英中銀、次の一手は?

2010年からずっと隔週火曜日に担当させて頂いておりました セントラル短資FX さんのコラム すこしFX ☆ なが~くFX が、2012年11月16日より 毎週金曜日に マーケット・ビューで連載されることになりました 


ハモンド カーニー



10月25日のロンドン市場では、ポンドの乱高下が繰り広げられました。その背景には、ハモンド財務相による議会での発言と、その直後に行われたカーニー英中銀総裁の上院経済委員会でのBrexit(英国のEU離脱)についての議会証言が影響しています。

今回のコラムでは、カーニー総裁の議会証言内容を中心に、今後のポンドについて考えたいと思います。




今回のコラム記事の主な内容は、


・ハモンド財務相の発言

・カーニー総裁、上院での議会証言

私が聞きたかった質問

・カーニー総裁の証言内容
英中銀の独立性について
メイ首相が指摘した超低金利政策の弊害について
カーニー総裁の任期について
8月の大規模緩和の必要性について
米国の利上げはポンド/ドルの下落要因となっていないか?
インフレターゲットの達成時期について
Brexitで、シティの銀行が欧州に拠点を移すリスクについて
金融政策は緩すぎ、財政政策は緊縮すぎると考えるか?
ポンド安とインフレとの関係について
英中銀がマイナス金利に消極的な理由

・英中銀、次の一手は?

・ここからのポンド





コラム記事の一部を抜粋しますと、


>>>カーニー総裁が議会証言でも語っておりましたが、最近のポンドを動かす要因は、ファンダメンタルズでも金融政策でもなく、Brexitを巡る政治家の発言がメインです。そのため、ソフトBrexitが決定されない限り、ポンドに対してネガティブな材料が出れば、ポンド安になりやすい地合いは続くでしょう。<<<





どうぞごゆっくりお読みください 


このバナーをクリックすると記事が読めます。


Net Money

または このブログの左上 すこしFX ☆ なが~くFX バナー をクリックして是非お読みください!  よろしく~

マーケット・ビューの過去記事は このリンク を使って頂ければと思います 





キャッシュバック・キャンペーン  

Uチャートを使えるので、視覚的に他の人の売買レベルが確認できます!

インターバンク直結型    ポンド円の約定率  100%! 




口座開設月の翌月末の営業終了までに「ウルトラFX」で1回以上新規取引をされた方に、もれなく4,000円キャッシュバック!
さらに、「Uチャート」からの取引1回で1,000円キャッシュバック。最大5,000円もらえるチャンス!


スタンプ  くいくい