タグアーカイブ: タカ派的

LDNFIX=イエレン講演にタカ派的なヒントなくドル安

 NYタイム午前は、注目のワイオミング州ジャクソンホールでのカンザスシティ連銀経済シンポジウムにおけるイエレンFRB議長の講演内容が伝わった後、米長期金利低下・ドル安が進んだ。米利上げペースや金融緩和の巻き戻し進展を示唆するような発言がなかった。
 NY寄り付き前に発表となった米7月耐久財受注は前月比-6.8%と、市場予想の-6.0%以上の低下となり、前月の+6.4%からの反動減が大きかったものの、より大きなイベントを控えるなか、市場の反応は限定的だった。
 ドル円は109円後半から109.12円まで下振れ、ユーロドルは1.18ドル付近から4日以来の高値1.1884ドルまで買われた。ポンドドルは1.2887ドル、豪ドル/ドルは17日以来の高値0.7954ドル、NZドル/ドルは0.7259ドルまで上昇。ドル/スイスフラン(CHF)は7月27日以来の水準0.9567CHF、ドル/加ドルは8月1日来の水準1.2485加ドル、ドル/南ア・ランド(ZAR)は7月31日以来の水準13.0221ZARまで、ドル安・他通貨高となった。
 クロス円は対ドルでの各通貨の上昇に追随し、ユーロ円は129.77円、ポンド円は140.86円、CHF円は114.15円まで上昇。豪ドル円は86.98円、NZドル円は79.32円まで上昇。加ドル円は4日以来の高値87.76円まで上昇したが伸び悩み、87.33円へ下押した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

米FOMC声明、さほどタカ派的でなかった=ガンドラック氏

[ニューヨーク 15日 ロイター] – 米資産運用会社ダブルライン・キャピタルを率いる著名投資家ジェフリー・ガンドラック氏は15日、この日発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)声明について、さほどタカ派的ではなかったとの認識を示した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

FRB議長証言はタカ派的、ドル円は一時114.37円

 イエレンFRB議長は議会証言で、「引き締めを待ち過ぎることは賢くない」「遅すぎる利上げは以降の拙速な利上げを招き、米経済を後退へ追いやることに」など、早めの利上げに前向きな姿勢を示した。米長期金利は2.5%付近へ上昇。ドル円は1月30日以来の高値114.37円まで上伸した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

今週の米株市場、FRBがタカ派的ならスピード調整も

[ニューヨーク 9日 ロイター] – 今週は、13─14日の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合と、来年の利上げペースに関する米連邦準備理事会(FRB)のシグナルが、上昇が続く米株市場にとって米大統領選以降で最大のリスク要因となる見通し。

FX為替ニュース

, , , , , ,

注目度高まるイエレン証言、タカ派的なら高値圏の日米欧株に冷水

[東京 24日 ロイター〕 – 日米欧で株価が高値更新を続けている。足元の景気指標や企業業績はまちまちであり、緩和マネーがけん引する金融相場だ。そのカギを握る米金融政策をめぐって、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言に注目が集まる。株価の過熱感が強まっているだけに、タカ派的な発言があれば調整のきっかけになりやすい。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,