英国民投票 最新の世論調査結果

英国には、夕刊と呼べるものは「Evening Standard」という一紙しかありません。

本日付けのEvening Standard には、国民投票 に関する最新の世論調査結果が載っています。


*残留と離脱の差が大きく縮小
ここでは2つのチャートをご紹介します。

まず最初は、先月(2月)の調査結果 〔緑のグラフ) と、今回(先週イースター休暇直前、赤いグラフ) の比較です。

・残留支持
2月 54%  3月 49%

・離脱支持
2月 36%  3月 41%

・残留 - 離脱
2月 18%  3月 8%

この1ヶ月の間で、残留から離脱を引いた差が、10%も縮小しています 

英国民投票 世論調査 3-29
(クリックすると拡大します)


下の円グラフは、「国民投票で、EU離脱 (Brexit) が決定した場合、キャメロン首相はどうすべきか  についての、アンケート結果です。

ご本人は、Brexit になろうが、残留しようが、自分はずっと首相の座を退く気は、一切ない  と主張していますが、48%の国民 (アンケートに答えた国民) は、辞任すべきと考えています。この意見には、私も賛成です。







英国の国民投票が6月23日に決定しましたが、それに先駆け 3月1日から31日にかけて、セントラル短資FXさん で キャンペーン をやらせていただくことになりました 

この特別現地レポートでは、毎週金曜日のコラム記事では書かない 「Brexit後の英経済 / 株や国債、為替マーケットへの影響 / Brexit後のEU」 について、1万文字以上に渡って書かせていただきました。既に セントラル短資FXさん に取引口座をお持ちの方は、3月1日よりダウンロードが開始されます。

もし、まだ口座をお持ちでない方は、この機会に是非ご検討いただけますと幸いです。下のバナーをクリックしますと、そちらのページに飛びま~す 
                    
Net Money