ECB金利政策は限界近い、加盟国の負担必要=クーレ専務理事

[フランクフルト 28日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のクーレ専務理事は28日、金利政策は限界に近づいており、効果を発揮する余地は小さくなっているとの見方を示した。さらに、ユーロ圏経済回復のためには各加盟国による負担が必要だと述べた。