【見通し】市場の目=株買い・円売りや利益確定で投機筋に遊ばれている

ニッセイ基礎研究所経済研究部 シニアエコノミスト・上野剛志氏

投機筋の株買い・円売りや利益確定で遊ばれている、麻生介入発言もすでに新味ない

 長期の投資家が決算などもあって様子見しているなか、株買い・円売りを仕掛けたり、その利益確定をしたりしている投機筋に遊ばれている感じ。ボックス圏で、ここからしばらく動きが出にくいと思う。日米金融政策の方向性の違いは、従来よりテーマとして希薄化した。アメリカが利上げに慎重となる一方、日銀は追加緩和を見送っている。ここに変化がでないと、為替も動きづらい。

 メインは、アメリカが再び利上げへ動くとの観測が高まるにつれ、ドル高圧力が徐々に強まっていくシナリオだが、目先の動きではない。6月のFOMCで事前予告して、7月に利上げする可能性はあると思う。しかし6月予告で利上げ観測が高まると、同時にリスク回避で原油や人民元が下振れ、円買いも強まると考えられる。ドル高・円高になって、6月いっぱいも方向感がでない可能性は高い。アメリカが継続的に利上げしていくとの見方が強まり、リスク回避面でも中国経済の下げ止まり感や、原油の需給改善などファンダメンタルズの持ち直しをともなう落ち着きが出てくれば、円安も進みやすくなる。しかしまだ先の話だと思う。

 麻生財務相も為替介入で踏み込んだ発言をしたが、それも決め手に欠け、新味も乏しくなった。それでグイグイ円安に進むものでもない。目先はやはりアメリカの経済指標が焦点。あとはG7や、日本の成長戦略も出てくるので、そうした材料をにらみながら、リスクオン・オフの流れで売買されるだけにとどまりそうだ。

(関口)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/