【見通し】ロンドン為替見通し=ユーロドル1.17ドル台で底堅い値動きか

本日のロンドンタイムではユーロドルが底堅く推移しそうだ。昨日の欧州市場では、北朝鮮を巡る地政学リスクでユーロ円が128円半ばまで売られ、パリ郊外でテロの可能性もある事件によりユーロドルが1.16ドル後半まで弱含み、欧州株式市場も全般的に軟調な動きだった。しかしながら、NY引けにかけてユーロは対円で129円半ば、対ドルでは1.17ドル半ばまで反発し、その底堅さを確認した形となった。ユーロ圏に関しては、8月下旬にドラギECB総裁の講演が予定されているジャクソンホール会合までしばらく重要指標も少なく、ユーロドルは1.17-1.18ドル台を中心としたレンジ相場の可能性も高くなってきたか。テクニカルポイントでは、日足一目均衡表の主要線が依然として上向きを示唆し、上昇トレンドは継続されており下値は限定的になると思われる。
 英国では本日、6月の鉱工業生産・製造業生産・貿易収支が発表される。昨日はポンド円の142円前半からの反発で、ポンドドルも下支えられた。8月3日の英中銀金融政策委員会(MPC)以来、上値が重い展開が続いているポンドドルだが、指標結果を受けての値動き、下落基調が強まるかどうかに注目したい。オーダー状況では、短期筋のストップロス買いが1.30ドル半ばに見られるが、1.31ドル近辺からは売りが優勢となっている。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは8/2-8/9下落幅の61.8%戻し1.1826ドル、ポンドドルが8/3-8/8下落幅の半値戻し1.3110ドルが上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは21日移動平均線1.1684ドル、ポンドドルが日足一目均衡表・雲の上限1.2839ドル近辺が下値めど。

(小針)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/