著者アーカイブ: FXの初心者

【2014/09/29】10月の為替を予想する=中期円安の「最後の最後」の可能性

◆要約◆・記録的小動き終了後、9月は一転円安への大相場に。これは経験則通り。・ただ購買力平価との関係で見ると、今回は2007年同様円安クライマックスの可能性。1.円安は新たな始まりか、それとも終わりか?!今週から10月になります。そこで今回は10月の為替を予想するといったテーマで考えてみたいと思います。8月まで…

FX為替ニュース

, ,

米国の株高・金利上昇を受けドル全面高!

2014/9/29 トレイダーズ証券「みんなのFX」
 先週金曜日のドル円は、東京市場の午前では、前日のNY市場でNYダウの大幅下落から日経平均株価の下落を見越した売りが先行し108.50円付近まで下押ししました。売り一巡後は、徐々に値を戻し、塩崎恭久厚生労働相が閣議後の会見で「(GPIF改革)先送りの意図は全くない」などと発言すると円売り・ドル買いが優勢となりました。また時間外の米10年債利回りが上昇したことも相場の支援材料となり、一時109.10円付近まで急速に上昇しました。午後では、急速に上昇した反動で108.90円近辺まで戻したものの下値は堅く109円を挟んだ動きが続きました。欧州市場では、米長期金利が低下に転じたことを嫌気して上値が伸び悩みました。NY市場では、4-6月期米国内総生産(GDP)が予想通りの結果となったほか、米長期金利の上昇を支えに109.20円近辺まで上値を伸ばしました。引けにかけては、NYダウが200ドル超高となったことを支えに一時109.533円と2008年8月29日以来の高値となりました。ただ、買い一巡後は、週末を控えた利益確定の売りに押され前日比では0.569円高い109.283円で取引を終えました。
≪2014年9月26日クローズ時点≫
ドル・円   :「ベア」 売り60% 買い40%
ユーロ・円  :「ベア」 売り53% 買い46%
英ポンド・円 :「ブル」 売り47% 買い53%
豪ドル・円  :「ブル」 売り11% 買い89%
NZドル・円  :「ブル」 売り 9% 買い91%
ユーロ・ドル :「ブル」 売り41% 買い59%
【今日の主な経済指標】
17:30 GBP 消費者信用残高[前月比] 8月
17:30 GBP マネーサプライM4[前月比] 8月
17:30 GBP マネーサプライM4[前年同月比] 8月
18:00 EUR 消費者信頼感(確定値) 9月
21:00 DEM 消費者物価指数(CPI、速報値)[前月比] 9月
21:30 USD 個人消費支出(PCE)[前月比] 8月
21:30 USD 個人所得[前月比] 8月
21:30 USD 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)[前月比] 8月
23:00 USD 住宅販売保留指数[前月比] 8月
— 今日のトレードポイント —
ドル円は、8月から続いていた急ピッチでの上昇局面が一服していたものの、米長期金利の上昇を支えに一時109.533円と2008年8月29日以来の高値となりました。NYダウは、再び17,000ドル台を回復し、株高・金利上昇による円安地合いが続きそうです。今週は、米雇用統計など重要なイベントが数多く控えているため、結果次第では荒い値動きとなることが予想されます。なお月末・中間期末ということもあり、輸出企業の円転など月末の需給要因にも注意しつつ、基本スタンスは強気の押し目買いで取引に臨みたいところです。
[今日の予想レンジ]
ドル・円 108.40-109.40  ユーロ・円 138.00-142.00  ポンド・円 175.00-180.50

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★

—————
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
—————
トレイダーズ証券「みんなのFX」

FX為替ニュース

, , ,

続・円安はクライマックスかもしれない

中期円安トレンドがピークアウトする前には、クライマックスとばかりにドル高・円安が加速するのがこれまでも普通だった。過去3回の中期円安トレンドのピークアウトについて調べてみると、ピーク前3か月のドル最大上昇率は6‐12%だった

FX為替ニュース

, , , , , ,