ギャップ上昇 投資戦略を市場は過小評価との指摘=米国株個別

 ギャップが上昇。アナリストが投資判断を「買い」に据え置き、目標株価を従来の35ドルから39ドルに (つづきはこちらから)