月次アーカイブ: 2017年9月

【市場の噂】2020年はオプラ・ウィンフリー vs ドナルド・トランプか

米国の著名TV司会者兼プロデューサーであるオプラ・ウィンフリー氏は2020年の米大統領選挙における民主党の最大の期待の星になるとの見方が広がっている。トランプ大統領に勝てるのは女性候補しかいないとの見方は以前から広がっていたが、民主党の有力女性議員よりもワシントンでの経験がない(政治家としての経験がない)ウインフリー氏が適任との見方が浮上している。
トランプ大統領は政治家としての経験・実績はなかったが、事業家としての知名度は極めて高いことが利点とされていた。識者の間では「ワシントンではアウトサイダーだったトランプ氏が国務長官の経験があり、知名度も高いクリントン氏に勝利し、大統領に選出されたことから、2020年の大統領選でも同じことが起きる可能性は否定できない」との声が聞かれている。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

来週の海外イベントスケジュール

1日○豪州が夏時間に移行○スペイン・カタルーニャ州独立の是非を問う住民投票2日○16:15 ◇ 8月スイス小売売上高○16:30 ◇ 9月スイスSVME購買部協会景気指数○16:50 ◎ 9月仏製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値○16:55 ◎ 9月独製造業PMI改定値○17:…

FX為替ニュース

, , , ,

来週の国内イベントスケジュール

2日○08:50 ☆ 日銀・企業短期経済観測調査(短観、9月調査)3日○08:50 ☆ 日銀・企業短期経済観測調査(短観・企業の物価見通し、9月調査)○08:50 ◇ 8月マネタリーベース○14:00 ◇ 9月消費動向調査(消費者態度指数 一般世帯)4日○08:50 ◇ 対外対内証券売買…

FX為替ニュース

, , , ,

【見通し】週間為替展望(ドル/ユーロ)-朝鮮半島情勢と米雇用統計に注目

◆ドル円は伸び悩みか、10月10日の朝鮮労働党創建日に向けた地政学リスク警戒で
◆9月調査の日銀短観と9月の米雇用統計に要注目
◆ユーロは、独仏政局への警戒感と資産購入プログラム延長の可能性から軟調推移か
(国際金融情報部・山下政比呂)

予想レンジ
ドル円 110.00-115.00円
ユーロドル 1.1500-1.2000ドル

10月2日週の展望
 ドル円は伸び悩む展開を予想する。ドル円は、10月の衆議院解散・総選挙、日米金融政策の乖離、トランプ政権の税制改革の進展期待などから、113円台まで堅調に推移した。しかし、朝鮮半島の地政学リスクや米国のインフレ鈍化への警戒感は払しょくされず、ドル円は115円を上抜けて上昇する可能性は低いと予想する。
 朝鮮半島情勢では、10月10日の朝鮮労働党創建72周年記念日から18日の中国共産党大会にかけて緊張状態が続くことから、地政学リスク回避の円買いがドル円の上値を抑える構図に変わりはない。北朝鮮は太平洋上での水爆実験強行を警告している。大陸間弾道ミサイル(ICBM)をグアム周辺海域に発射した場合、マティス米国防長官は軍事行動の可能性を警告している。朝鮮半島で軍事衝突が始まるなら有事の円買いとなりやすい。しかし、北朝鮮外務省の崔華妃米州局長が9月に2度もモスクワを訪問しており、ロシアに対して米朝間の仲介役を要請している可能性がある。
 トランプ政権が税制改革案を公表したことで、米議会で審議・採決が早まる可能性が高まっていることはドル買い材料である。しかし、モラー特別検察官によるロシアゲート疑惑の捜査が進展していることは、売り材料となりうる。9月調査の日銀短観と米国9月の雇用統計が予想外の数字だった場合には、売り圧力が高まることも考えられる。
 ユーロドルは軟調な推移を予想する。10月26日の欧州中央銀行(ECB)理事会でのテーパリング表明が示唆されたものの、期間再延長の選択肢が温存されていることに加え、複数のECB高官がインフレ抑制や景況感悪化につながるユーロ高への警戒感を示していることで上値は限定的か。さらに、ドイツ議会選挙でポピュリスト政党の「ドイツのための選択肢(AfD)」が躍進し、メルケル首相の連立政権協議が難航している。フランス上院選挙でマクロン大統領の与党である「共和国前進」が議席を減らしたこともあり、独仏の政局混迷懸念もユーロ売り材料となる。ユーロ円は、10月の衆議院解散・総選挙や日欧金融政策の乖離は買い材料だが、資産買入期間の延長の可能性、独仏政局混迷懸念、ユーロ高けん制への警戒感、朝鮮半島情勢を巡るリスク回避の円買いなどで上値は限定的か。

9月25日週の回顧
 ドル円は、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での追加利上げを再確認したこと、トランプ政権の税制改革案が公表されたことで、111.48円から113.26円まで上昇した。安倍首相が10月に衆議院を解散して、消費増税の使途変更を争点とする総選挙を示唆したことや、北朝鮮の崔華妃米州局長によるモスクワ訪問が米朝関係を改善させるとの期待も円売り材料となった。ユーロドルは、10月のECB理事会での資産購入プログラムの期間延長の可能性、独仏政局への警戒感が高まったことで、1.1937ドルから1.1717ドルまで下落した。ユーロ円は、ユーロドルの下落に連れ安となり、134.24円から131.75円まで下落した。(了)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , , ,

【見通し】週間為替展望(豪ドル、南ア・ランド)-商品弱く、豪ドル売りに

◆NZの政局混迷と商品市況の下落で豪ドルの上値は重いか
◆RBA高官は利上げに慎重、金融政策にサプライズは無いか
◆南ア航空の資金繰り問題・商品下落でZARは対ドルでは5月以来の安値
(国際金融情報部・松井 隆)

予想レンジ
豪ドル円 86.00-92.00円
南ア・ランド円 7.90-8.60円

10月2日週の展望
 豪ドル円は引き続き調整の売りで、上値が限定的か。イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演で、米国の今年もう一度の利上げはほぼ確実ということが確認された。一方、豪準備銀行(RBA)は利上げに対して慎重な姿勢が変わらないこともあり、豪ドルはドル高の影響を受けて、上値も限定的になりそうだ。金利相場になったときは円が一番売られやすいものの、NZの政局不安もありオセアニア通貨も円同様に売られやすいだろう。一部世論調査では豪与党・保守連合の支持率は46%で野党・労働党の54%よりも低く、NZよりも政権の交代の可能性が高いことも豪ドルの足かせとなりそうだ。商品市況の上値が重くなっていることも、豪ドルの上値を圧迫するだろう。
 豪州からは3日に8月の住宅建設許可件数、RBAの政策金利、5日に8月の貿易収支、小売売上高が発表される。RBAの政策金利は、ここ最近のRBA高官の発言をみると1.5%の据え置きが予想される。政策金利発表後に公開される声明文も、これだけ利上げに慎重な発言が繰り返されていることを考えるとサプライズは無いと思われる。豪経済に影響を与える中国では国慶節が始まり、祝日が続くため経済指標の発表は予定されていない。
 南ア・ランド(ZAR)円の上値は限定的か。南アのモガジャネ財務省局長は、シティバンクは9月末で終了する18億ランドの国営南アフリカ航空への貸付をロールオーバーしないと発表した。格付け機関ムーディーズは8月中旬に南アの国有企業の資金繰りに問題が起きれば、南アの格付けを下げる圧力になると発言している。すでに南ア航空は経営難に陥っていることを考えると、今回のシティバンクの決断が南アの格付けに影響を与える可能性がある。
 来週は南アからは主だった経済指標は発表されないため、引き続き政治情勢と商品市況が相場の動きを左右しそうだ。

9月25日週の回顧
 NZの総選挙は与党が勝利したものの単独過半数にはとどかず、新政権の行方は第3党のNZファーストがどの党と連立を組むかによることになった。政局が混迷してきたことにより、NZドルだけでなく同じオセアニア通貨の豪ドルも週初から上値が重くなり、対ドル・対円ともに下落した。ブロックRBA総裁補佐は、家計は高水準の住宅ローンにあえいでおり、金融政策を決定する際に考慮すべきと述べた。先週のロウRBA総裁発言に続き、早期の利上げに対して否定的な見解を示した。商品市況の弱さもあり、豪ドル/ドルは7月中旬の水準まで弱含んだ。
 ZARは対ドル、対円ともに弱含んだ。ドル高の流れでZAR売りが進んだが、南ア航空の資金繰り問題が深刻化していることや、経済・政治の不透明感もZAR安の原因になり、ドルZARは5月9日以来となる13.71ZARまで、ZAR円も8月23日以来となる8.25円までZAR売りが一時進んだ。南アの8月生産者物価指数は前年比ベースで+4.2%と市場予想の+4.1%を上回った。(了)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】週間為替展望(ポンド、加ドル)-ポンド、下値は限定的か

◆ポンド・加ドル、ドル高地合いも英・加利上げ期待で下値は限定か
◆ポンド、経済指標をにらみながら11月会合での利上げ可能性を見極め
◆加ドル、8月貿易収支や9月雇用指標に注目
(国際金融情報部・金 星)

予想レンジ
ポンド円 148.00-155.00円
加ドル円 88.00-92.00円

10月2日週の展望
 ポンドは戻り売りも一段落し、底堅い動きか。引き続きイングランド銀行(BOE)による早期利上げ期待が下支えとなる。米12月利上げ思惑が強まり、対ドルでは上値が重いものの、金融政策の方向性がかい離しており、対円では堅調な動きが予想される。ただ、北朝鮮リスクには警戒が必要だ。
 当面は英経済指標ににらみながら、BOEが11月会合で利上げするかどうかを見極める展開となる。そこで注目されるのが10月17日の9月消費者物価指数(CPI)や18日の雇用指標の結果だ。8月のCPI前年比は5月に並び、4年ぶりの高い水準となった。インフレ率の上昇が継続し、横ばいで推移している賃金の伸びが加速すれば、早期利上げ思惑は一段と高まるだろう。来週は9月PMIの発表が予定されている。直近はやや低下しているが、依然、高い水準を維持している。4-6月期国内総生産(GDP)改定値(確報値は9月29日に発表)は前期比+0.3%、個人消費は+0.1%と2014年以来の低水準となり、設備投資の伸びが鈍化するなど、成長の後退を示す結果も表れている。PMIが弱い結果となれば、景気減速懸念で早期利上げ期待が後退し、ポンドに売り圧力が強まる可能性がある。
 ポンドの上昇局面では離脱交渉の不透明感が上値を圧迫しよう。注目されていた22日のメイ英首相の演説では、離脱後に2年間の移行期間を設け、単一市場へのアクセスを維持するなどの提案も出たが、離脱方針に関し新たな詳細は示されず、こう着状態が続いている離脱交渉に光は見えていない。英国と欧州連合(EU)の第4回交渉は25日から開かれているが、バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官は十分な進展は得られていないと述べた。お互いに不満を抱えている状況は変わっていない。
 米12月利上げ期待の高まりを背景に、足もとの加ドルは対ドルで上値が重くなっている。中銀当局者が金利・加ドル上昇の経済への影響を注視する姿勢を示したことも、加ドルの上昇基調を緩めている。ただし、堅調な景気が確認されればインフレ加速が見込まれ、加ドルの下値は限られよう。カナダ中銀(BOC)のポロズ総裁は、好調な景気を評価しつつも、インフレ見通しは不透明感が強く、金融政策を慎重に進めていく方針を示した。来週は8月貿易収支や9月雇用指標に注目。
 オタワで開かれた北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の第3回会合は27日に閉幕した。共同声明で、電子商取引や競争政策などの分野で進展があったとしたが、域内の部品をどのぐらい使えば関税撤廃の対象にするかを決める「原産地規則」の見直しや紛争解決に進展は見られなかった。10月11-15日にワシントンで開催する予定の第4回会合も難航が見込まれている。

9月25日週の回顧
 ポンド、加ドルともに独自の手がかりが少ない中で、米12月利上げ観測の強まりを背景としたドル高を受けて、ポンドドルは1.33ドル台、ドル/加ドルは1.25加ドル台までドル買いが優勢となった。対円では北朝鮮情勢を材料視したリスクオフの円買いが後退し、底堅い動きも上げは一服。ポンドドルは151円台、加ドル円は90円台を中心に小動きにとどまった。(了)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【指標結果】中国9月財新製造業PMI 51.0、予想 51.5

※タイトルに表示した内容が下記の経済指標の結果です。

中国9月財新製造業PMI 〔予想 51.5〕 (前回発表値 51.6)

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[緊急告知]Java7は、近日中に起動できなくなります。
当社推奨環境外となっております「Java7」を現在もご利用のお客様におかれましては、以下に記載する理由により、速やかに「Java 8」(当社推奨環境)にアップデートいただきたくご案内申し上げます。

1)「Java7」は公式サポートが終了しており、脆弱性を悪用した攻撃によるウイルス感染などの危険性が高くなっていること。
2)「Java」の開発元である米Oracle社において「Java9」のリリースが予定されております。当社では、『外貨ネクストネオ』リッチアプリ版が起動しなくなることを確認しており現在改善対応を進めておりますが、改善対応後のリッチアプリ版では「Java 7」での起動ができなくなること。
http://www.gaitame.com/help/nextneo/java.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

金:反落、一部米経済指標の改善や株高などを嫌気

COMEX金12月限終値:1284.80 ↓3.90
 29日のNY金先物12月限は反落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比-3.90ドルの1オンス=1284.80ドルで取引終了。この日発表された9月米シカゴ購買部協会景気指数は65.2に上昇し、市場予想を大幅に上回ったことや、米長期金利の上昇が嫌気された。米税制改革に対する懐疑的な見方は消えていないものの、規制緩和への期待で米国株が底堅い動きを見せたことも安全逃避的な金買い抑制の一因となったようだ。
原油:反発、需給改善期待は持続
NYMEX原油11月限終値:51.67 ↑0.11
 29日のNY原油先物11月限は反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前日比+0.11ドルの51.67ドルで取引を終えた。為替相場がややドル安方向に振れたことや需給改善への期待は持続していることが要因。この日発表された米経済指標は市場予想をやや下回る内容だったが、特に嫌気されなかったようだ。
 ただ、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国による協調減産合意の大幅な延長に対する市場の懐疑的な見方は残されており、52ドル近辺には投機筋などの戻り売り興味が散見された。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【指標結果】中国9月製造業PMI 52.4、予想 51.5ほか

中国9月非製造業PMI 55.4、前回発表値 53.4

※タイトルに表示した内容が下記の経済指標の結果です。

中国9月製造業PMI 〔予想 51.5〕 (前回発表値 51.7)
中国9月非製造業PMI 〔予想 – 〕 (前回発表値 53.4)

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

海外株安定、米金利上昇、原油高、世界の株資源金利

*

  2017年 2017年    
  9月28日 9月29日
原油 51.56 51.67 0.11 0.21
1288.7 1284.8 -3.90 -0.30
CRB 182.99 183.09 0.10 0.05
ドルINDEX 93.13 93.07 -0.06 -0.06
コーン 353 356 3.00 0.85
大豆 961 968 7.00 0.73
16.9 16.67 -0.23 -1.36
パラジウム 933 939 6.00 0.64
プラチナ 924 913 -11.00 -1.19
JGB 0.065 0.06 -0.01 -7.69
10年債金利 2.307 2.332 0.02 1.08
米30年債金利 2.867 2.862 0.00 -0.17
GM 40.58 40.38 -0.20 -0.49
フォード 11.96 11.97 0.01 0.08
グーグル 949.5 959.11 9.61 1.01
シティ 72.65 72.74 0.09 0.12
VISA 104.58 105.24 0.66 0.63
ボーイング 254.27 254.21 -0.06 -0.02
NYダウ 22381.2 22405.09 23.89 0.11
ナスダック 6453.45 6495.96 42.51 0.66
上海総合 3339.64 3348.94 9.30 0.28
FTSE 7322.82 7372.76 49.94 0.68
DAX 12704.65 12828.86 124.21 0.98
日経 20363.11 20356.28 -6.83 -0.03

FX為替ニュース

, , , , , , ,

NY市場動向(取引終了):ダウ23.89ドル高(速報)、原油先物0.11ドル高

【 米国株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*ダウ30種平均 22405.09  +23.89   +0.11% 22405.63 22332.96   18   12
*ナスダック   6495.96  +42.51   +0.66%  6497.98  6454.86 1271 1074
*S&P500      2519.36   +9.30   +0.37%  2519.44  2507.99  332  166
*SOX指数     1171.74  +10.05   +0.86%
*225先物     20360 大証比  +0   +0.00%
【 為替 】               前日比       高値    安値
*ドル・円     112.51   +0.17   +0.15%   112.74   112.22
*ユーロ・ドル   1.1814 +0.0028   +0.24%   1.1833   1.1773
*ユーロ・円    132.92   +0.51   +0.39%   133.12   132.32
*ドル指数      93.08   -0.01   -0.01%   93.27   92.95
【 債券 】           前日比       高値    安値
* 2年債利回り    1.48   +0.03      1.49    1.45
*10年債利回り    2.33   +0.02      2.34    2.29
*30年債利回り    2.86   -0.01      2.88    2.85
*日米金利差     2.27   -0.04
【 商品/先物 】           前日比       高値    安値
*原油先物      51.67   +0.11   +0.21%   51.77   51.25
*金先物       1284.8   -3.9   -0.30%   1293.2   1278.2
*銅先物       295.5   -2.6   -0.87%   299.3   294.6
*CRB商品指数   183.09   +0.10   +0.05%   183.53   182.41
【 欧州株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*英FT100     7372.76  +49.94   +0.68%  7382.67  7321.64   85   13
*独DAX     12828.86 +124.21   +0.98% 12828.86 12722.38   25   5
*仏CAC40     5329.81  +36.04   +0.68%  5329.81  5284.74   29   9

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

世界各国通貨に対する円:対ドル0.15%安、対ユーロ0.39%安

                  現在値    前日比       %   前日終値
*ドル・円           112.51円   +0.17円    +0.15%   112.34円
*ユーロ・円         132.92円   +0.51円    +0.39%   132.41円
*ポンド・円         150.75円   -0.26円    -0.17%   151.01円
*スイス・円         116.17円   +0.36円    +0.32%   115.81円
*豪ドル・円          88.13円   -0.14円    -0.15%   88.27円
*NZドル・円         81.12円   -0.18円    -0.22%   81.30円
*カナダ・円          90.22円   -0.19円    -0.21%   90.40円
*南アランド・円        8.28円   -0.03円    -0.38%    8.31円
*メキシコペソ・円       6.16円   -0.02円    -0.38%    6.19円
*トルコリラ・円       31.56円   +0.02円    +0.07%   31.54円
*韓国ウォン・円        9.82円   +0.02円    +0.20%    9.80円
*台湾ドル・円         3.71円   +0.01円    +0.38%    3.70円
*シンガポールドル・円   82.87円   +0.15円    +0.18%   82.72円
*香港ドル・円         14.40円   +0.02円    +0.16%   14.38円
*ロシアルーブル・円     1.95円   +0.02円    +0.80%    1.94円
*ブラジルレアル・円     35.57円   +0.27円    +0.76%   35.30円
*タイバーツ・円        3.38円   +0.01円    +0.38%    3.37円
              年初来騰落率 過去1年間での高値/安値 昨年末終値
*ドル・円            -3.80%   118.66円   101.18円   116.96円
*ユーロ・円           +8.09%   134.41円   112.61円   122.97円
*ポンド・円           +4.33%   152.86円   121.61円   144.50円
*スイス・円           +1.22%   118.61円   104.01円   114.77円
*豪ドル・円           +4.65%   90.31円   76.79円   84.22円
*NZドル・円         +0.17%   83.91円   72.75円   80.98円
*カナダ・円           +3.68%   91.64円   74.83円   87.01円
*南アランド・円        -2.93%    8.98円    7.15円    8.53円
*メキシコペソ・円       +9.22%    6.43円    4.97円    5.64円
*トルコリラ・円        -5.67%   34.22円   28.62円   33.46円
*韓国ウォン・円        +1.40%   10.20円    8.75円    9.69円
*台湾ドル・円         +2.54%    3.78円    3.20円    3.62円
*シンガポールドル・円    +2.50%   83.57円   72.70円   80.85円
*香港ドル・円         -4.49%   15.29円   13.05円   15.08円
*ロシアルーブル・円     +3.06%    2.02円    1.57円    1.90円
*ブラジルレアル・円     -1.02%   37.45円   30.44円   35.94円
*タイバーツ・円        +3.42%    3.40円    2.88円    3.27円

FX為替ニュース

, , , , , , ,