弱めの個人消費、株安や天候不順が影響=黒田日銀総裁

[東京 28日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は28日の衆院財務金融委員会で、今年前半の弱めの個人消費について、株安や天候不順が影響したと述べた。ただ、雇用者所得の改善が続けば、先行きの個人消費は緩やかに増加していくとの見方を示した。宮本徹委員(共産)の質問に答えた。