タグアーカイブ: ギリシャ債務問題

【見通し】ユーロイメトレ=ギリシャ債務問題への警戒感から伸び悩みか

ユーロドルは、ギリシャの債務問題への警戒感から伸び悩む展開か。フランスの大統領選挙への警戒感は後退しつつあるものの、15日のオランダの選挙、今月中旬をめどとするギリシャへの追加支援合意への警戒感は払しょくされていないことで、ユーロドルの上値は限定的か。1.0625ドルにはNYカットのオプションが控えており、1.0630ドルには売りオーダー、上抜けるとストップ・ロスが控えている。テクニカル分析では、一目均衡表の雲の上限が1.0620ドルに控えており、上回った場合は、1.0630ドルのストップ・ロスへの買い仕掛けとなり、上昇トレンドの可能性が高まることになる。ユーロ円は、ユーロ圏の政治的リスクや債務懸念などが上値を抑える展開か。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは日足一目均衡表・基準線の1.0662ドル、ユーロ円は日足一目均衡表・雲の上限の122.08円が上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは日足一目均衡表・転換線の1.0563ドル、ユーロ円は日足一目均衡表・転換線の119.72円が下値めど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ユーロイメトレ=ギリシャ債務問題への警戒感から弱含みか

ユーロドルは、ギリシャ債務協議への警戒感から軟調推移か。今週、債権団がアテネで追加支援のための改革審議を行っている。一方、さらなる緊縮策が要請される可能性から、ギリシャが世界銀行へ支援を要請したと報じられている。今月中旬をめどとする支援合意に警戒感が高まっており、ユーロ売り圧力が強まりつつある。また、本日のFRB正・副議長が14-15日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での追加利上げを示唆した場合も、ユーロ売り・ドル買いとなる。テクニカル分析では、日足一目均衡表で三役逆転の強い売りシグナルが点灯しており、本日は一目・転換線の1.0563ドルを抵抗に戻り売りスタンスか。ユーロ円は、ユーロ圏の政治的リスクや債務懸念などが上値を抑える展開となりそう。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは日足一目均衡表・転換線の1.0563ドル、ユーロ円は日足一目均衡表・基準線の120.78円が上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは1月4日の安値1.0390ドル、ユーロ円は2月24日の安値118.24円が下値めど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ユーロイメトレ=ギリシャ債務問題への警戒感から伸び悩みか

ユーロドルは、ギリシャ政府に対する支援金支払いの条件の受け入れが難しいと報じられていることで伸び悩みを予想する。しかしながら、本日は、トランプ米大統領の両院議会演説を控えていることで、演説内容が期待通りでなかった場合は、ドル売り・ユーロ買いとなるため動きづらい。また、NYカットの大きめなオプションが1.0550ドルに控えていることで下値は限的的か。テクニカル分析では、日足一目均衡表の雲のねじれが発生して「変化日」となり、一目・転換線1.0587ドルが攻防の分岐点となっている。変化日はトレンドが転換するか、加速する日と見なされていることで、1.04ドル台から反発基調の上昇トレンドが加速するのか、それとも、反落するのか要注目となる。ユーロ円は、ユーロ圏の政治的リスク、金融・債務懸念などで伸び悩む展開か。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは日足一目均衡表・基準線の1.0662ドル、ユーロ円も日足一目均衡表・基準線の120.78円が上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは2月22日の安値1.0494ドル、ユーロ円は2月24日の安値118.24円が下値めど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】ユーロイメトレ=ギリシャ債務問題への警戒感から伸び悩みか

ユーロドルは、フランスの大統領選への警戒感は後退したものの、ギリシャの債務問題への警戒感が残されていることで伸び悩む展開か。本日は、NYカットのオプションが1.0500ドル、1.0550ドル、1.0600ドルに控えており、1.0600ドルには売りオーダーも控えていることで上値を抑えている。テクニカル分析では、日足一目均衡表の雲の上限1.0821ドル、一目・基準線1.0662ドル、転換線1.0587ドルが上値を抑えており、本日は一目・雲の下限である1.0558ドルの攻防に注目することになる。ユーロ円は、ユーロ圏の政治的リスク、金融・債務懸念などで伸び悩む展開か。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは、売りオーダーが控えている1.0600ドル、ユーロ円は日足一目均衡表・基準線の120.96円が上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは、昨日の安値1.0494ドル、ユーロ円は日足一目均衡表・雲の下限の118.92円が下値めど。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

これから欧州、独 製造業受注 ドラギ総裁 ギリシャ債務問題

「これから欧州、独 製造業受注 ドラギ総裁 ギリシャ債務問題」

*講演=スメッツ・ベルギー中銀総裁、ドラギ総裁証言  IMFギリシャ債務問題会議

kyou0206.JPG

*中国外務省報道官=貿易で有利な立場を得る手段として為替を利用したことは一度もない、「通貨戦争」は望まない

*ショイブレ独財務相=貿易上の不公正な優位性を得るため、過小評価された通貨を利用しているとの米新政権の批判を一蹴し、ユーロの為替レートを設定しているのは政府ではないことをトランプ大統領の側近は明らかに理解していない

*EU=トランプ米政権の決定の一部に懸念を表明しつつも、米国との連携を続けていく必要である。ただ、状況(EUの基本理念に絡む問題)によっては「黙ってはいない」

*ドイツ政府報道官=ドラギ総裁が9日にベルリンでメルケル首相と会談する

FX為替ニュース

, , , , , , ,

今日の焦点、豪 小売売上、独 製造業受注 ドラギ総裁 ギリシャ債務問題

「今日の焦点、豪 小売売上、独 製造業受注 ドラギ総裁 ギリシャ債務問題」

*仲値=2月6日(月)ゴトビ
*講演=スメッツ・ベルギー中銀総裁、ドラギ総裁証言  IMFギリシャ債務問題会議
*決算=日製鋼、 スクエニHD、スクリン、王子HD、帝人、トヨタ、スズキ、LIXILグ、丸紅、菱地所 JT
*外貨投資=
*今日の注文=別途掲載

(予定)

kyou0206.JPG

(他市場)

*中国株=財新中国製造業PMIが予想を下回ったことで売られた
*米株=トランプ米大統領が金融規制の見直しを指示する大統領令に署名したことで金融株主導で上昇
*米債券=米株上昇を受けて小幅利回り上昇
*貴金属=米雇用統計を受けて利上げの観測がやや後退し上昇
*原油=原油減産進展観測で上昇
*穀物(大豆、コーン)=大豆は南米豊作観測で下落、コーンは大豆につれ安

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ギリシャ債務問題を暴露、IMFは、ウィキリークス

「ギリシャ債務問題を暴露、IMFは ウィキリークス」

内部告発サイト「ウィキリークス」は4月2日日、財政難にあるギリシャ政府への支援に、IMFが加わらない可能性を示唆する内部文書を公開した。EUが昨年合意した支援策を巡り、ドイツなどEU側とIMFとの溝を浮き彫りにした形で、折り合いがつかなければ、ギリシャの債務問題の再燃につながりかねない。

 ウィキリークスが公開したのは、IMFのトムセン欧州局長やギリシャへの現地調査担当トップらによる今年3月19日の電話会議の会話とされる文書。文書によると、トムセン氏はこのIMF内部の会議で「メルケルさん、IMFなしで進めるのか、IMFを残すために必要な債務減免を選ぶのか、と聞くことになる。それが本当の問題だ」などと話し、IMFが支援から外れることも辞さない姿勢を示した。

 ギリシャの債務問題を巡っては、EUが昨年8月、3年間で最大860億ユーロの金融支援を実施することで正式に合意。EU側はIMFに対し支援の一部を出すよう求めているが、ギリシャへの債務減免をしたくないドイツなどと、債務減免を求めるIMFで主張が割れており、その後も協議が続いている。
(朝日新聞)
*しかし ラガルドさんの反応は

「IMF’s Lagarde tells Greece debt leak is ‘nonsense’」

International Monetary Fund chief Christine Lagarde has dismissed reports that the body is trying to push Greece towards default as “simply nonsense”.
“The IMF conducts its negotiations in good faith, not by way of threats, and we do not communicate through leaks,” Ms Lagarde wrote in a letter to Greek Prime Minister Alexis Tsipras.
Her letter comes after Wikileaks published a transcript of IMF officials discussing bailout negotiations.
One says a “crisis” could force a deal.
Greece publicly demanded an explanation after the leak, suggesting the comments meant the IMF could be planning to deliberately prolong debt negotiations until the country was close to running out of money.
Greek debt: What’s the deal?
Debt jargon explained
Ms Lagarde said the “incident” had made her “concerned as to whether we can indeed achieve progress”, but said she had decided to allow the IMF team to return to Athens to continue debt discussions.
‘Robust growth’
However, she also warned that the latest bailout deal was “still a good distance away”.
She said that the IMF could only support a deal that would enable “robust growth” for Greece, while also allowing it to tackle its debt repayments.
Last year, Greece agreed a multi-billion dollar bailout with the EU and IMF that was needed for the country to avoid bankruptcy and stay in the eurozone.
Talks between Greece, the EU and the IMF on a bailout review, assessing Greece’s progress at implementing money-saving reforms and aimed at unlocking further loans, are due to resume this week.
The review has been suspended twice since January due to disagreement among the lenders over the estimated size of Greece’s fiscal gap by 2018, as well as different opinions on pension reforms and how bad loans are being managed.
“In the interest of the Greek people, we need to bring these negotiations to a speedy conclusion,” wrote Ms Lagarde.

FX為替ニュース

, , , , ,

ギリシャ債務問題、返済猶予大幅延長必要=IMF幹部

[リマ 9日 ロイター] – 国際通貨基金(IMF)のトムセン欧州局長は、ギリシャ公的債務問題は改革を行うだけでは解決できず、欧州の債権者らが返済猶予期間や償還期間を大幅延長することが必要との認識を示した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

[FISCO]今日の為替市場ポイント:ドル・円は123円台で推移か、ギリシャ債務問題を意識してリスク選好の円売り抑制も

13日のドル・円相場は、東京市場では122円19銭から123円34銭まで上昇。欧米市場でドルは123円53銭まで一 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

[FISCO]米国株式市場見通し:ギリシャ債務問題が最終局面、イエレンFRB議長の発言に注目

ギリシャのチプラス首相が5日に実施した緊縮策の受け入れを問う国民投票が反対多数となったことで、同国 (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,