昨日のドル円相場ときょうのひとこと(10/28 金)

WS001586.JPG 
-----------10/27ドル円相場概況-------------------
 
米長期金利の上昇で3ヶ月ぶりに105円台へ
 
OPEN 104.452
HIGH 105.349
LOW  104.296
CLOSE105.278
 
東京市場のドル円は、黒田日銀総裁の発言を受けて小緩む場面もあったが、104.296円で下げ渋ると104.60円台に値を戻す底堅い展開。欧州市場では、GDPの好結果を受けて英長期金利が上昇する中、米国の10年債利回りも上昇したため104.70円台までじり高歩調となった。NY市場でも米長期金利の上昇が継続。10年債利回りが一時1.86%台まで上昇するとドル高圧力が高まり3ヶ月ぶりに105円台を回復。その後、長期金利の上昇は一服したがドル買いの勢いは衰えず105.349円まで上値を伸ばした。
 
-----------10/27主な出来事-----------------------
 
06:45 (NZ) 9月貿易収支 -14.36億NZD  (予想-11.45億NZD  前回-12.65億NZD→-12.43億NZD) 
 
09:30 (豪) 7-9月期輸入物価指数 (前期比) -1.0% -0.8% -1.0% 
 
10:30 黒田日銀総裁
・物価目標実現のため経済に最適なイールドカーブ促す
・長期金利0%維持のために国債を売ることは全く考えず
・0%維持のため80兆円増やす必要なくなる可能性
 
17:30 (英) 7-9月期GDP・速報 (前期比) +0.5%  (予想 +0.3% 前回+0.7%)
(英) 7-9月期GDP・速報 (前年比) +2.3% (予想 +2.1%  前回+2.1%)
 
21:30 (米) 9月耐久財受注 (前月比) -0.1% (予想0.0% 前回+0.1%→+0.3%)   
       (前月比:除輸送用機器)+0.2%(予想+0.2% 前回 +0.1%→+0.2%)
 
21:30 (米) 新規失業保険申請件数 25.8万件 (予想25.6万件  前回26.0万件→26.1万件)  
 
23:00 (米) 9月中古住宅販売保留件数指数 (前月比) +1.5%  (予想+1.0% 前回-2.4%→-2.5%)  
 
----------10/27株式・債券・商品--------------------
 
アジア株
日経平均:17336.42 -55.42
上海総合:3112.32 -3.99
 
欧州株 
英FT100:6986.57 +28.48  
独DAX:10717.08 +7.40   
 
米国株
DOW:18169.68 -29.65 
S&P500:2133.04 -6.39 
 
米国債
2年債:0.8863% +0.0178
10年債:1.8536% +0.0605
 
商品
GOLD:1269.50 +2.90
OIL: 49.72 +0.54 
 
--------10/28きょうの注目材料-----------------------
 
<国内>
08:30    9月完全失業率
08:30    9月有効求人倍率
08:30    9月家計調査(消費支出)
08:30    9月全国消費者物価指数
08:30    10月東京都区部CPI
14:00    日銀算出の9月CPI
 
<海外>
08:01    10月英Gfk消費者信頼感指数
09:30    7-9月期豪卸売物価指数
14:30    7-9月期仏GDP速報値
15:45    9月仏卸売物価指数
15:45    10月仏消費者物価指数速報値
15:45    9月仏消費支出
16:00    10月スイスKOF景気先行指数
16:30    クーレECB理事、講演
17:00    レーン・アイルランド中銀総裁、講演
18:00    10月ユーロ圏消費者信頼感指数
19:30    ロシア中銀、政策金利発表
21:00    10月独消費者物価指数速報値
21:30    7-9月期米GDP速報
23:00    10月米ミシガン大消費者態度指数
----  OPECが非加盟国含め技術的協議(29日まで)
 
--------10/28きょうのひとこと--------------------------
 
英GDPの好結果をきっかけに、世界的に長期金利が上昇。利上げ期待+原油高もあって米10年債利回りは5カ月ぶりに1.86%台まで上昇する場面もありました。日銀のイールドカーブコントロール(YCC)によって日本の10年債利回りは0%近傍に固定されているため、日米(または日欧)金利差は拡大しやすくなります。その分だけ円安が進みやすいという流れです。「量的緩和の縮小(テーパリング)にほかならない」などと、そしりを受けながらも日銀が導入したYCCがここに来て功を奏した格好です。
 
本日もよろしくお願いいたします。