発言おさらい メルシュ専務理事 ハ​モ​ン​ド​英​財​務​相 OPEC関係筋

「発言おさらい メルシュ専務理事 ハ​モ​ン​ド​英​財​務​相 OPEC関係筋」

*リンデ・スペイン中銀総裁=資産購入プログラムのいかなる縮小も、緩やかなペースで実施することが重要

*メルシュ専務理事=ECBの超緩和的な金融政策の効果は将来的に薄れていく可能性があり、銀行融資の動向にはすでに注意を要するものが出ている。 マイナス金利の副作用は時間とともに増大するとし、ECBが資産買い入れ期間を見直す際に、コストを評価する必要がある

*ノボトニー・オーストリア中銀総裁=ECBは12月の理事会で、資産買い入れ延長をめぐるメカニズムについて決定する

*ハ​モ​ン​ド​英​財​務​相=​​G​D​P​の​結​果​は​経​済​に​弾​力​性​が​あ​る​こ​と​を​示​唆​、​英​経​済​は​E​U​か​ら​の​離​脱​に​耐​え​る​こ​と​が​で​き​る​

*OPEC関係筋=サウジアラビアやOPEC加盟の湾岸諸国は、産油量をピーク時から4%減らす意向