ドル・円は一段高、欧米株高で米長期金利上昇

[欧米市場の為替相場動向]

 ドル・円は前日NY高値を上抜け一段高。足元は上値を追う展開で112円45銭まで強含んでいる。欧州株は大方上げ、米株式先物はプラス圏で推移し、米10年債利回りが2.3954%まで上昇しており、ドル買い・円売りが優勢になっている。
 ドイツの11月失業率は横ばいで、失業者数は予想以上に減少したが、ユーロ買いにつながらず、ユーロ・ドルは1.1833ドルまで下落している。
 ここまでの取引レンジは、ドル・円は112円26銭から112円45銭。ユーロ・円は133円07銭から133円25銭、ユーロ・ドルは1.1833ドルから1.1867ドルで推移。