LDNFIX=ドル円、米CPIと北朝鮮懸念で神経質

 ロンドンフィックスにかけてはドル円がやや神経質な動き。8月の米消費者物価指数が市場予想を上回る+0.4%と、1月以来の高い伸びを記録し、米新規失業保険申請件数は28.4万件と前週から改善したことを受けて、ドル円は一時8月4日以来の高値となる111.04円まで上昇した。ただ、北朝鮮がミサイル発射を準備しているとの報道を受けて110.32円まで押し戻された。ダウ平均は前日終値を挟んでの小動きにとどまっている。
 ポンドは一段高。ポンドドルは1.3373ドルまで上値を伸ばし、ポンド円は一時148.13円まで急伸した。イングランド銀行(BOE)の政策イベントを受けて早期利上げ期待が再燃した。一方、ユーロドルは1.18ドル後半で上値が重く、ユーロ円は131円半ばで小動き。
 オセアニア通貨は小動き。豪ドル/ドルは0.79ドル後半、豪ドル円は88円前半で動きが鈍く、NZの総選挙で野党労働党のリード報道を受けて下落したNZドルは下げが一服し、NZドル/ドルは0.72ドル近辺、NZドル円は79円後半で推移。