NY外為:ドル・円安値から反発、ダウ下げ幅縮小、米国の対中関税発表後

NY外為市場でリスク回避の動きが一段落した。ドル・円は3月初旬来の安値105円26銭から105円74銭まで反発。ユーロ・円は129円50銭の安値から130円20銭まで反発した。ユーロ・ドルは1.2286ドルの安値から1.2320ドルまで反発。
一時500ドル超下落していたダウ平均株価は米国の対中関税発表後、下げ幅を縮小。米国東部時間午後12時30分現在315ドル安で推移した。米政府は中国への知財侵害関税、500億ドル相当を発表。これにより、交渉が開始すると楽観的な見方が浮上、株式相場の下げ幅が縮小した。