タグアーカイブ: クロス円

クロス円が堅調、ユーロ円は128円半ばまで上値を伸ばす

 市場予想比上振れし、6カ月連続の低下を免れた独5月Ifo発表後のユーロ買いは続き、ユーロ円は発表前の127円後半から128.53円まで上値を伸ばした。ユーロドルも1.1685ドルを底に1.1729ドルまでレンジの上限を広げている。ポンドも底堅く、対円では146半ば、対ドルで1.3370ドル付近まで強含んでいる。
 他クロス円も、豪ドル円が83.17円まで上昇し、NZドル円が76円付近まで買い戻され、加ドル円も84円後半で下げ渋った。クロス円に支えられ、ドル円は109.57円付近までじり高に推移。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

欧州朝はクロス円がじり安、ユーロ円は128円付近へ

 金曜日の欧州朝はクロス円がじり安。ユーロ円が128.30円台から128円付近へ、ポンド円は146円半ばから前半に水準を落とした。豪ドル円が82円後半、NZドル円が75円後半で頭を抑えられ、加ドル円は84.72円前後の安値圏。ドル円も109.39円付近までじり安な動き。日経平均は小幅高で引けたが、上海や香港株価指数は軟調な地合。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円今月8日以来の108円台に、クロス円も軟調

 米朝首脳会談中止による円買いが止まらず、ドル円は今月8日以来となる109円を割り込み108.99円まで下値を広げている。クロス円も軟調で、ユーロ円は127.84円、ポンド円は145.77円、豪ドル円は82.43円まで下落している。

FX為替ニュース

, , , , , ,

ロンドン朝はドル円やクロス円の買い戻しが先行、欧州株が底堅い

 ロンドン朝はドル円やクロス円の買い戻しが先行し、ドル円は109.62円前後、ユーロ円が128.55円付近、ポンド円は146円前半から半ばへ水準を回復している。日経平均は3日続落の252円安で終えたものの、欧州主要株式市場は底堅くスタート。昨日のプラスで終えたNY株式市場を好感した動きか。伊株式指数も約0.6%高で推移している。
 豪ドル円が82円後半、NZドル円は75.75円付近、加ドル円が85.30円近辺で小じっかり。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル・円:ドル・円は安値もみ合い、クロス円は下げ渋り

 24日午後の東京市場で、ドル・円は109円40銭台と本日の安値圏でもみ合う展開が続く。日経平均株価の軟調地合いや米株式先物のマイナス圏推移で、リスク回避的な円買いの流れに変わりはない。株安を受けて米10年債利回りも低下しており、ドル売りを支援。ただ、クロス円の下げ渋りで、円売りはやや弱まっているようだ。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円38銭から110円12銭。ユーロ・円は127円98銭から128円88銭、ユーロ・ドルは1.1691ドルから1.1714ドルで推移。

FX為替ニュース

, , , , , ,

LDNFIX=ドル円・クロス円の下落一服も上値は限定的

 ロンドン・フィックスにかけては、米中通商摩擦への懸念が再び高まり始め、米朝首脳会談への期待感が薄まったことを背景にリスクオフの円高が進行した。ドル円は今月14日以来の109.56円、ユーロ円は昨年8月以来の128.24円、ポンド円は145.95円まで弱含んだ。しかし、NY株式オープン前後には円高のスピードが急速だったこともあり、ドル円は110円前半、ユーロ円は129円台、ポンド円は146円後半まで戻された。その後米株式市場も上値が重かったことで、徐々に円が買われた。
 LDN午前に発表された独とユーロ圏のPMIが全て前回値と市場予想より弱い数値となったことで、ユーロドルは昨年11月中旬以来となる1.1685ドルまで下落したが、ユーロ円の買い戻しで1.17ドル前半まで回復した。鈍化した英4月消費者物価指数(CPI)を受けて1.3306ドルまで下落したポンドドルも1.33ドル半ばまで戻した。ECBメンバーでもあるマクチ・スロバキア中銀総裁は「量的緩和(QE)は役目を終えている、欧州中央銀行(ECB)は量的緩和の縮小に耐えることが出来る」と発言したが、すでにマクチ総裁は同様の発言を以前にも繰り返していることで市場は反応薄だった。
 米中貿易戦争の楽観ムードの後退は、中国経済に依存している豪ドルには重石となり、豪ドル/ドルは0.75ドル前半、豪ドル円は82円後半で上値が重く推移した。NZドル/ドルも上値が重く0.6900ドル近辺、NZドル円は75円後半を中心に取引された。
 EIA石油在庫統計で原油が577.8万バレルの大幅な積み増しとなったことで、ドル/加ドルは1.2900加ドル近辺、加ドル円は85円前半まで一時加ドル売りが進んだ。
 トルコリラ(TRY)はロンドン午前に対円では22.30円、対ドルでは4.92TRY半ばまでのTRYの史上最安値を更新したが、利食いも入りTRY円は22円後半、ドルTRYは4.85TRY近辺まで戻された。
 南ア・ランド(ZAR)は堅調に推移した。本日発表された南アの4月消費者物価指数は前年比で+4.5%となり、前回発表の+3.8%より上振れたが、市場予想の+4.7%を下回った。南アにとってインフレ鈍化は南ア経済にとって好ましく、ZARの買い支え要因となった。ドルZARは12.5239ZARまでZARの上値を広げ、ZAR円は8.75円近辺で底堅く推移した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

クロス円は下げ一服も、ドル円は109.72円まで下げ幅を拡大

 ユーロ円が約4カ月ぶりの安値128.48円から128円後半まで戻し、ポンド円は3月以来の146円後半で下げが一服しているが、ドル円は109.72円まで下値を広げている。ダウ平均先物が180ドル安、米10年債利回りは3.01%半ばと低下傾向なことがドル円の重し。ユーロドルは1.1730ドル前後、ポンドドルは1.3368ドル付近で推移。

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ドル円 110.42円まで下げ幅拡大、クロス円も全面安

 日経平均株価が22700円を割り込んでいることで、ドル円は110.42円まで下げ幅拡大。クロス円も全面安となっており、ユーロ円は129.82円、ポンド円は148.14円、豪ドル円は83.35円、NZドル円は76.35円、トルコリラ円は23.00円前後まで連れ安。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル円小幅に下がる、クロス円もじり安に

 ドル円は米10年債利回りが3.055%まで低下していることもあり、111.10円近辺まで小幅に下落している。ユーロ円は131.00円まで一時上昇するものの、131.00円を超えることが出来ず130.70円近辺、ポンド円は149.05円付近までじり安となっている。

FX為替ニュース

, , , , ,