今日のテクニカル見通し:豪ドル/円

豪ドル/円は上値抵抗となっていた93円台前半を突破すると、先月29日に95.948円の高値を記録。その後の下押しは今月5日の93.474円までとなっており、早くも93円台前半が下値支持となっています。

また、足元で概ね93円台前半から96円のレンジを形成しつつあり、目先はこのレンジを上下どちらに突破するか注目です。

AUDJPY_150508.JPG
(上記豪ドル/円の外貨ネクストネオのチャートは5/8の9:27現在)

まず上値は、94.60円台に日足の一目均衡表の転換線(94.641円)や6日線(94.672円)があり、軽い抵抗となっています。攻防の分岐点しては95-96円台であり、この辺りに多数の目標値が集まっています。また、現時点では週足に上ヒゲの長い足が2本連続して立っており、今週も上ヒゲの目立つ足型が確定するようですと、来週以降は上値の重さを嫌気して反落局面に入る事も考えられます。よって、このレベルでの攻防の行方には要注意です。もし突破できれば、週足の一目均衡表の雲の上限(96.845円)や14年11/21高値102.837円-15年2/3安値89.373円の下げ幅61.8%戻し(97.694円)、14年12/29高値(98.306円)を順位試す事となりそうです。

反対に下値は、93円台前半が下値支持として機能できるかが焦点です。近くには20日線(93.165円)、すぐ下には75日線(92.845円)もあり、下押しが浅いとこのレベルでの反発が予想されますが、これらで下げ止まらないようですと下値余地が拡大しそうです。その際は90円ちょうどの大台が下値を支えるか注目です。

○上値目処
94.641円(日足の一目均衡表の転換線)
94.672円(6日線)
95.079円(週足の一目均衡表の雲の下限)
95.229円(26週線)
95.523円(200日線)
95.533円(52週線)
95.948円(4/28高値)
96.105円(14年11/21高値102.837円-15年2/3安値89.373円の下げ幅1/2戻し、週足の一目均衡表の基準線、バンド上限)
96.845円(週足の一目均衡表の雲の上限)
97.694円(14年11/21高値102.837円-15年2/3安値89.373円の下げ幅61.8%戻し)
98.306円(14年12/29高値)

○下値目処
93.474円(5/5安値)
93.210円(日足の一目均衡表の基準線)
93.198円(4/22高値)
93.165円(20日線)
93.073円(週足の一目均衡表の転換線)
92.957円(13週線)
92.842円(75日線)
92.614円(日足の一目均衡表の雲の上限)
92.435円(日足の一目均衡表の雲の下限)
91.803円(3/11安値)
91.540円(4/15高値)
90.473円(4/14安値)
90.315円(バンド下限)
90.198円(4/2安値)
90.053円(14年3/3安値)
※6日線など、特に注のないものは本稿執筆時点でのデータです。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

雇用統計ライブ!

5月のGWが終わった早々、いきなり雇用統計の発表があります!   今週水曜日に発表された「ADP全米雇用報告」ですが、先月に続き今回も予想を下回る結果となりましたが、果たして、それが雇用統計にどう響くのでしょうか?今月の雇用統計ライブは2015年5月8日(金)21:00~21:40 5月8日(金)の雇用統計Liveでは、雇用統計の発表を挟んでドル円レートが上がるか下がるかを当てるキャンぺーンを実施いたします。キャンペーン対

FX為替ニュース, 未分類

, , ,

日経平均は反発、前日の反動 大手銀行株が堅調

[東京 8日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で日経平均は反発。前日の大幅な下落の反動に加え、米国株高など外部環境も支えに買い戻しの動きがみられる。ソフトバンクの上げが指数を下支えしているほか、大手銀行株がしっかり。米ユニバーサルとの提携を発表した任天堂が大幅高となっている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【指標】日銀金融政策決定会合議事要旨(4月7・8日分)15/05/08

・本邦の景気は緩やかな回復基調を継続している
・景気の先行きについても緩やかな回復基調を続けていく公算
・消費者物価の前年比は、エネルギー価格下落の影響から当面0%程度で推移するとみられる
・2%の物価安定の目標の実現を目指し、必要な時点まで「量的・質的金融緩和」を継続
・消費者物価は2015年度を中心とする期間に2%程度に達する可能性が高い
・海外経済は、一部になお緩慢さを残しつつも、先進国を中心に回復している

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

今日の焦点、米雇用、中国・独英貿易、日銀議事録、RBA報告、トヨタ

「今日の焦点、米雇用、中国・独英貿易、日銀議事録、RBA報告、トヨタ」

*仲値=5月8日(金)週末で外貨需要多い
*講演=ジョルダン・スイス中銀総裁、コンスタンシオECB副総裁
*決算=味の素、帝人、東レ、テルモ、三井金、フジクラ、住友重、GSユアサ、OKI、三菱重、IHI、トヨタ、富士重、オリンパス、バンナムHD、丸紅、三井物、三菱商、日通、NTTデータ、サッポロHD、昭電工、ライオン、楽天、旭硝子、ユニチャーム
*外貨投資=T&Dアセットマネジメント 資源ツインαファンド(通貨選択型)
*今日の注文=別途掲載

(予定)

未定 (中国) 4月貿易収支 前+30.8億USD 予+342.5億USD

08:50 (日) 日銀金融政策決定会合議事要旨(4月7・8日分)

10:30 (豪) RBA四半期金融政策報告

14:45 (スイス) 4月失業率 前3.4% 予3.3%
15:00 (独) 3月鉱工業生産 [前月比] 前+0.2% 予+0.4%
15:00 (独) 3月貿易収支 前+195億EUR 予 +200億EUR
15:00 (独) 3月経常収支 前+166億EUR 予+200億EUR
16:15 (スイス) 4月消費者物価指数 [前年比] 前-0.9% 予-0.9%

17:30 (英) 3月商品貿易収支 前-103.40億GBP 予-98億GBP
21:15 (加) 4月住宅着工件数 前+18.97万件

21:30 (米) 4月非農業部門雇用者数 前+12.6万人 予+23.0万人
21:30 (米) 4月失業率 前5.5% 予5.4%
21:30 (加) 4月雇用ネット変化 前+2.87万人
21:30 (加) 4月失業率 前6.8%

(昨日の他市場)

*中国株=IPOでの需給悪化懸念、印紙税の引き上げ観測、信用取引の規制強化を含む引き締め策への警戒感で大幅続落
*米株=アリババ決算好感、原油下落、欧州金利低下で上昇
*米債券=欧州金利低下、原油価格低下で利回り低下
*貴金属=ドル高、株高で下落
*原油=米エネルギー情報局(EIA)の米国需要は今年1.7%増加にとどまり、生産は6.3%も伸びる見通しとなり、 需要が強くないとの見方が広まり下落
*穀物(大豆、コーン)=ドル高で下落

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,