ドル・円:ドル・円は一段高、ユーロ・ドルの弱含みで

 17日午後の東京市場でドル・円は一段高となり、一時110円88銭まで強含んでいる。ユーロ・ドルが午後弱含み朝方付けた安値付近まで値を下げたことから、ドルの下押し圧力が後退。また、米株式先物はまちまちだが、反転を期待したドル買いも観測される。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円20銭から110円88銭、ユーロ・円は135円29銭から135円89銭、ユーロ・ドルは1.2255ドルから1.2323ドルで推移した。