月次アーカイブ: 2016年9月

【テクニカル】ドル円テクニカル一覧=上昇の5日線近辺で下げ渋る

参考レート  101.27円  9/30 23:21

パラボリック  102.52円 (実勢レートが上回れば買い・下回れば売り示唆)

移動平均線・MA(各レベルで短期が長期を上回れば買い・下回れば売り示唆)
5日移動平均線    100.75円 (前営業日100.70円)
21日移動平均線   101.76円 (前営業日101.86円)
90日移動平均線   103.31円 (前営業日103.41円)
200日移動平均線  108.73円 (前営業日108.83円)

RSI[相体力指数・14日]
 47.50%  (売られすぎ目安30%・買われすぎ目安70%)

ボリンジャーバンド(買われすぎ・売られすぎ水準目安 周期20日)
2σシグマ[標準偏差]上限  103.38円
2σシグマ[標準偏差]下限  99.93円

MACD指数平滑移動平均・収束拡散指標
MACD[12、26]  -0.38  vs  -0.32  MACDシグナル [かい離幅 -0.06]
(MACDがシグナルを上回れば買い・下回れば売り示唆。かい離幅も反発・反落の目安)

注;テクニカル指標の解釈の説明は一般例のひとつで、同一の指標でも上記以外に様々な判断基準があります。

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

ドイツ銀行の賠償請求額が決定か?

ドイツ銀行の株価が戻しておりますが、さきほど 「この週末にも、米司法省とドイツ銀行の間で、正式な賠償請求額が決定される」 という噂がありました。しかし、ついいましがた、 「ドイツ銀行への請求額は、当初の140億ドルから、54億ドルへ減額か?」 という噂が出ました。昨日、メルケル首相とオバマ大統領は、電話でお話しをしたそうですが、そこではドイツ銀行の話題は出なかったとされています。しかし、もし この噂が

FX為替ニュース

, , , , , ,

【指標結果】米9月ミシガン大学消費者信頼感指数 91.2、予想 90.0

※タイトルに表示した内容が下記の経済指標の結果です。

米9月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値 〔予想 90.0〕 (前回発表値 89.8)

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【見通し】市場の目=26日のインフレ統計、RBA金融政策に影響しそう

マネースクウェア・ジャパン 市場調査部 アナリスト 八代和也氏

豪ドル 26日のインフレ統計が重要、RBAの金融政策に影響しそう

 RBA(豪中銀)のスティーブンス総裁が9月18日、任期満了で退任。同日付でロウ副総裁が総裁に昇格しました。ロウ新総裁は22日に豪下院の経済委員会に出席。目標を下回るインフレ率について、「しばらくの間、低水準にとどまる」とする一方、「労働市場の改善にともない徐々に上昇していく」との見方を示しました。

 RBAは10月4日に政策金利を発表します。今年5月と8月の利下げは低インフレが主因だったことを踏まえると、RBAは10月26日に発表される豪州の7-9月期のインフレ統計を待つとみられます。10月の会合では、政策金利を現行の1.50%に据え置きそうです。市場の金融政策見通しを反映するOIS(翌日物金利スワップ)では、9月30日時点で10月に政策金利が据え置かれる確率が94.9%織り込まれています。政策金利が据え置かれて、声明も9月から大きな変化がなければ、豪ドルはほとんど反応しないかもしれません。

 RBAの会合が終わると、26日のインフレ統計が豪ドルの次の大きな相場材料になりそうです。その結果を受けて、市場の金融政策見通しが変化すれば、豪ドルが反応する可能性があります。インフレ統計までは、豪ドルは鉄鉱石や原油などの資源価格や、米FRB(連邦準備理事会)など他の中銀の金融政策見通しといった外部要因に左右される展開になりそうです。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【指標結果】米9月シカゴ購買部協会景気指数 54.2、予想 52.0

※タイトルに表示した内容が下記の経済指標の結果です。

米9月シカゴ購買部協会景気指数 〔予想 52.0〕 (前回発表値 51.5)

(金)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

ドイツ銀行社員に配られたメモ

本日と月曜日が、ロンドンでの最終営業日となりまして… 朝からバタバタと出かけておりました。本日は、月末・期末なので、そうとういろいろな動きが出るだろうな・・・と思っていたら、ドイツ銀行の話しで埋め尽くされていました。*ドイツ銀行CEO 全社員にメモを配るロイターに載っていた記事ですが、ドイツ銀行CEOのこの方全社員に向けて、「心配するんじゃない!」 という内容のメモを配った そうです。主な内容は、・ド

FX為替ニュース

, , , , ,

【テクニカル】テクニカルポイント=加ドル円、昨日高値水準が抵抗

レジスタンス2  78.49(日足一目均衡表・雲の下限)
レジスタンス1  77.84(9/29高値)
前日終値     76.86
サポート1     74.42(2012/6安値)
サポート2     68.41(2009/1安値)

(谷口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【指標結果】米8月コアPCEデフレーター+0.2%、予想+0.2%=追補

米8月個人所得(前月比)+0.2%、予想 +0.2%
米8月個人消費支出(前月比)±0.0%、予想 +0.1%
加7月GDP(前月比)+0.5%、予想 +0.3%

※タイトルおよび上記に表示した内容が下記の経済指標の結果です。

米8月コアPCEデフレーター(前月比) 〔予想 +0.2%〕 (前回発表値 +0.1%)
米8月個人所得(前月比) 〔予想 +0.2%〕 (前回発表値 +0.4%)
米8月個人消費支出(前月比) 〔予想 +0.1%〕 (前回発表値 +0.3%)
加7月GDP(前月比) 〔予想 +0.3%〕 (前回発表値 +0.6%)

追補
米7月個人消費支出(前月比)は+0.3%から、+0.4%に修正

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【指標結果】米8月コアPCEデフレーター+0.2%、予想+0.2%ほか

米8月個人所得(前月比)+0.2%、予想 +0.2%
米8月個人消費支出(前月比)±0.0%、予想 +0.1%
加7月GDP(前月比)+0.5%、予想 +0.3%

※タイトルおよび上記に表示した内容が下記の経済指標の結果です。

米8月コアPCEデフレーター(前月比) 〔予想 +0.2%〕 (前回発表値 +0.1%)
米8月個人所得(前月比) 〔予想 +0.2%〕 (前回発表値 +0.4%)
米8月個人消費支出(前月比) 〔予想 +0.1%〕 (前回発表値 +0.3%)
加7月GDP(前月比) 〔予想 +0.3%〕 (前回発表値 +0.6%)

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

【指標結果】南ア8月貿易収支86億ランド赤字、予想30億ランド黒字=追補

※タイトルに表示した内容が下記の経済指標の結果です。

南ア8月貿易収支 〔予想 30億ランドの黒字〕 (前回発表値 52億ランドの黒字)

追補
南ア7月貿易収支は52億ランドの黒字から、50億ランドの黒字に修正

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】株式明日の戦略-中小型株優位の流れが一段と強まるか

乱高下を繰り返し週間では下落、中小型株優位の流れが一段と強まるか

  30日の日経平均は大幅反落。ドイツ銀行の株価急落から投資家心理が悪化し、売り優勢となった。三井住友トラストHDや東京海上HDなど金融セクターはほぼ全面安。また円強含みで推移したことから輸出関連株を中心に、幅広い銘柄が値下がりした。9月期末や週末が重なったことで、見送り気分が強く大引けにかけて持ち高調整の売りで下げ幅を拡大した。業種別では、電気・ガス、海運が下げ、石油・石炭製品、不動産が高い。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり256/値下がり1658と売りが優勢。月次好調を手がかりにアスクルが大幅上昇。優待新設を発表したイオンモールが強い動きとなった。ソフトバンクテクノロジーは連日の大幅高。シルバーエッグは大商いで乱高下しながらも連日の上昇となった。一方、地銀株が軒並み大きく売られる展開。なかでも南都銀や北越銀などの下げが目立った。決算が失望となったウェザーニューズや、証券会社が投資判断を引き下げた平和堂が急落。さが美は決算を受け大きく水準を切り上げて始まったものの、上では売りに押され大幅安で終えた。

 今週、東証1部の売買代金は5営業日のうち3営業日で活況の目安となる2兆円を下回った。前週に日米の金融イベントを通過し、様子見姿勢は脱してもおかしくはなかった。材料のない静かな相場であったのならともかく、臨時国会召集、米大統領候補者テレビ討論、OPEC減産合意報道、ドイツ銀行不安など、強弱ともに大きな材料もあった。やや市場エネルギーが低下しており、来週も米雇用統計を控えた週であることから、薄商いの地合いは続くと思われる。その場合、主力株よりも中小型株の方が動きが良くなる可能性が高い。今週は東証2部指数の動きの良さが市場でも話題となった。きょうも軟調相場のなかでも、材料のあった中小型株に急騰する動きがいくつか見られた。東証1部の売買代金がコンスタントに2兆円台に乗せるようになるまでは、中小型株優位の地合いが続くと予想する。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】NY株見通し-神経質な展開か 週末・月末のフローに注意

今晩のNY市場は神経質な展開か。ドイツ銀株が再び安値を更新したことで、同行の経営不安問題が金融セクター全般の不透明感を強めているほか、OPECの減産合意の実効性も疑問視されており、センチメントは悪化している。外部環境や発表される経済指標を睨んだ神経質な展開が予想される。週末・月末にからむ持ち高調整の動きにも注意が必要か。今晩の経済指標・イベントは、米8月個人所得、同個人消費支出、米8月コアPCEデフレーター、米9月シカゴ購買部協会景気指数、米9月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値のほか、カプラン米ダラス連銀総裁の講演も予定されている。企業決算はマコーミックなど。

 29日のNY株式相場は3日ぶりに大幅反落。複数のヘッジファンドがドイツ銀から担保を引き上げたとのニュースを受けてドイツ銀株に再び売りが強まった。米国上場のドイツ銀株は前日比6.67%安の11.48ドルで終了し安値を更新。ゴールドマン・サックス(-2.75%)やシティグループ(-2.28%)も大きく下落した。規制強化による収益圧迫懸念からヘルスケアも大幅に下落したほか、年内利上げの意識を受けて公益や不動産の金利敏感セクターも売られた。ダウ平均は一時247ドル安まで下げ幅を広げ、195.79ドル安(-1.07%)で終了。S&P500とNASDAQ総合もともに0.93%安となり主要3指数はそろって3日ぶりの反落となった。

 OPECの減産合意を受けてNY原油は続伸したが、金融株の下落などを受けセンチメントが悪化。S&P500のエネルギー指数は0.09%安となり全11セクターが下落した。投資家の不安心理を表すVIX指数は前日の12.39から14.02に上昇。全面安となるなか、好決算を発表したコナグラ・フーズが7.23%高、同業のNXPセミコンダクターズの買収が伝えられたクアルコムが6.30%高と大幅上昇。半導体株は軒並み高となり、フィラデルフィア半導体指数(SOX)は1.25%高となった。

 セクター別騰落率の上位3セクターはエネルギー(-0.09%)、通信(-0.20%)、一般消費財(-0.53%)となった。一方、下位3セクターはヘルスケア(-1.84%)、金融(-1.49%)、公益(-1.45%)となった。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【指標結果】南ア8月貿易収支86億ランドの赤字、予想30億ランドの黒字

※タイトルに表示した内容が下記の経済指標の結果です。

南ア8月貿易収支 〔予想 30億ランドの黒字〕 (前回発表値 52億ランドの黒字)

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

スイスフラン急落、中銀が介入との観測 

[ロンドン 30日 ロイター] – 30日の外国為替市場で、欧州銀行セクターをめぐる懸念から2カ月ぶり高値をつけていたスイスフランが一転して急落した。通貨高を懸念するスイス中銀が為替介入を行なったとの観測が出ている。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

景気刺激で世界的な協調不要、回復続く=独連銀理事

[フランクフルト 30日 ロイター] – ドイツ連邦銀行(中央銀行)のドンブレット理事は30日、世界経済の回復は続くと述べ、国際通貨基金(IMF)が提唱する主要国による協調的な景気刺激策を新たに打ち出す必要はないとの認識を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】ドル円イメトレ=まずは欧州銀行不安への耐性を確認する局面

ドル円は、サマーズ元米財務長官が日銀の外債購入に言及したとの話や、年度半期の区切りにおける長期投資関連のフローとの観測を背景とした円売りで101.78円まで上振れたものの失速。反動もあって100.75円まで下値を探った。しかし、欧州銀行に関する不安により売られたユーロ主導で下落した各通貨に対するドル強含みを支えに下げ渋った。戻りを試す動きとなり、101円台を回復する振幅を見せている。

 ドイツ銀行の経営不安が、欧州の銀行全般やグローバルな金融システムへの懸念を連想させ、市場を不安定にしている。ただ、リーマンショック後に強化されたセーフティネットが連鎖を防ぐとの冷静な見方をしたい。痛みをともなう対策がドイツ銀行の株価を押し下げることは必至だが、それは破たん回避のために必要なことが進展していると解釈することができる。大きくリバウンドできない可能性もあるが、下げ渋るポイントを探り、連想で進んでいた他の銀行への売りなど、リスク回避の動きが巻き戻されるだろう。必要以上にリスク回避が進んだ部分に関しては、思った以上の反動の動きが生じることになる。
 とはいえ、取りあえずは欧州銀行不安への市場の耐性を確認する局面であることは確か。FRBの金融政策の行方を占う上で重要な米8月コアPCEデフレーターほか、景況の先行指数である米9月シカゴ購買部協会景気指数の強弱をにらみつつ、週末・期末のポジション調整やフローに振らされるだろう。

・想定レンジ上限
 東京タイム昼ごろの上振れ水準101.78円がめど。

・想定レンジ下限
 欧州序盤の下押し水準100.75円や昨日安値100.66円を割り込んで下落が加速すると、27日安値100.09円、22日安値100.10円も近くに位置する100円の節目が意識されることになる。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【指標結果】東京インターバンク市場取引(30日)

□東京インターバンク市場取引(30日)

ドル/円
寄付 101.20-22
高値 101.78
安値 100.75
終値 100.89-91
中心 101.08
ユーロ/ドル
寄付 1.1219-20
高値 1.1225
安値 1.1169
終値 1.1184-86

(提供.日銀)

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , ,

英7月サービス指数は+0.4%、第2四半期GDP確報値は前期比+0.7%

[ロンドン 30日 ロイター] – 英国立統計局(ONS)が30日発表した7月のサービス業生産指数は市場予想を上回る前月比0.4%の伸びとなり、欧州連合(EU)離脱決定後も景気が急減速していないことが浮き彫りとなった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

英7月サービス指数は+0.4%、第2四半期GDP確報値は前期比+0.7%

[ロンドン 30日 ロイター] – 英国立統計局(ONS)が30日発表した7月のサービス業生産指数は市場予想を上回る前月比0.4%の伸びとなり、欧州連合(EU)離脱決定後も景気が急減速していないことが浮き彫りとなった。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,