【見通し】NY株見通し=堅調持続か 月末・四半期末のフローに注意

今晩のNY株式市場は引き続き堅調か。イエレンFRB議長のハト派的発言などを受け、市場では4月FOMC会合での利上げの可能性はほぼゼロとみており、金曜日に発表される米3月雇用統計の注目度は下がっている。投資家の不安心理を示すVIX指数が昨年8月以来の水準に低下するなど、センチメントは良好で波乱要因は少ない。ただ、4月中旬からスタートする企業の1-3月期決算シーズンを控え、足もとで指数が続伸していることもあり積極的な取引は期待しにくい。主要指数の3月月間の上昇率は昨日時点でダウ平均が7.3%高、S&P500は6.8%高、NASDAQ総合指数も6.8%高とともに大幅高となった。月末・四半期末のフローに注意したい。
 今晩の経済指標では米新規失業保険申請件数、米3月シカゴ購買部協会景気指数などが注目される。また、エバンス米シカゴ連銀総裁の討論会参加も予定されている。

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/