FXプライムbyGMOさんのお客様からの質問

水曜日に FXプライムbyGMOさんでオンライン・セミナー をやらせていただきます。

そのため、お客様からたくさんの質問を頂戴いたしました。

かなり難しい質問があり、答えに戸惑いますが、その中でも「切実度の高い質問」をここで選び、お答えさせていただこうと思います。

セミナー資料は既にお渡ししてますが、かなり大量です  そのため、答えるのに時間がかかるものは、私のこのブログで対応させていただけると幸いです。



質問:
昨年12月まで利益が出ていましたが、今年に入り、負けが続いています。
同じ手法ですが、何が原因で勝てなくなったのでしょう?
相場環境が変わったのでしょうか? 現在、再度エントリー条件を見直してますが、他に対策はありますか?




みなさん ご存知のように、私はファンダメンタルズでマーケットを考え、イン/アウトのタイミングをチャートで見ています。そのため、「手法」というものは特に意識しておらず、唯一 ベガス方式を使ったり、時々 200移動平均線を参考にする程度です。

この質問者の方にお聞きしたいのは、

「全てのマーケットで、いつどこでも、勝てる手法が、あると思いますか?」

もしあるのなら、私にも教えてください   一生 楽して暮らせます 

勝つことと、勝ち続けることは、違う。そこも認めて欲しいと思いました。





私は、毎年 マーケットのテーマを決めて、それが変更されるまで、忠実にフォローしています。

例を挙げれば、

・2016年  Brexit
・2017年 ヨーロッパでの選挙(特にフランス大統領選)
・2018年 米中間選挙に向けたノイズと、金利の正常化(英欧)


こんな感じで、まずその年のテーマを決めるようにしています。そして、通貨の天秤を作り、テーマと合う通貨ペアを探して、取引の参考にするやり方です。



ご質問にある「相場環境」というのは、流動性のことでしょうか? それは、毎年というより、その時々により、変わってくると思います。ただ、今年に関しては、アメリカはバランスシート縮小  ユーロ圏はテーパリングの真っ最中  英国は流動性の部分には一切タッチせずに、金利の引き上げで対応しています。

アメリカがバランスシートを縮小するのなら、ドルの流動性のある程度の縮小はやむを得ず、結果としてドル高になりやすい・・・ という記事を読んだことがありますが、実際のマーケットでは、そうなっていません。逆に、流動性はそのままにしている英国のポンドが買われています。



私がファンダを使っているから言うのではありませんが、テクニカル一辺倒で行くと、マーケットを動かしているテーマやファンダの部分の流れが見えなくなることもあり、軋みが出てくることがあるように感じています。もちろん、テクニカルだけで勝っている人もおりますので、これはあくまでも私の感じ方ですので、反論がある方は、申し訳ありません。

ファンダだけで勝てる! と言うつもりは毛頭ございませんが、両方をバランスよく混ぜてあげると、より精度が上がるのではないでしょうか?

そういう意味では、私はもっとテクニカルのお勉強をしないとなりません  



dealers.jpg






4月18日(水曜日) ロンドンの自宅からWEBセミナーをいたします。

ヨーロッパ、ロンドンから見た為替相場全般、経済事情を解説します。特にユーロ、ポンド相場に対する見方は必見です。ドル円はトレードするけど、ユーロやポンドは苦手という方、ぜひ本セミナーを受講ください。トレードの幅がさらに広がるはずです。


お申し込みは、   このバナーをクリックしてくださいね 

どなたでも参加できます   皆様のご参加をお待ち申し上げております。

Net Money




Net Money


FXプライムbyGMO