豪ドル円テク=調整での下げ幅が小さいところに見える底堅さ

「豪ドル円テク=調整での下げ幅が小さいところに見える底堅さ
acc0329.JPG

 314日にボリバン上限でカブセ的陰線が出て反落。ただ大きくは落ち込まない。323-24日の下降ラインを上抜く。324-28日の上昇ラインがサポート。ボリバン上位。5日線上向き

週足は28日週は下ヒゲが長かった。21日週-8日週の下降ラインを上抜いて上昇。28日週-29日週の上昇ラインがサポート。37日週で3週連続陽線であったが86円に載せきれず下落。ただ大きくは落ちない。127日週-21日週の下降ラインは上抜く。 28日週-29日週の上昇ラインがサポート。

月足は10-11月、9-10月、8-9月の上昇ラインを下抜いた。ただ1月、2月は陰線なるも下ヒゲを残し漸く3月は陽線で終わりそうだ。上値抵抗の12-1月の下降ラインを上抜いた。さらに6-12月の下降ラインが上値抵抗。ボリバン下限下抜きから反発。

年足は2009-12年の上昇ラインを下抜いている。14-15年の下降ラインが上値抵抗。年初来陰線も下ヒゲを伸ばしてきている。(対ドルでは陽転)