【見通し】市場の目=イエレン議長の見通しは?

みずほ証券・投資情報部 チーフFXストラテジスト 鈴木健吾氏

イエレン議長の見通しは?

 イエレンFRB議長は本日米東部時間12時20分(日本時間30日1時20分)に「経済見通しと金融政策」をテーマに講演を行う。今月15-16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、メンバーによる今年末の政策金利予想の中央値が大幅に引き下げられた結果、年内の利上げ回数の想定は前回(昨年12月)の4回から2回に半減した。一方、足元では複数のFRB高官が米国経済の順調な推移等を背景に4月ないし6月のFOMCでの利上げの可能性を示唆。先週末に発表された昨年10-12月期GDP確報値の上方修正等も利上げ観測を後押しする形となっており、市場ではイエレン議長の発言が先のFOMCでいったん鈍化した利上げペースの見通しに修正を促すものとなるかに注目している。市場では、議長は利上げペース等に関する具体的なスケジュール感は示さず、講演も曖昧な内容になるとみる向きが多いが、コアインフレの見通し等について何らかの言及があるのか等、市場の関心が高いだけに為替市場でも振れ幅が拡大する可能性には留意したい。

(堀之内)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]重要経済指標の発表結果を限りなくリアルタイムに近いスピードで速報!経済指標フラッシュはこちら→http://bit.ly/1Pm8KHU

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/