海運3社がコンテナ船事業を統合、市況低迷続く 第6位の船隊規模へ

[東京 31日 ロイター] - 日本郵船 、商船三井 、川崎汽船 の3社は31日、定期コンテナ船事業を統合することで合意したと発表した。需給バランスが崩れ、市況低迷が続くなか、3社が事業を統合することで規模の拡大を図り、競争力を強化する。統合により、世界で第6位の船隊規模の会社が誕生する。