郵政買収の豪トール社は「リストラが必要」、民営化委員が指摘

[東京 27日 ロイター] - 日本郵政が2015年に買収した豪物流大手トール社について、郵政民営化委員会の委員が「業績を改善するために、不採算事業のリストラなど、構造的な改革やコーポレート・ガバナンスの強化が必要だ」と指摘していたことが分かった。27日の委員会後、岩田一政委員長が会見で明らかにした。