【見通し】ユーロイメトレ=ドル安続かないのなら上値乏しい

米大統領選挙を来週に控え、民主党候補のクリントン氏の私的メール問題が再燃した。トランプ共和党候補との支持率の差が縮まるなか、ドル安に振れたことがユーロを押し上げた。ただ、依然としてクリントン氏が大統領選挙で優勢との見方から東京市場ではドル安に反動が入り、混乱は一時的にとどまっている。

 日米の金融政策イベントは波乱なく通過しそうで、むしろ米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明文ではクリントン氏の大統領選勝利を前提として、12月利上げを市場に植え付けるような文言が盛り込まれる可能性がある。利上げ織り込みはある程度成熟しているが、年内利上げに確信が得られれば、ドルの底堅さに寄与するだろう。欧州中央銀行(ECB)の追加緩和期待が盛り上がらない点はユーロの下支えになるが、ドル安が進まない以上はユーロの上値は乏しいか。

・想定レンジ上限
 ユーロドルの上値めどは日足一目均衡表・基準線1.1065ドル。ユーロ円は9月2日高値116.37円。

・想定レンジ下限
 ユーロドルの下値めどは25日安値1.0851ドル。ユーロ円は日足一目均衡表・転換線113.97円。

(堀之内)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/