タグアーカイブ: クロス円

ドル円の下振れを受け、クロス円は軒並み円高

 ハト派な部分が目立ったFOMC議事録の通信社ニュースヘッドラインに反応して、ドル円は9月20日以来の安値111.15円までドル安・円高が進んだ。クロス円でも円買いとなり、対ドルでの各通貨上昇に多少支えられつつも、ユーロ円は一時131.44円、ポンド円は148.02円まで、豪ドル円は84.60円、NZドル円は76.43円、加ドル円は87.48円へ水準を下げた。

FX為替ニュース

, , , , , ,

LDN序盤まとめ=株高もクロス円の上値は重い

・ドル円は112.00円の買いをこなし、111.95円まで下落
・世界的な株高の動きだが、リスク選好の円売りとはならず
・トルコリラ(TRY)は史上最安値更新も下げ渋る
・南ア10月消費者物価指数後に南ア・ランド(ZAR)買いに傾く

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円は112円前半、クロス円の買い戻しで底堅い

 ユーロ円をはじめとしたクロス円の買い戻しで、ドル円も堅調に推移している。ドル円は112.27円を高値に112.23円前後で取引されている。ユーロ円は132.15円近辺、ポンド円は148.63円前後、豪ドル円は84円後半で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

クロス円の買い戻しが続く、ポンド円は148.51円まで上伸

 ロンドン朝は、先週末からみられたリスク回避・クロス円売りの巻き戻しとなっている。日経平均が3桁安で大引けしたものの、上海総合が一時1%超安から切り返し、0.28%高で引けたことが好感されたか。ユーロ円は131円後半まで買い戻され、ポンド円が148.51円まで上値を伸ばした。豪ドル円が84.77円近辺で小じっかり、NZドル円は76.61円まで強含み。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

クロス円の円買い継続、ユーロ円は一時132.45円

 ドル円は112.33円まで下振れ後、一時112.50円付近へ戻すなど下げ渋った。しかし米株安をにらんだリスク回避の円買いはクロス円で続いている。ユーロ円は132.45円、スイスフラン(CHF)円は113.33円、豪ドル円は84.73円、加ドル円は87.66円まで水準を下げている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

クロス円で円買い散見、ユーロ円132.62円まで下押し

 ドル円は112円半ばで下げ渋っているが、クロス円で円買いが散見。ユーロ円は132.62円まで下押し、豪ドル円は85.02円、加ドル円は88.25円まで安値を更新した。ポンドドルが1.3256ドルまで買われ、ポンド円は下げ渋るも149円前後で上値が重い。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ダウ平均は約190ドル高、ドル円やクロス円は下げ渋り

 欧州主要株価指数は全面高で引け、ダウ平均も約190ドル高となると、ドル円やクロス円も売りが一服している。ドル円は112.90円付近、ユーロ円が132.90円前後までじり高となり、ポンド円は148円後半で推移。豪ドル円は85円半ば、加ドル円が88円半ばで下支えされている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円113円前半でやや上値伸ばす、クロス円も小じっかり

 ドル円は113.19円まで小幅高。また、ユーロ円は133.46円、ポンド円は149.07円までじり高になるなど、クロス円も小じっかり。豪ドル円は85円後半で買いが優勢となっているが、NZドル円は77円半ばでやや上値が重い。
 ドル円主導でややドル買いが優勢で、ユーロドルは1.1801ドルを頭に1.1780ドル近辺に押し戻され、ポンドドルは1.3149ドル、NZドル/ドルは0.6847ドルまで下押し、豪ドル/ドルは0.75ドル後半でやや重い動き。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY為替・15日=株安でドル円とクロス円は上値重く推移

 NYタイムの為替市場は、株安によるリスク回避の円買いでドル円とクロス円の上値の重さが目立った。米経済指標の発表後に、ドル円は先月19日以来の安値112.48円まで売り込まれたが、米株式市場が下げ幅を縮小し、米長期債利回りも下げ止まった場面では113円前半まで買い戻された。NY午後に再度株安が進むと、ドル円も112円後半まで弱含んだ。ユーロ円は133円半ばで頭を抑えられ、132.97円までレンジの下限を広げた。ポンド円は148円前半から149円台を回復するも、ユーロ円の下げとともに148円半ばまで売り戻されている。
 ユーロドルもNY勢参入後に約1カ月振りの高値1.1861ドルまでのドル売り・ユーロ買いとなった。しかし、米金利低下が一服するとドルの買い戻し基調が強まり、1.18ドル割れまで下落し、そのまま上値重く推移した。ドル/スイスフラン(CHF)は前月24日以来の0.9847CHFまでCHF買い・ドル売りとなったが、ユーロドルの下げとともに0.98CHF後半での推移となった。ロンドン午前に1.32ドル前半まで強含んだポンドドルだが、NYタイムでは1.31ドル半ばから後半を上下した。
 米10月消費者物価指数は市場予想に沿った結果となり、同10月小売売上高は前月比で+0.2%と市場予想を上回り、9月分も上昇修正された。一方で、米11月NY連銀製造業景況指数は+19.4となり、市場予想や前回数値から下振れした。まちまちな結果に、米10年債利回りはまずは2.31%台へ低下し、その後は2.35%近辺まで戻す局面もあった。
 軟調だったNY原油は54ドル後半で下げ止まり55ドル台まで回復するも、商品市況の低調さに資源国通貨も上値が重かった。ドル/加ドルは1.27半ばから後半の加ドル安水準で取引され、豪ドル/ドルが7月7日以来の安値0.7573ドルまで売られた。NZドル/ドルが0.68ドル後半で頭を抑えられた。対円でも、加ドル円が88円半ばで伸び悩み、豪ドル円が約3カ月ぶりの安値85.50円まで弱含んだ。NZドル円も77円後半から半ばまでじり安となった。
 南ア・ランド(ZAR)は、NY金先物が10月20日以来の高値1290ドルまで上昇した局面では強含んだ。しかし、金相場の失速とともにZARも売り戻されている。ドルZARが14.3099ZARから14.44ZAR台へ、ZAR円は7.90円から7.82円までのZAR安となった。
 6時30分現在、ドル円は112.85円、ユーロドルは1.1791ドル、ユーロ円は133.06円で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円とクロス円が弱含み、共和党議員も税制案に反対票

 ユーロ円が132.98円まで下値を広げ、ドル円は112.78円付近、ポンド円が148円半ばまで弱含み。一部報道によると、ジョンソン共和党上院議員が、共和党上院税制改案に反対票を投じると伝えられた。ダウ平均は110ドル安付近、米10年債利回りは2.32%台で推移している。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

米株の下げ渋りにクロス円が底堅い動きに

 安寄り後に一時150ドル超までマイナスとなったダウ平均だが、その後は下げ渋りマイナス幅を縮小している。クロス円は米株の動きを眺めながら底堅い動きとなり、ユーロ円は133.66円まで上値を伸ばした。ポンド円も149円台を回復し、149.28円前後で推移してる。豪ドル円が86円半ば、NZドル円は78円前半、加ドル円が89円前半で小じっかり。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ドル円の戻りとともに、クロス円の円買いも落ち着く

 米株安・長期金利低下の一巡で、ドル円が113円前半から半ばへ戻し、クロス円の円買いも落ち着いている。ユーロ円は133円前半、ポンド円は148円後半でやや持ち直し。豪ドル円は86.31円、NZドル円は77円後半、加ドル円は88.78円で下げ渋っている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,