、アシックス、EMシステムズなどが大幅安。公募・売り出しが嫌気されたユニゾHDが急落した。

 終日軟調な展開となった。注目のトヨタが決算発表後に急伸したにもかかわらず、これを好感する動きは見られず。今期減益計画で改めて業界の収益環境の厳しさが意識されたか、ホンダやスズキ、日産自など同業他社は大きめの下げとなった。指数は22500円より上が重くなっており、きょうの終値は22408円(99円安)と、5日線(22473円、5/9)を下回った。やや印象の良くない下げ方であり、早々に5日線や22500円を上回ることができるかが注目される。5月に入って円安一服感が出てきたのと同じタイミングで、指数も足踏みが続いており、ドル円の動向は注視しておきたい。テクニカル面では26週線が109円30銭近辺に位置しており、これより上を維持できるかどうか。また、きょう強い動きを見せたトヨタに買いが続くかどうかにも注目しておきたい。決算期は株価の動きは大きく出るが、一時的な反応にとどまることも多い。決算でしっかり上昇したトヨタに追随買いが入り、底打ち感が強まるようなら、全体にも好影響を及ぼすと予想する。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

日経平均は反落、高値警戒感で売り トヨタ株高波及せず

[東京 9日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は反落。高値警戒感がくすぶる中で売りが先行したが、ドル/円<JPY=>が一時109円台後半まで円安に振れたことは支えとなった。後場に決算を発表したトヨタは強含んだものの、全体相場は売り直しの動きが広がり、日経平均の下げ幅は一時143円まで拡大。引けにかけて下げ渋るなど方向感の乏しい動きとなった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

トヨタ、円高で今期予想は2年ぶり減益 世界販売は過去最高を計画

[東京 9日 ロイター] – トヨタ自動車は9日、2019年3月期(今期)の連結業績(米国会計基準)は2年ぶりに減収減益となる見通しを発表した。純利益は米国の法人税減税で前期は36.2%増の2兆4939億円と過去最高を更新したが、減税効果がなくなる今期は同15%減の2兆1200億円を見込む。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

トヨタ、5500万株・3000億円を上限に自己株取得を決議

[東京 9日 ロイター] – トヨタ自動車は9日、発行済み株式の1.85%に当たる5500万株、3000億円を上限とした自己株取得を決議したと発表した。取得期間は5月16日から9月28日。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略 上昇基調は崩れず、マンネリ打破のトヨタに株式市場はほほ笑むか

8日の日経平均は3日ぶり反発。上昇も上げ幅は縮めた米国株への警戒から、寄り付きは小幅安。ただ下値は限定的で、プラス圏に浮上して22500円台を回復した。後場は上昇拡大が期待されたものの小動き。値幅は前場の高安の範囲内にとどまり、上値の重い時間帯が続いた。ただ、引けにかけては買いが入り、小幅高で22500円は上回って終えた。業種別では水産・農林、電気・ガス、医薬品などが上昇しており、鉱業、石油・石炭、パルプ・紙などが下落している。後場に決算を発表した商社株に動きの良いものが多く、三菱商事や住友商事、丸紅などが大幅上昇。反面、前期の営業利益が従来計画を下振れた三菱重工が後場に急落した。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1373/値下がり632と買いが優勢。製薬大手の買収合意観測が報じられた武田薬品が上げ幅拡大で4%近い大幅上昇。売買代金は任天堂を抑えて全市場で2位(ETFを除く)と大商いとなった。好決算のユニオンツールやコムチュア、図研などが大幅上昇。今期大幅増益計画の三菱ロジネクストや、1Qから通期の上方修正と増配を発表した太陽工機はストップ高まで買われた。ほか、ベルーナによるTOBに賛同の意を示したさが美グループが急伸した。一方、スルガ銀行が大幅安。シェアハウス問題に絡み、弁護団から音声データの公表があったことや、大幅損失計上の可能性が報じられたことなどが嫌気された。今期の減益見通しを発表したケーズHDや、1Q大幅減益のスミダコーポレーションが大幅安。イーガーディアンは上期大幅増益も、材料出尽くしで株価は急落した。パソナGは公募・売り出しの実施が嫌気されて値を崩した。

 日経平均はプラス圏とマイナス圏を行き来したが、引けでは小幅高。下げてもそれほど悲観ムードは強まらない一方、上げても追随買いは入らずで、個別重視の様相が強まっている。5日線をサポートとした緩やかな上昇基調は崩れておらず、よほど外部環境が悪化しない限りは当面は堅調な地合いが維持されそうだが、ドル円の上値が重くなりつつある中、一段高となるためには、プラスアルファの好材料が欲しい。

 あすはトヨタの決算発表が注目される。今回は引け後ではなく、場中の1時25分に開示され、その後に説明会が行われる予定。通常であればこの時間は動意薄となりやすいが、トヨタが決算を受けて大きく動く展開が想定されるだけに、他の自動車株や指数を刺激するか、また全体の商いが盛り上がるかが大きな注目点となる。業界的には期待値は高くなく、トヨタもきょうは決算を前に下落していることから、悪材料に関してはある程度織り込み済みと思われる。その点ではポジティブな反応が出てくる可能性の方が高いとはみているが、業績が劇的に改善するとの期待も持ちにくいだけに、注目を集めた割には、株価の反応および、ほかへの波及が限定的となる可能性はある。マンネリを打破するトヨタの試みに対して、株式市場がフレンドリーな対応を見せるかに注目したい。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

馬渕磨理子が実践!トレードステーション利用術:トヨタ、自社開発EVを中国生産へ~全固体電池関連銘柄~[FISCO]

皆さま、こんにちは。フィスコ企業リサーチレポーターの馬渕磨理子です。『馬渕磨理子が実践!トレードス (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

トヨタ、取引時間中に決算開示へ 社長会見の時間長く

[東京 10日 ロイター] – トヨタ自動車は10日、2018年3月期決算は来月9日の午後1時25分に開示すると発表した。決算会見の時間を長くとるため、株式取引が終了する午後3時に行ってきた開示を前倒しする。トヨタが取引時間中に決算開示を行うのは異例だ。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

トヨタ、パーク24とカーシェア実験へ 通信型サービス開発に活用

[東京 3日 ロイター] – トヨタ自動車とパーク24は3日、東京都心の一部で6月から2019年3月末までカーシェアリングサービスの実験を行うと発表した。パーク24が展開する同サービス「タイムズカープラス」で、トヨタの多目的スポーツ車(SUV)「C―HR」60台を導入。C―HRにトヨタの通信型ドライブレコーダーや両社のカーシェアリング機器を搭載してデータを収集・分析する。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

トヨタとスズキ、インドで相互に車両OEM供給 来春から

[東京 29日 ロイター] – トヨタ自動車とスズキは29日、インドで2019年春から車両を互いにOEM(相手先ブランドによる生産)供給すると発表した。両社は昨年、商品補完などを含む包括的な業務提携で合意済み。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

トヨタ、全組合員が月3.3%賃上げ ベア前年1300円超の水準 

[豊田市 14日 ロイター] – トヨタ自動車の2018年の春季労使交渉(春闘)では、正社員のベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分が前年実績の月額1300円を上回る水準で決着した。具体額は非公表。正社員だけでなく期間従業員や定年後の再雇用者を含む全組合員の月収昇給率は平均3.3%で、安倍首相の要請である「賃上げ3%以上」を上回った。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

訂正:米消費者が神鋼やトヨタなどを提訴、データ改ざんで補償要求

[東京 14日 ロイター] – 神戸製鋼所 は14日、検査データを改ざんした製品を使った自動車を利用した米消費者2人が米カリフォルニア州の連邦裁判所に損害賠償等を請求する訴訟を起こしたと発表した。

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,