【ディーラー発】ユーロドル強含み(東京午後)

午後に入り、ユーロドルは米債利回りの低下基調を嫌気したドル売りの流れを受け、昨日高値を上抜けると1.1992付近まで上伸。一方、ドル円は日経平均の上昇幅縮小や対ユーロでのドル売りが波及し一時109円97銭付近まで軟化したものの下値は限られ、現在は110円10銭付近で膠着状態。また、クロス円は手掛かり材料に欠けユーロ円が131円後半で、ポンド円が146円半ばで揉み合いとなっている。14時17分現在、ドル円110.131-141、ユーロ円131.948-968、ユーロドル1.19810-818で推移している。