【見通し】ドル円イメトレ=目線は下向き 米雇用の改善好感しにくい

ドル円は東京タイムの円高と、ロンドン入り以降のドル安再燃で、112.02円まで下値を拡大させた。前日のイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演内容は、米連邦公開市場委員会(FOMC)声明文や自身の会見内容をおおむね踏襲したものだったが、最近のFOMCメンバーの発言が総じて金利正常化の早期再開に前向きだったため、議長の見解が市場の期待に冷水を浴びせる格好となった。欧米の株高や、ドル安もサポートにした商品市況の持ち直しはリスク選好寄りの流れを意識させるものの、ドル売りが一巡するまでドル円の上値は限定的となりやすい。

 今日は米3月雇用統計の前哨戦となる、ADP全国雇用者数が発表される。米失業率の水準はほぼ完全雇用の域に達しており、インフレ上昇の兆しがあっても、FRBの主流派は海外情勢への警戒感も背景に慎重な金融政策運営を望んでいる。20万人前後という堅調な非農業部門雇用者数の増加が続く一方、賃金の伸びが加速しない状況下、雇用者数が多少上振れても米利上げ期待は大きく高まりそうにない。

・想定レンジ上限
 ドル円の上値めどは112.92円前後の21日移動平均線。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値のめどは17日安値からの上昇幅の61.8%押し、111.87円。

(堀之内)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]「トルコリラ/円」優遇スワップポイント!
当社では高金利で知られる「トルコリラ/円」において、
業界最高水準の優遇スワップポイントを本年6月30日(木)
まで期間を延長して適用します!
詳細はこちら→ http://bit.ly/1VuXfBI

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/