加ドル円は89円前半で底堅い値動き

 先週末の加ドルは、原油価格の急落により対ドルでは1.20加ドル後半から1.21加ドル半ば、対円では89円半ばから88円半ばへ弱含んだ。本日は、ドル/加ドルが1.2150加ドルを挟んで小動きの一方、加ドル円は底堅く推移している。加ドル円は、88円後半のオセアニア市場オープン水準を底に89.33円まで上昇し、その後の押しも浅い。現在は89.25円前後での値動き。NY原油は時間外で47.85ドル付近と、先週末引けから上昇して取引されている。