マイナス金利で一時払い終身保険の販売を休止 老後への運用が消える昨今

「マイナス金利で一時払い終身保険の販売を休止 老後への運用が消える昨今」

日本生命保険は25日、4月から銀行窓口で契約時に一括して保険料を積み立てる円建て一時払い終身保険の販売を休止する方針を決めた。長期金利が低下して保険料の運用が難しくなっているため。明治安田生命保険も4月2日から一部の一時払い終身の販売を停止することを決定。日銀のマイナス金利政策の導入を受け、貯蓄型保険の保険料を上げたり販売を見合わせたりする動きが続いている。

すでに富国生命保険や第一フロンティア生命保険が一部商品の販売停止を決めた。