【テクニカル】日経平均株価テクニカル分析-終値は年初来安値更新 RSIは底固め進展

2/13の日経平均株価は続落。終値ベースで年初来安値を更新した。米国株高を受けて買い先行となったが、2/9の下げで形成したチャート上の「マド」埋め一巡で上げ幅を縮小。後場はマイナスに転じ、強い下げが続く5日移動平均線(21,554円 2/13)下に押し戻される格好となった。
 RSI(9日)は18.6%→19.7%に上昇。2月限のSQ(21,190円)が目先のサポート水準として意識される可能性も高く、あすの5日移動平均線の下落モメンタムの減退が株価押し上げの援軍になるかが注目される。1/23高値(24,129円)から2/6安値(21,078円)までの下げに対する半値戻し22,603円、あるいは昨年12月になかなか上回れなかった23,000円付近を早期に回復できるかが、再び強気に転じる条件となる。
 
 一方、先週2/6の大幅安によってトレンド転換をみる新値10本足が陰転(弱気転換)した。2015年6月高値20,952円(終値ベースは20,868円)、昨年6/20高値20,318円(終値ベースは20,230円)などが視野に入ってきたといよう。

当面、上値メドになりやすいのは、2/7高値22,353円、2/5安値22,659円、2/2安値23,122円など。75日移動平均線(22,792円、2/13)、10日移動平均線(22,360円、同)、25日移動平均線(23,221円、同)なども重要である。
 下値の目安は、2/6安値21,078円、2015年6月高値20,952円(終値ベースは20,868円)、昨年6/20高値20,318円(終値ベースは20,230円)、20,000円〜昨年9/15高値19,933円などが考えられる。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]直感的な操作性と21種類のテクニカル分析機能付きチャートを核とする投資情報ツール!『G.comチャート』はこちら⇒http://www.gaitame.com/srvlist/gchart/

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/