前場の日経平均は反発、北朝鮮への警戒感が後退

[東京 11日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比266円54銭高の1万9541円36銭となり反発した。北朝鮮が9日の建国記念日に挑発行動に出なかったことや、為替の円高一服などで幅広い銘柄が買い戻された。一時300円近く上昇し、外需大型株の一部は一段高となった。朝方発表された機械受注が好調で、コマツなど関連銘柄が賑わった。