緩和効果は低減の公算、副作用評価必要=ECB専務理事

[フランクフルト 27日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のメルシュ専務理事は27日、ECBの超緩和的な金融政策の効果は将来的に薄れていく可能性があり、銀行融資の動向にはすでに注意を要するものが出ているとの認識を示した。