東京マーケット・サマリー(31日)

午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてややドル高/円安の104円後半。米大統領選の民主党候補クリントン氏の私用メ ール再捜査の報を受けたリスク回避の動きが出たが、一時105円手前まで持ち直し、その後も底堅く推移した。ただ上値も伸びず、方向感は出なかった。