タグアーカイブ: ディーラー発

【ディーラー発】ドル円、買い先行(東京午前)

与党大勝となった衆議院議員選挙の結果を受け、ドル円クロス円は買いが先行。ドル円は上方向にギャップしてオープンすると、7月11日以来となる114円09銭付近まで上昇。また、クロス円もユーロ円が134円12銭付近まで、ポンド円150円47銭付近まで上値を伸ばし、豪ドル円が89円05銭付近まで水準を切り上げた。ただ、先週末比250円超高で始まった日経平均が利益確定の売りに押され伸び悩むと、ドル円クロス円も買いの流れが一服しやや上値の重い状況となっている。11時00分現在、ドル円113.813-823、ユーロ円133.900-920、ユーロドル1.17655-663で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【ディーラー発】ドル円底堅く推移(NY午後)

一部通信社が「イエレンFRB議長、ホワイトハウスを再び訪問」と報じたことを受け、ドル円は一時113円25銭付近まで急落。しかしその後、「訪問相手はコーンNEC委員長」と伝わったことに加え、トランプ米大統領が「テイラー、パウエル両氏のFRB入りも選択肢」との見解を述べると本日高値圏の113円56銭付近まで値を戻した。また、クロス円は史上最高値を更新するNYダウに支えられユーロ円が133円49銭付近から133円74銭付近まで買い戻され、ポンド円は149円81銭付近まで水準を切り上げている。4時39分現在、ドル円113.483-493、ユーロ円133.643-663、ユーロドル1.17769-777で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル買い優勢(NY午前)

ドル円は序盤こそ113円06銭付近まで軟化したものの、米債利回りの上昇や米・住宅関連指標の上振れに伴い113円51銭付近まで買われ本日高値を更新。一方、ユーロドルが1.1780付近まで、豪ドルドルが0.7813付近まで下値を拡げるなどドルが強含む展開。そうした中、加・小売売上高が予想外に悪化したことでカナダドル売りが進展するとカナダ円は89円92銭付近まで大きく水準を切り下げ、ドルカナダは1.2609付近まで上値を伸ばしている。0時30分現在、ドル円113.490-500、ユーロ円133.722-742、ユーロドル1.17825-833で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ポンド買い優勢(欧州午後)

EU首脳会議でメイ首相が今後の進展について合意する見込みとなっており、EU離脱に関する不透明感がやや後退するとポンド買いが優勢。対ドルで1.3188付近まで、対円で149円38銭付近まで水準を切り上げたほか、ユーロポンドは0.8952付近まで下落し本日安値を更新。そうした中、ドル円は目新しい判断材料に乏しく113円前半で売り買いが交錯、ユーロドルも1.1810前後で方向感に欠ける値動きとなっている。20時34分現在、ドル円113.224-234、ユーロ円133.782-802、ユーロドル1.18157-165で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル買い再燃(欧州午前)

米債利回りが再び上昇し欧州勢によるドル買いが再燃。ドル円は日経先物の堅調地合いも好感され113円46銭付近まで上値を拡大。また、クロス円もつれてユーロ円が133円92銭付近まで、豪ドル円が88円97銭付近まで値を伸ばし、ポンド円も一時149円台を回復するなど軒並み本日高値を更新。一方、ユーロドルはドル買いに押され1.1790付近まで下値を切り下げる場面が見られた。17時54分現在、ドル円113.329-339、ユーロ円133.759-779、ユーロドル1.18023-031で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル買い一服(東京午後)

目立った指標発表もない中、判断材料に乏しく全般に小動き。ドル円は米債利回りの上昇一服や日経平均の軟調推移を背景に113円20銭付近でこう着し伸び悩む状況。一方、ユーロドルが本日安値圏の1.1810付近で下げ渋り、豪ドルドルが0.7848付近まで僅かに持ち直すなどドル買いの動きが一服。クロス円はユーロ円が133円70銭付近で揉み合い、ポンド円が148円25銭付近で、豪ドル円が88円75銭付近で小幅な値動きとなっている。14時24分現在、ドル円113.185-195、ユーロ円133.663-683、ユーロドル1.18090-098で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル買い優勢(東京午前)

『米上院、予算決議案を可決』との一部報道を受け、ドル買いが優勢に。ドル円は反落して寄付いた日経平均がプラス圏に転じたことも支えとなり113円29銭付近まで値を伸ばす一方、ユーロドルが1.1807付近まで、豪ドルドルも0.7835付近まで下落するなど対主要通貨でドルが強含み。また、クロス円はドル円に連れユーロ円が133円84銭付近まで、ポンド円が148円55銭付近まで上値を拡げ堅調に推移している。11時10分現在、ドル円113.226-236、ユーロ円133.755-775、ユーロドル1.18129-137で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ポンド売り優勢(NY午後)

カンリフBOE副総裁の「利上げ時期については議論の余地がある」との11月利上げに慎重な発言が嫌気され、ポンド売りが優勢。対ドルで1.3147付近まで反落、対円でも148円ちょうど付近まで値を落とした。一方、ドル円は米債利回りの低下幅縮小やNYダウの底堅い動きを支えに112円68銭付近まで買い戻されたほか、ユーロドルが1.1825付近まで、豪ドルドルも0.7860付近まで軟化するなどドルが強含む状況となっている。4時37分現在、ドル円112.649-659、ユーロ円133.267-287、ユーロドル1.18307-315で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル円下げ渋る(NY午前)

米債利回りが一段と低下したことに伴い、ドル円は一時112円29銭付近まで売られ本日安値を更新。しかし、その後は下値の堅さが保たれると米・経済指標の良好な結果も支えに112円61銭付近まで持ち直し下げ渋る状況。また、欧州時間後半から強まった欧州通貨買いの流れは継続しユーロは対ドルで本日高値となる1.1857付近まで上伸、対円では133円38銭付近まで買われたほか、ポンドも対ドルで1.3208付近まで、対円で148円62銭付近まで戻りを試している。0時36分現在、ドル円112.509-519、ユーロ円133.242-262、ユーロドル1.18427-435で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル円続落(欧州午後)

米債利回りの低下幅拡大を受けたドル売りや、日経先物の軟調地合いを背景に、ドル円は一時112円43銭付近まで続落。一方、午前に優勢となっていた欧州通貨売りが一服するとポンドドルは1.3184付近まで買い戻され、ユーロドルは1.1839付近まで大きく反発。そうした中、NZドルは右派政権誕生による政局不安を材料視した売り圧力が継続しており、対ドルでは約5ヶ月振りの安値水準となる0.7014付近まで下落し、対円でも78円90銭付近まで売られ本日安値を更新している。21時20分現在、ドル円112.510-520、ユーロ円133.152-172、ユーロドル1.18349-357で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】欧州通貨弱含み(欧州午前)

一部通信社が「スペイン政府、カタルーニャ自治停止に向け憲法155条に基づいた手続きを開始」と報じたことを受け、ユーロ売りが強まり対ドルで1.1767付近まで、対円で132円46銭付近まで急落。また、ポンドも英・小売売上高の下振れを嫌気し、対ドルで1.3132付近まで売られ、対円で一時148円を割り込むなど欧州通貨が弱含み。ドル円は序盤こそ113円14銭付近まで上値を試したものの、米債利回りの大幅低下に伴い112円53銭付近まで急ピッチで下落している。18時01分現在、ドル円112.623-633、ユーロ円132.949-969、ユーロドル1.18046-054で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】NZドル荒い値動き(東京午後)

ドル円は、日経平均が前日比140円超高まで上昇する動きへの反応も鈍く112円後半で揉み合い。また、クロス円も豪ドル円が88円70銭前後で、ユーロ円が133円30銭付近で小幅な値動き。一方、NZドルはニュージーランドの政権枠組みを巡り、連立協議が難航するとの思惑から対円で一時79円93銭付近まで、対ドルで0.7080付近まで急落。ただその後、急ピッチで下落した反動から対円で80円68銭付近まで、対ドルで0.7146付近まで回復するなど荒い値動きとなっている。14時17分現在、ドル円113.021-031、ユーロ円133.359-379、ユーロドル1.17994-002で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】豪ドル全面高(東京午前)

豪・雇用統計で失業率、新規雇用者数がともに強い結果となったことを受け、豪ドル買いが優勢に。対ドルで0.7871付近まで、対円で88円86銭付近まで上昇したほか、対NZドルも1.0992付近まで上値を拡げるなど豪ドル全面高の展開。一方、ドル円は序盤こそ113円09銭付近まで値を伸ばしたものの、同水準では利益確定の売りが持ち込まれ一時112円87銭付近まで反落する場面が見られた。10時26分現在、ドル円112.937-947、ユーロ円133.308-328、ユーロドル1.18039-047で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル売りやや優勢(NY午後)

午後に入り、米債利回りの上昇幅縮小に伴いドル売りがやや優勢に。ユーロドルが1.1805付近まで上値を拡げ、ポンドドルは1.3204付近まで、豪ドルドルは0.7848付近まで買われ底堅く推移。また、クロス円は引き続き堅調なNYダウに後押しされユーロ円が133円27銭付近まで、ポンド円が149円10銭付近まで続伸したほか、豪ドル円も88円61銭付近まで水準を切り上げた。ドル円はドル売りの流れが重しとなり112円83銭付近まで反落するも、クロス円の上昇を支えに下値は限定的となっている。4時32分現在、ドル円112.897-907、ユーロ円133.197-217、ユーロドル1.17981-989で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル円クロス円一段高(NY午前)

NYダウの大幅続伸を背景にリスク選好の円売りが継続。ドル円は米債利回りの更なる上昇にも支えられ113円04銭付近まで上伸。クロス円もユーロ円が133円07銭付近まで、ポンド円が148円95銭付近まで上値を拡げたほか、豪ドル円も88円54銭付近まで値を伸ばすなど総じて一段高。また、ユーロドルはユーロ円の動きに連れ本日高値と面合わせとなる1.1780付近まで買われ堅調に推移している。0時42分現在、ドル円112.977-987、ユーロ円132.969-989、ユーロドル1.17692-700で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル円クロス円続伸(欧州午後)

次期FRB議長の人事を巡る思惑が交錯する中、ドル円は米債利回りの上昇幅拡大に伴い112円81銭付近まで上値を拡大。クロス円もユーロ円が132円58銭付近まで続伸し、豪ドル円が88円32銭付近まで水準を切り上げたほか、ポンド円も148円68銭付近まで買われ僅かながら本日高値を更新するなど堅調。一方、ユーロドルは1.1729付近まで、ポンドドルが一時1.3139付近まで弱含んでいる。20時41分現在、ドル円112.744-754、ユーロ円132.478-498、ユーロドル1.17495-503で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル買い継続(欧州午前)

米債利回りの上昇を背景にドル買いが継続。ドル円はダウ先物の堅調地合いにも支えられ112円65銭付近まで続伸。クロス円もつれてユーロ円が132円37銭付近まで上値を伸ばし、豪ドル円は88円前半で底堅く推移。また、ポンドは英失業率発表後、対円で148円66銭付近まで、対ドルで1.3213付近まで一時急伸する場面が見られるも勢いが続かず、ともに戻り売りに押されている。17時52分現在、ドル円112.626-636、ユーロ円132.307-327、ユーロドル1.17473-481で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル強含み(東京午後)

ドル円は、日経平均の底堅い動きも支えとなり午前の高値を上抜けると112円33銭付近まで上伸。一方、欧州の政治不安が燻るなか、ユーロドルが1.1758付近まで売られじり安、ポンドドルは1.3176付近まで軟化した。また、ドルカナダが1.2509付近まで持ち直すなど対主要通貨でドルが強含み。クロス円ではユーロ円が132円05銭付近で小幅な値動きとなったほか、ポンド円が148円ちょうど前後で売り買いが交錯するなど方向感なく推移している。14時44分現在、ドル円112.272-282、ユーロ円132.057-077、ユーロドル1.17624-632で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル円揉み合い(東京午前)

続伸して寄付いた日経平均の堅調地合いへの反応は鈍く、ドル円は112円20銭前後で揉み合い。また、クロス円もユーロ円が132円ちょうど付近で、豪ドル円が88円前半で小動き。そうした中、カナダドルは海外時間に強まった買いの流れが継続。カナダ円は昨日高値を上抜けると89円82銭付近まで上昇した一方、ドルカナダは1.2487付近まで続落するなどカナダドルが強含みとなっている。10時50分現在、ドル円112.175-185、ユーロ円132.025-045、ユーロドル1.17699-707で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

【ディーラー発】ドル円反落(NY午後)

午後に入り、ドル円は史上初の23000ドルを突破したNYダウの伸び悩みや米債利回りの上昇幅縮小に押され112円12銭付近まで反落。一方、ユーロドルが1.1774付近まで下値を切り上げ、ポンドドルは1.31後半で下げ渋るなどドル買いの流れが一巡。また、「NAFTA交渉、期限を2017年末から延長」等の報道を受け、NAFTA協定破綻への警戒感が後退しカナダドルの買い戻しが強まるとカナダ円は89円61銭付近まで反発、ドルカナダは1.2518付近まで値を落としている。4時40分現在、ドル円112.182-192、ユーロ円132.038-058、ユーロドル1.17700-708で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , ,