タグアーカイブ: カーニー総裁

「発言おさらい、「何が起きるか見てみよう!」カーニー総裁、ECB・FRB多数、メヒコ、カナ中」

「発言おさらい、「何が起きるか見てみよう!」カーニー総裁、ECB・FRB多数、メヒコ、カナ中」

*トランプ米大統領=習近平国家主席の特使が北朝鮮を訪問することについて、ツイッターに「大きな動きだ。何が起きるか見てみよう!」と述べた

*カーニー英中銀総裁=国内景気動向が想定通りなら、向こう数年間に2回の追加利上げが必要になる公算が大きい

*メルシュECB専務理事=ユーロ圏の底堅い成長やインフレ上昇に対する自信の高まりを考慮すると、市場はECBが資産買い入れを拡大すると想定すべきではない

*プラートECB専務理事=インフレ率が目標の2%付近に到達するとの見通しにECBは一段と自信を深めている

*ヤズベツ・スロベニア中銀総裁=ユーロ圏のインフレ率は想定した軌道に沿って推移しており、最近の原油価格上昇によって大きな影響は受けない

*メスター・クリーブランド連銀総裁=インフレが今後加速し、FRBが緩やかに利上げを進める道が開ける

*カプラン・ダラス連銀総裁=12月の会合で利上げを実施することに先入観は持っていない、米労働市場が完全雇用の状態、もしくはその状態に近づきつつあることに加え、インフレ率はなお低水準にあるものの、上昇する見通しである

*メキシコのグアハルド経済相=米国のNAFTA離脱がメキシコに壊滅的な打撃をもたらすとのロス米商務長官の発言に同意しない

*ウィルキンス・カナダ中銀上級副総裁=現在のような不透明な状況下では、金融政策で慎重な姿勢を取ることが賢明

FX為替ニュース

, , , , , , ,

EU離脱への調整対応で英中銀は最大限努力=カーニー総裁

[フランクフルト 14日 ロイター] – イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁は、欧州連合(EU)離脱への調整局面下ではインフレ抑制と景気下支えに最大限のことをするとの見解を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】週間為替展望(ポンド/加ドル)利上げはカーニー総裁がカギ

◆英7-9月期GDPが予想を上回り、来週2日の利上げ観測が高まる
◆ポンド、利上げ決定でも引き締めサイクル入りとはならず上値は限定的か
◆加ドル、12月利上げ期待後退で上値は重くなるも調整の買いも入りやすい
(国際金融情報部・金星)

予想レンジ
ポンド円 146.00-154.00円
加ドル円 86.50-90.50円

10月30日週の展望
 ポンドはイングランド銀行(BOE)政策会合の結果次第か。英7-9月期国内総生産(GDP)は前期比+0.4%と、4-6月期の+0.3%からやや加速した。高い結果とはいえないが、市場予想を上回り、来週2日のBOE金融政策委員会(MPC)で過半数の委員が約10年ぶりの利上げに賛成票を投じるとの見方が一段と強まった。ただ、欧州連合(EU)離脱決定後のポンド安でインフレ率が約5年ぶりの3%まで上昇した一方、賃金の伸びは鈍く、小売売上高は低迷している。EU離脱交渉も進展せず、協定なしに離脱する可能性もあり、現時点での引き締めは早すぎるとの見方も少なくない。
 9月会合で利上げを主張したサンダース氏、マカファーティー氏が引き続き利上げを支持すると見込まれる。近い将来に利上げ支持の可能性を示唆したブリハ氏、17年下期に利上げを支持する公算があるとの見解を示したホールデン氏も利上げを主張する可能性がある。一方、「自分の見方では経済は今年に入り明らかに減速した」と指摘したカンリフ副総裁、11月会合で利上げに賛成票を投じる準備はできていないと明言したラムスデン副総裁とテンレイロ氏は金利の据え置きを主張する可能性が高い。ブロードベント副総裁はカーニー総裁と歩調を合わせることが多く、利上げのカギはやはりカーニー総裁が握ることになりそうだ。最近のカーニー総裁は「今後数カ月内に利上げが必要になる可能性がある」との見解を維持している。今回の会合では四半期ごとのインフレ報告や新たな見通しも発表する予定で、金融政策変更には好都合といえる。ただし「早すぎる利上げ」が招く副作用や、EU離脱交渉の不透明感を考慮し、カーニー総裁が今回の会合では利上げの先送りを主張する可能性もある。利上げが決定されたとしても、引き締めサイクル入りするとは考え
られず、ポンドの上値は限られるか。
 カナダ中銀(BOC)による12月利上げ期待が後退し、加ドルの上値は重くなるも、下げは一服するか。BOCは今週、市場の予想通り政策金利の据え置きを決定した。声明では、時間とともに金融刺激策の必要性が減少する公算が大きいとし、将来の政策金利調整には一層の慎重さが必要になると指摘した。また、最近の加ドル高が2%のインフレ目標を達成する時期を遅らせる可能性があると述べ、経済はフル稼働に近い状況にあるものの、労働市場にはなお緩みが存在するとの見解を示した。北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉に伴う不透明感が、貿易や企業の設備投資に悪影響を与える可能性があり、引き続き加ドルの重しとなろう。
 声明文が予想以上にハト派寄りとなり、12月利上げ期待は後退した。ただ、今後の指標次第では今年3回目の利上げもありうる。BOC会合後に大幅下落した加ドルに調整も入りやすく、加ドルの下値は限られるか。来週は8月GDPや10月雇用指標が発表予定。

10月23日週の回顧
 ポンドは予想を上回るGDPで買われるも、ユーロの下落につられ伸び悩んだ。ポンドドルは1.32ドル後半、ポンド円は151円半ばを頭に失速した。加ドルはBOCのハト派声明が嫌気され、ドル/加ドルは7月以来の加ドル安水準となる1.28加ドル台まで上昇し、加ドル円は88円台に下落した。(了)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】週間為替展望(ポンド/加ドル)利上げはカーニー総裁がカギ

◆英7-9月期GDPが予想を上回り、来週2日の利上げ観測が高まる
◆ポンド、利上げ決定でも引き締めサイクル入りとはならず上値は限定的か
◆加ドル、12月利上げ期待後退で上値は重くなるも調整の買いも入りやすい
(国際金融情報部・金星)

予想レンジ
ポンド円 146.00-154.00円
加ドル円 86.50-90.50円

10月30日週の展望
 ポンドはイングランド銀行(BOE)政策会合の結果次第か。英7-9月期国内総生産(GDP)は前期比+0.4%と、4-6月期の+0.3%からやや加速した。高い結果とはいえないが、市場予想を上回り、来週2日のBOE金融政策委員会(MPC)で過半数の委員が約10年ぶりの利上げに賛成票を投じるとの見方が一段と強まった。ただ、欧州連合(EU)離脱決定後のポンド安でインフレ率が約5年ぶりの3%まで上昇した一方、賃金の伸びは鈍く、小売売上高は低迷している。EU離脱交渉も進展せず、協定なしに離脱する可能性もあり、現時点での引き締めは早すぎるとの見方も少なくない。
 9月会合で利上げを主張したサンダース氏、マカファーティー氏が引き続き利上げを支持すると見込まれる。近い将来に利上げ支持の可能性を示唆したブリハ氏、17年下期に利上げを支持する公算があるとの見解を示したホールデン氏も利上げを主張する可能性がある。一方、「自分の見方では経済は今年に入り明らかに減速した」と指摘したカンリフ副総裁、11月会合で利上げに賛成票を投じる準備はできていないと明言したラムスデン副総裁とテンレイロ氏は金利の据え置きを主張する可能性が高い。ブロードベント副総裁はカーニー総裁と歩調を合わせることが多く、利上げのカギはやはりカーニー総裁が握ることになりそうだ。最近のカーニー総裁は「今後数カ月内に利上げが必要になる可能性がある」との見解を維持している。今回の会合では四半期ごとのインフレ報告や新たな見通しも発表する予定で、金融政策変更には好都合といえる。ただし「早すぎる利上げ」が招く副作用や、EU離脱交渉の不透明感を考慮し、カーニー総裁が今回の会合では利上げの先送りを主張する可能性もある。利上げが決定されたとしても、引き締めサイクル入りするとは考え
られず、ポンドの上値は限られるか。
 カナダ中銀(BOC)による12月利上げ期待が後退し、加ドルの上値は重くなるも、下げは一服するか。BOCは今週、市場の予想通り政策金利の据え置きを決定した。声明では、時間とともに金融刺激策の必要性が減少する公算が大きいとし、将来の政策金利調整には一層の慎重さが必要になると指摘した。また、最近の加ドル高が2%のインフレ目標を達成する時期を遅らせる可能性があると述べ、経済はフル稼働に近い状況にあるものの、労働市場にはなお緩みが存在するとの見解を示した。北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉に伴う不透明感が、貿易や企業の設備投資に悪影響を与える可能性があり、引き続き加ドルの重しとなろう。
 声明文が予想以上にハト派寄りとなり、12月利上げ期待は後退した。ただ、今後の指標次第では今年3回目の利上げもありうる。BOC会合後に大幅下落した加ドルに調整も入りやすく、加ドルの下値は限られるか。来週は8月GDPや10月雇用指標が発表予定。

10月23日週の回顧
 ポンドは予想を上回るGDPで買われるも、ユーロの下落につられ伸び悩んだ。ポンドドルは1.32ドル後半、ポンド円は151円半ばを頭に失速した。加ドルはBOCのハト派声明が嫌気され、ドル/加ドルは7月以来の加ドル安水準となる1.28加ドル台まで上昇し、加ドル円は88円台に下落した。(了)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ユーロ/円など11通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年12月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ユーロ/円: 0.6銭 ⇒ 0.4銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

発言おさらい、ドラギ総裁、イエレン議長、カーニー総裁 ティラーソン国務長官 ザリーフ・イラン外相など

「発言おさらい、ドラギ総裁、イエレン議長、カーニー総裁 ティラーソン国務長官 ザリーフ・イラン外相など」

*ドラギ総裁=ユーロ圏の賃金とインフレについて、最終的に上昇するものの、当初の想定よりも緩やかなペースとなるとの見解を示した。

*ワイトマン独連銀総裁= 債券買い入れを通してユーロ圏経済を支援し続ける必要性はもはやない

*コンスタンシオECB副総裁=量的緩和策を通して買い入れた2兆ユーロを超える債券はECBにとり景気刺激を行うにあたり「非常に重要」であるとの考えを示した。

*カーニー英中銀総裁=英中銀が今後数カ月以内に政策金利を引き上げる見通しとしつつも、早ければ来月にも実施するかどうかについては言明することを避けた。

*イエレン議長=米経済は引き続き堅調だとの認識を示し、インフレは抑制されているものの、労働市場の強さを踏まえると段階的な利上げの継続が必要だ

*カプラン・ダラス連銀総裁=利上げに辛抱強くあるべき 利上げが行われても、金融政策はなお緩和的になる

*フィッシャーFRB副議長=12月に利上げを決定する公算は大きいた。ただインフレが低迷していることは慎重になる根拠となる

*エバンズ・シカゴ連銀総裁=インフレ率を目標とする2%に引き上げることを優先する必要がある 現時点でインフレ目標の達成が政策上最も優先する必要のある事項となっている

*ザリーフ・イラン外相=トランプ大統領が核合意を「認めない」という判断を示したことついて、今後、アメリカが経済制裁を再開した場合には核合意から離脱するのも選択肢の1つだ

*ティラーソン国務長官=北朝鮮の核・ミサイル開発への対応について、軍事的な選択肢を用意していることを強調しながらも、「外交努力は、最初の爆弾が投下されるまで続く」と述べた

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

ポンド円は148円台後半での推移続く カーニー総裁の発言には反応薄=NY為替チェック

 NY時間の終盤に入ってポンド円は148.70付近での上下動が続いている。きょうは米消費者物価指数(CP (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

発言おさらい、カーニー総裁 プラートECB専務理事 トランプ米大統領 米10万円減税、ハーカー総裁

「発言おさらい、カーニー総裁 プラートECB専務理事 トランプ米大統領 米10万円減税、ハーカー総裁」

*カーニー英中銀総裁=インフレ押し上げ圧力が継続する公算が大きい

*プラートECB専務理事=景気回復はまだインフレの上昇につながっていない

*トランプ大統領=次のFRB議長に誰を指名するか、3週間内に決定する考えを9月29日に明らかにした。

*コーンNEC委員長=トランプ大統領が発表した税制改革案について、2人の子どもがいる年収10万ドルの一般的な家庭で、1000ドルの減税が見込まれると述べた

*ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁=低調なインフレ動向を踏まえつつも、差し当たり12月の利上げと来年3回の利上げを引き続き想定している

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

発言おさらい、カーニー総裁 ハッチ上院財政委員長 中国とロシアの海軍 習主席とトランプ氏 金正恩

「発言おさらい、カーニー総裁 ハッチ上院財政委員長 中国とロシアの海軍 習主席とトランプ氏 金正恩」

*カーニー英中銀総裁=利上げが行われるにしても、限定的で緩やかなものになる

*プラートECB専務理事=インフレ率を目標とする2%付近へ引き上げるため、金融政策によるかなりの刺激策が引き続き必要

*ハッチ上院財政委員長(共和党)=税率をトランプ大統領が目指す15%まで引き下げることは困難

*中国とロシアの海軍=北朝鮮付近で合同軍事演習を開始

*習主席とトランプ氏が電話会談=北朝鮮情勢を巡り意見交換を行った

*レーン・カナダ中銀副総裁=カナダの金利は通常の水準と比べて依然低い、カナダドルを強く考慮に入れる

*金正恩・朝鮮労働党委員長=米国との軍事力均衡を目指す

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

カーニー総裁の講演控えポンドが利益確定売り ポンド円は伸び悩み=NY為替チェック

 ロンドン時間以降、ポンドが売りに押されている。ポンドドルは1.36台に一時上昇したが、1.3530付近まで (つづきはこちらから)

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【見通し】ロンドン為替見通し=カーニー総裁のポンド高への見解に要警戒

本日のロンドン為替市場では、イングランド銀行(BOE)の早期利上げ観測を背景にしたポンドの上伸余地を見極める展開となる。昨年6月のブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)で下放れたポンド相場の攻防の分岐点は、ポンドドルは1.4000ドル、ポンド円は152円付近となり、政治的要因での売りが、政策金利引き上げ観測という経済的要因の買いで相殺されようとしている。
 本日は、カーニーBOE総裁の講演が予定されており、英中銀金融政策委員会(MPC)が示唆した早期利上げ観測、ポンド高への見解に要警戒となる。
 本日は、ユーロ圏8月の消費者物価指数・確報値(予想+1.5%)が発表されるが、速報値+1.5%と同じならば動意なしだが、下方修正された場合には要警戒か。

想定レンジ上限
・ポンド円の上値めどは15日高値の151.55円。

想定レンジ下限
・ポンド円の下値めどは本日安値の150.44円。

(山下)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン!
当社ではユーロ/米ドル、ポンド/円など9通貨ペアスプレッド縮小キャンペーンを本年9月30日(土)まで提供します!
●ユーロ/米ドル: 0.5pips ⇒ 0.3pips原則固定(例外あり)
●ポンド/円: 1.1銭 ⇒ 1.0銭原則固定(例外あり)
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/renew/spread.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

発言おさらい、カーニー総裁、ワイトマン総裁、トランプ大統領

「発言おさらい、カーニー総裁、ワイトマン総裁、トランプ大統領」

*カーニー英中銀総裁=利上げの可能性が確かに高まった

*ワイトマン独連銀総裁=ユーロ圏がデフレに陥る可能性がほぼ消え、ECBが大規模な資産買い入れを行う根拠は無くなったとして、刺激策を縮小すべき

*トランプ米大統領=法人税率15%程度に低下させるように努める

*ブレイディ下院歳入委員長=25日に公表予定の税制改革案に、個人もしくは法人の所得税率の具体的な数字は盛り込まれない

*ティラーソン米国務長官=北朝鮮に「現在の路線」を見直すよう促すため、中国が石油供給という「強力な手段」を使うことに期待感を示した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

NY外為:ポンド高値探る、BOE年内の利上げ観測、カーニー総裁もタカ派に転じる

NY外為市場では英国中央銀行による年内の利上げ観測が強まり、ポンドは高値を探る展開となった。ポンド・ドルは1.3306ドルから1.3404ドルまで上昇し、2016年9月来の高値を更新した。ポンド・円は147円36銭から148円34銭まで上昇し、昨年12月来の高値を更新。ユーロ・ポンドは0.8920ポンドから0.8867ポンドまで下落し、7月20日来の安値を更新した。
英国中銀は金融政策決定会合で市場の予想通り、政策金利を0.25%、資産購入枠を4350億ポンドで据え置くことを決定した。決定は7対2。
声明の中で、経済成長やインフレ圧力上昇が続いた場合、今後数カ月に利上げを実施する必要があるとの見解を示した。また、過半数の委員が向こう数カ月で金融緩和策の削減を見込んでいる。続いて、カーニー総裁はTVインタビューで、英国の物価がポンド安の影響で上昇していると指摘。今後数か月内に金利調整が必要となる可能性があると繰り返した。加えて、自分も金融刺激策の変更の見解を示した委員の一人であることを明らかにした。カーニー総裁は前回会合まで英国の欧州連合(EU)離脱による影響が不透明だとし、「異例な金融緩和が依然必要だ」と慎重な姿勢を維持していたが、タカ派に転じた。
[金融政策]
・英中銀金融政策委員会
・政策金利を0.25%に据え置き決定
・資産購入枠を4350億ポンドに据え置き決定

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

発言おさらい 人民元、カーニー総裁、トランプ大統領

「発言おさらい 人民元、カーニー総裁、トランプ大統領」

*人民銀行=共産党全国代表大会後に人民元の許容変動幅を拡大することを検討

*カーニー総裁=とりわけ投資低迷など、ブレグジットを巡る不透明感は、経済がインフレを押し上げることなく、以前ほど速いペースで成長できないことを示している。成長が小幅に改善するだけで利上げが   前倒しされる可能性がある

*トランプ大統領=米国がメキシコとの国境に壁を建設する計画について、トランプ米大統領がメキシコのペニャニエト大統領に対しメキシコは費用を支払わないと公の場で発言しないよう求めていたことが分  かった
*トランプ大統領=米ロ関係は「過去最低で非常に危険な水準」まで冷え込んだとし、こうした状況になったことの責任は米議会にある

FX為替ニュース

, , , , , ,

発言おさらい、カーニー総裁、ウクライナ新国家、トランプ大統領、ミサイル精度、ロス長官 ムニューシン長官

「発言おさらい、カーニー総裁、ウクライナ新国家、トランプ大統領、ミサイル精度、ロス長官 ムニューシン長官」

*カーニー英中銀総裁=CPIの伸びが6月は鈍化したものの、大きな視点で見れば物価を巡る状況は大きく変化していない 英ポンドの下落がなおインフレ押し上げ要因となっている

*ウクライナ東部の親ロシア分離主義勢力=中央政府からの独立を主張して一方的に設立した2つの共和国を統合し、新国家を樹立すると宣言した。宣言は予想外で、ウクライナ中央政府や欧州諸国が激しく抗議

*民主党ファインスタイン議員=ドナルド・トランプ・ジュニア氏とトランプ陣営の選対本部長だったマナフォート氏の議会証言を、同問題を捜査しているロバート・モラー特別検察官が承認した

*トランプ大統領=We were let down by all of the Democrats and a few Republicans. Most Republicans were loyal, terrific & worked really hard. We will return!

*米統合参謀本部セルバ副議長=北朝鮮のミサイルについて、飛距離は確保したもののミサイルを標的に誘導する能力に欠けており、米国を正確に攻撃する能力はない

*ロ​ス​米​商​務​長​官=​米​中​間​の​貿​易​に​は​深​刻​な​不​均​衡​が​あ​る​

*ム​ニ​ュ​ー​シ​ン​米​財​務​長​官=​米​政​権​は​貿​易​上​の​公​平​な​条​件​を​求​め​る

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

英賃金伸びず 先週に続き 弱い指標、カーニー総裁は利上げ示唆だが

*英国3─5月の実質賃金(ボーナス含む)は0.7%低下と、2014年半ば以来の大幅な低下となった。

雇用情勢は良好だが、実質総所得は再び下がった。週給が伸び悩む一方、インフレの進行が続いている

*先週も製造業PMI、鉱工業生産、弱く
貿易も赤字基調継続

FX為替ニュース

, , , , , ,

カーニー総裁 本日インタビューあるようです

金融政策の方向性に関する発言内容 が、コロコロ変わるカーニーBOE総裁今 ガーディアン紙を読んでいたら、カーニー総裁が本日、ブルーンバーグTVで、インタビューを受ける と書いてありました。ブルーンバーグTVの時間表をチェックしてみましたが、具体的には確認できず・・・一応 ガーディアン紙では、「ロンドン時間 午前11時30分 (日本時間 19:30)」 と出てました。まぁ、さすがに昨日の今日で、発言内容を大きく変

FX為替ニュース

, , , , ,

今度はカーニー総裁で金利上昇

10年債 2017年        
  6月22日 6月23日 6月26日 6月27日 6月28日
フランス 0.6 0.6 0.6 0.73 0.72
ドイツ 0.26 0.26 0.25 0.37 0.37
ギリシア 5.61 5.42 5.44 5.49 5.5
独ギリ金利差 5.35 5.16 5.19 5.12 5.13
アイルランド 0.65 0.74 0.74 0.88 0.88
スペイン 1.38 1.37 1.37 1.47 1.43
ポルトガル 2.95 2.94 2.93 3.05 2.97
日本国債 0.055 0.05 0.05 0.045 0.06
英国債 1.02 1.04 1.01 1.09 1.16
米国 2.15 2.14 2.14 2.2 2.22
2.39 2.39 2.37 2.44 2.47
NZ 2.79 2.75 2.75 2.75 2.81
南ア 7.58 7.53 7.53 7.62 7.68
カナダ 1.5 1.48 1.46 1.57 1.62
イタリア 1.38 1.91 1.9 2.04 2.02
トルコ 10.14 10.17 10.17 10.17 10.26
ブラジル 10.63 10.7 10.65 10.65 10.75
スイス -0.16 -0.16 -0.16 -0.12 -0.1

FX為替ニュース

, , , ,