月次アーカイブ: 2016年1月

月末メンテナンス

「月末メンテナンス」

keiom.JPG
月末メンテナンス、いつもお世話になっています。

最近はちょっときつい運動をすると、すぐにガタがきます。

野球界も始動、キャンプインにオープン戦、センバツと楽しみが増えます。

FXもますます乱戦に 2月も楽しみましょう、材料はたっぷり。
マッサージに行く機会は増えそうです

FX為替ニュース

, , ,

【見通し】週間為替展望(ドル/ユーロ)-ECBの緩和期待は盛り上がらず

◆市場環境に好転の兆し、続落する中国株からは目線外れる
◆ドル円、年明けからの下げ幅を埋めにいく下値の堅い展開か
◆ユーロ、市場の安定で緩和期待が盛り上がりにくい

予想レンジ
ドル円 118.00-123.00円
ユーロドル 1.0700-1.1150ドル

2月1日週の展望

 ドル円の下値は限定的か。米連邦公開市場委員会(FOMC)声明文では、「景気と雇用における見通しでリスクが均衡している」との表現が消え、「世界の金融・経済状況を注視する」との文言が加わった。昨年末の米景気の減速と在庫投資や輸出の弱さにも言及しており、ややハト派的な印象がある。一方で雇用と住宅市場の強さを強調し、データ次第ながら経済状況は緩やかなペースでの利上げを正当化させるとしたことで、次回3月の利上げの可能性は排除されていない。債券市場がハト派解釈(利回り低下)、株式市場はタカ派解釈(株価下落)の反応をみせたなかで為替の動意は乏しかった。金利先物市場における3月の利上げ織り込みにもほとんど変化がなかった。

 こうしたなかで足元の金融環境は好転している。産油国による原油生産量の調整を期待させるような観測報道に振らされながらも、原油価格は緩やかに下値を切り上げている。先進国の株価は下げ止まりの兆しをみせ、年明け以降のパニック的な動きは収束している。さらに幸いなことに、続落する中国株の動向を市場はさほど気に留めなくなっている。今後も局所的に中国情勢がテーマとして台頭する可能性は十分にあるが、為替市場も耐えうる体力を蓄えつつある。一方的なリスクオフ相場のなかで受け皿だったドルに巻き戻しの売りが入ることはドル円の上値を圧迫しそうだが、円高圧力が後退していくなかでドル円の下値はサポートされそう。

 日米欧の金融政策イベントを通過することで、来週は個別の経済指標や市場全体のセンチメントに振らされる展開となりそう。5日の米1月雇用統計では引き続き堅調な労働市場の状況が確認できそうだが、伸び悩みが予想される個人消費関連指標や、昨年から鈍化の目立つISM製造業景況指数などの強弱が、米利上げに対する思惑を左右させる可能性もある。

 ユーロドルは下がりにくい展開か。金融市場が徐々に落ち着きを取り戻すなかで、市場が欧州中央銀行(ECB)の追加緩和に対する期待を一方的に膨らませるシナリオは想定しにくい。29日のユーロ圏1月消費者物価指数も、前年比の伸びが加速する見込み。金利市場は年半ばまでの預金ファシリティ金利引き下げを想定しているが、域内の信用拡大を通じた景気の押し上げが期待通りの効果をしていない現状では、政策の見直しが預金金利の修正のみにとどまれば再び市場の期待を裏切りかねない。ECBの金融政策もあくまでデータ次第であり、今は緩和をはやして騒ぐ場面ではないだろう。

1月25日週の回顧

 ドル円は原油や株式相場が主導する展開のなかで市場の安定を背景にじり高。FOMCでの動意はほとんどみられず、119円前後まで下値を切り上げた。日銀の追加緩和に期待を抱かせるような報道があったことも寄与した。ユーロドルは追加緩和期待が高まらず、1.09ドル半ばと年明け以降のレンジ上限に接近。ユーロ円は先週末からの連騰で、節目の130円を回復させた。リスクオフ姿勢の緩和によるユーロ売りはさほどなく、月末絡みのフローも支えにしっかり推移した。(了)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]「トルコリラ/円」優遇スワップポイント!
当社では高金利で知られる「トルコリラ/円」において、
業界最高水準の優遇スワップポイントを本年3月31日(木)
まで期間を延長して適用します!
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/turkey/index.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【見通し】週間為替展望(豪ドル/ZAR)-豪ドル、儚い反発期待も

◆中国リスクは落ち着くが、中国PMIには神経質にならざるをえない
◆RBA理事会はほぼ無風で通過へ
◆ZARは低位安定か、買い戻し以外は期待しづらい

予想レンジ
豪ドル円 80.00-87.00円
南ア・ランド円 6.80-7.70円

2月1日週の展望

 中国からの資本流出懸念は今後も沈静化しそうになく、原油価格はまだ安定化に向かわないだろうが、豪ドル安トレンドは緩んでいきそうだ。原油価格の下げがいったん止まった程度では、金融市場を取り巻くリスクに大きな変化はないものの、悪化している中国情勢に関して金融市場は現実に即したネガティブな方向に認識を調節し、あたふたとした展開はようやく落ち着いた。ただ、米経済は堅調だとしても、中国を中心に新興国は弱く、世界経済はまだら模様である。

 このような状況下、豪ドルは低位安定を続けるか、あわよくば反発するのだろうか。豪経済は資源開発を中心とした成長から脱皮しつつあり、一時期のように他国から豪州に資金が一気に流れこむような背景は見当たらない。豪州の国内要因で豪ドルが上下する余地は乏しいといえる。豪州と米国の金利差縮小観測で豪ドル安・ドル高がさらに進展するという見通しも可能だが、中国リスクと同様に金利差縮小観測も織り込みが進んだ。

 豪ドルに十分な値動きをもたらしそうなテーマは見当たらないが、手がかりがないからこそ、テクニカル的なきっかけが動意をもたらす可能性がある。豪ドル/ドルや豪ドル円の日足には、形状として不細工ながら、逆ヘッド・アンド・ショルダーのチャートパターンが形成されつつあり、豪ドルの買い戻しを促進するそれなりの触媒となりそうだ。投資家心理がずたずたにされ、傷も癒えないなかで豪ドル高に振れるという見通しは持ちにくいものの、このチャートパターンが完成に向かうか経過を観察したい。豪消費者物価指数(CPI)は豪準備銀行(RBA)が金融政策報告で想定した水準だったため、RBA理事会の声明はこれまで通り微調整にとどまりそうだ。豪州のイベントは注目されにくいが、中国PMIに対しては神経質にならざるをえない。

 南ア・ランド(ZAR)はまだ下値余地を残していそうだ。ドルZARやZAR円の月足からして、ZARのセリング・クライマックスが到来したような印象は受けない。中国を筆頭に、新興国からの資金流出はまだ続きそうであり、ZARに下げ止まりを期待するのは早いと思われる。資金流出に伴うZAR安で南アの物価上昇率は加速し、止血のために否応なく政策金利が引き上げられているものの、南ア準備銀行(SARB)の行動に決定的な効果はなさそうだ。

1月25日週の回顧

 豪ドルの下げは落ち着いた。中国の資本流出懸念やコモディティ安による新興国経済の先行き不安など、リスク要因の織り込みが進み、豪ドルには買い戻しが入った。豪CPIがやや加速する兆候をみせたことも豪ドルをサポート。ZARも下げ一服。対円・対ドルで過去最安値圏からしっかりと離れるような展開にはならなかったが、人民元安が小康状態に入ったこともあり、ZAR安圧力は和らいだ。SARBは政策金利を市場予想通りに6.75%に引き上げた。(了)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]「トルコリラ/円」優遇スワップポイント!
当社では高金利で知られる「トルコリラ/円」において、
業界最高水準の優遇スワップポイントを本年3月31日(木)
まで期間を延長して適用します!
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/turkey/index.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

【見通し】週間為替展望(ポンド/加ドル)-英四半期インフレ報告の公表

◆BOEインフレ報告、成長・インフレ見通しは下方修正か
◆BOE議事録、引き続きハト派寄りの内容が見込まれる
◆加経済は回復基調も、加ドルは原油や中国不安など外部要因次第の動き

予想レンジ
ポンド円 165.00-175.00円
加ドル円 80.50-87.50円

2月1日週の展望

 中国景気減速への懸念を材料視した動きはいったん落ち着いているが、原油相場は引き続き金融市場の牽引役となっており、原油価格の動向を眺めながらのリスクオン・オフの相場展開が続いている。

 足元のポンドに独自の買い材料は乏しく、戻りの鈍い動きが見込まれる。イングランド銀行(BOE)のカーニー総裁は先週に続き、「利上げの条件はまだ整っていない」とし、英国の欧州連合(EU)離脱懸念が広がり、経常赤字が大きく拡大するリスクがあると指摘した。同総裁が昨年半ばに言及した「2016年初めの利上げ判断」は先送りされただけではなく、市場では今年後半の利上げ期待も後退している。英10-12月期国内総生産(GDP)速報値は前年比+1.9%と、ほぼ3年ぶりの低い伸びとなった。2015年通年では+2.2%と、2014年の+2.9%を下回った。世界的な景気鈍化が重しとなった。

 来週は1月の景況指数(PMI)と、BOE金融政策委員会(MPC)、同議事録・四半期インフレ報告発表が予定されている。原油安や中国景気減速の影響を見極める手掛かりとして景況指標の結果が注目される。金融政策は、今年の金融市場の混乱からマカファーティ委員が利上げ主張を取り下げ、全員一致で据え置きが決定される可能性がある。議事録は1月同様に、世界経済の先行き不安や原油安に懸念を示すなどハト派寄りの内容が見込まれる。

 四半期インフレ報告では前回に続き、経済成長・インフレ見通しが下方修正されそうだ。8月のインフレ報告以降、世界的な経済成長見通しは一段と弱まり、新興国経済のより急速な減速への懸念が高まった。原油安も歯止めがかからず、インフレの回復を遅らせている。英国内では賃金の伸びが引き続き弱く、最近数カ月は鈍化傾向となっている。

 中国景気不安を材料視した動きがいったん落ち着き、原油価格の下落が一服したことから、加ドルは下げ渋っている。ただ、原油の先安観は根強く、戻りは鈍い。原油価格の低迷が経済の重しとなっているが、インフレへの懸念は高まっていない。加ドル安が遅れてもたらすインフレ押し上げ効果も期待される。加ドル安による景気刺激効果や3月頃に発表が見込まれる新年度予算案で財政刺激策が期待され、原油安や中国懸念など外部要因によるリスクが後退すれば、経済の回復を反映して加ドルは反発局面を迎えそうだが、当面は原油相場次第の展開が続くか。来週は週末の加・米両国の1月雇用統計の結果に注目したい。

1月25日週の回顧

 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁の追加緩和示唆をきっかけに、金融市場の混乱はいったん落ち着き、株安と原油安が反転する兆しをみせるなど、リスク回避の動きは一服し、ポンド・加ドルともに下げ渋った。ただ、警戒感は払しょくされず、戻りは鈍い。英GDPが予想比で下振れしなかったことも好感し、ポンドドルは一時1.44ドル台、ポンド円は171円台まで買い戻しが進んだ。原油安が一服し、ドル/加ドルは1.39加ドル台、加ドル円は85円台まで加ドル買いが優勢となった。(了)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]「トルコリラ/円」優遇スワップポイント!
当社では高金利で知られる「トルコリラ/円」において、
業界最高水準の優遇スワップポイントを本年3月31日(木)
まで期間を延長して適用します!
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/turkey/index.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

世界の金利を引き下げた黒田総裁。スイスも南アもブラジルも

「世界の金利を引き下げた黒田総裁。スイスも南アもブラジルも」

10年債 2016年        
  1月25日 1月26日 1月27日 1月28日 1月29日
フランス 0.79 0.75 0.76 0.73 0.64
ドイツ 0.47 0.45 0.45 0.41 0.33
ギリシア 9.65 9.65 9.9 9.84 9.69
独ギリ金利差 9.18 9.2 9.45 9.43 9.36
アイルランド 0.94 0.89 0.92 0.93 0.86
スペイン 1.72 1.65 1.62 1.64 1.51
ポルトガル 2.84 2.78 2.74 2.79 2.67
日本国債 0.225 0.22 0.215 0.22 0.095
英国債 1.7 1.7 1.71 1.69 1.57
米国 2.03 2 2.01 1.98 1.92
2.72 2.69 2.7 2.69 2.63
NZ 3.31 3.29 3.28 3.27 3.24
南アR157208 9.26 9.31 9.25 9.15 8.87
カナダ 1.27 1.27 1.25 1.24 1.22
イタリア 1.56 1.51 1.5 1.52 1.4
トルコ 10.77 10.8 10.76 10.63 10.54
ブラジル 16.76 16.76 16.59 16.71 16.6
スイス -0.21 -0.22 -0.19 -0.22 -0.26

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

米利上げペースやや緩まる公算、景気見通し下振れで=連銀総裁

[サンフランシスコ 29日 ロイター] – 米サンフランシスコ(SF)地区連銀のウィリアムズ総裁は、世界経済の弱含みやドル高、継続的な原油安などの逆風を受け、利上げ開始を決定した昨年12月時点の想定よりも引き上げペースが緩やかになる可能性があるとの見方を示した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

米国株式市場は続伸、日銀マイナス金利で市場心理が好転

[ニューヨーク 29日 ロイター] – 米国株式市場は、大幅続伸で取引を終えた。日銀による予想外のマイナス金利導入で市場心理が好転した。前日発表の決算が好調だったIT大手マイクロソフトが大きく値上がりしたことも相場を押し上げた。

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

16年株価順位、トップ争いは撃墜国同士がプラ転、他市場はまだバサロ、日経12位、嗚呼上海

「16年株価順位、トップ争いは撃墜国同士がプラ転、他市場はまだバサロ、日経12位、嗚呼上海」

    2015年末 1月29日
1位 トルコ 71726.99 73481.09 1754.10 2.45
2位 ロシアMICE注 1761.36 1784.92 23.56 1.34
3位 NZ 6324.26 6170.22 -154.04 -2.44
4位 韓国 1961.31 1912.06 -49.25 -2.51
5位 FTSE 6242.32 6083.79 -158.53 -2.54
6位 南ア 50693.76 49141.94 -1551.82 -3.06
7位 5344.6 5056.6 -288.00 -5.39
8位 NYダウ 17425.03 16466.3 -958.73 -5.50
9位 スイス SMI 8818.09 8319.81 -498.28 -5.65
10位 ブラジル 43349.96 40405.99 -2943.97 -6.79
11位 ナスダック 5007.41 4613.95 -393.46 -7.86
12位 日経 19033.71 17518.3 -1515.41 -7.96
13位 DAX 10743.01 9798.11 -944.90 -8.80
14位 アテネASE 631.35 552.83 -78.52 -12.44
15位 上海総合 3539.18 2737.6 -801.58 -22.65

FX為替ニュース

, , , , , , , , , ,

ポルトガル格付け、調整必要ないか動向注視=DBRS

[リスボン 29日 ロイター] – カナダの格付け会社ドミニオン・ボンド・レーティング・サービシズ(DBRS)は、ポルトガルの財政再建目標の達成は困難な恐れがあるとして、格付けの調整の必要があるか見極めるため動向を注視しているとの見解を示した。

FX為替ニュース

, , , , , ,

先月の米利上げ適切、数年で正常化=サンフランシスコ連銀総裁

[サンフランシスコ 29日 ロイター] – 米サンフランシスコ(SF)地区連銀のウィリアムズ総裁は29日、連邦準備理事会(FRB)が今後数年で、金利を正常な水準とされる3─3.5%に引き上げる軌道に乗っているとの見解を示した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

ドル急伸、日銀マイナス金利と米GDP統計で=NY市場

[ニューヨーク 29日 ロイター] – 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが急伸し、対円で6週間ぶりの高値に上昇した。日銀のマイナス金利導入決定に加え、昨年第4・四半期の米国内総生産(GDP)速報値が市場予想とほぼ一致したことが追い風となった。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

G20財務相、人民元切り下げなどで合意必要=バンカメメリル

[ロンドン 29日 ロイター] – 米バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(バンカメメリル)は、20カ国・地域(G20)は世界的な経済成長を引き上げ、金融市場の乱高下を防ぐために、来月の財務相・中央銀行総裁会議で中国人民元の一時的な切り下げを含む協調的な措置で合意するほか、ドルの安定に対するコミットメントを示す必要があるとする報告書を公表した。

FX為替ニュース

, , , , , , ,

円 1月最終日で一気に4位へ下落、首位ドル、2位ユーロ、3位に人民元、格差縮小

「円 1月最終日で一気に4位へ下落、首位ドル、2位ユーロ、3位に人民元、格差縮小」
*5位 カナダ、6位トルコ、7位スイス、8位ランド、9位豪
 10位 ポンド 最下位 NZ


    2015年 2016年    
    12月31日 1月29日
1位 ドル円 120.2 121.05 0.85 0.71
2位 ユーロ円 130.64 131.16 0.52 0.40
3位 人民元円 18.29 18.35 0.06 0.33
4位        
5位 カナダ円 86.92 86.59 -0.33 -0.38
6位 トルコリラ円 41.11 40.93 -0.18 -0.44
7位 スイス円 119.94 118.33 -1.61 -1.34
8位 ランド円 7.77 7.62 -0.15 -1.93
9位 豪ドル円 87.51 85.71 -1.80 -2.06
10位 ポンド円 177.19 172.47 -4.72 -2.66
11位 NZドル円 82.08 78.43 -3.65 -4.45
  昨日↓   昨日↓    
  今年1月 2015年 2016年    
    12月31日 1月28日
1位        
2位 ユーロ円 130.64 129.96 -0.68 -0.52
3位 ドル円 120.2 118.81 -1.39 -1.16
4位 人民元円 18.29 17.95 -0.34 -1.86
5位 スイス円 119.94 117.17 -2.77 -2.31
6位 カナダ円 86.92 84.65 -2.27 -2.61
7位 トルコリラ円 41.11 39.94 -1.17 -2.85
8位 ポンド円 177.19 170.59 -6.60 -3.72
9位 豪ドル円 87.51 84.15 -3.36 -3.84
10位 ランド円 7.77 7.33 -0.44 -5.66
11位 NZドル円 82.08 76.97 -5.11 -6.23

FX為替ニュース

, , , , , , , , , , ,

【発言】SF連銀総裁「ガソリン安は消費者にとって差し引きでプラス」

ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
「ガソリン価格の低下は依然としてポジティブ」
「ガソリン安は消費者にとって差し引きでプラス」

(堀之内)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]「トルコリラ/円」優遇スワップポイント!
当社では高金利で知られる「トルコリラ/円」において、
業界最高水準の優遇スワップポイントを本年3月31日(木)
まで期間を延長して適用します!
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/turkey/index.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , ,

【発言】SF連銀総裁「米経済はグローバルな逆風を相殺できる」

ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
「米経済はグローバルな逆風を相殺できる」
「米失業率の低下は続くと予想」
「中国の成長率は5%近辺まで低下する公算」

(堀之内)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]「トルコリラ/円」優遇スワップポイント!
当社では高金利で知られる「トルコリラ/円」において、
業界最高水準の優遇スワップポイントを本年3月31日(木)
まで期間を延長して適用します!
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/turkey/index.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , ,

欧州市場サマリー(29日)

[29日 ロイター] – <為替> ドルがほぼ全面高の展開となり、対円では6週間ぶりの高値に上昇した。日銀のマイナス金利導入決定に加え、昨年第4・四半期の米国内総生産(GDP)速報値が市場予想とほぼ一致したことが背景にある。

FX為替ニュース

, , , , ,

【発言】SF連銀総裁「12月の利上げは経済の改善によるもの」

ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
「景気後退の可能性は10-15%」
「12月の利上げは経済の改善によるもの」
「利上げのペースは緩やかと改めて表明」

(堀之内)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]「トルコリラ/円」優遇スワップポイント!
当社では高金利で知られる「トルコリラ/円」において、
業界最高水準の優遇スワップポイントを本年3月31日(木)
まで期間を延長して適用します!
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/turkey/index.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , , , , , ,

【発言】29日のこれまでの要人発言

麻生財務相
「(弱い経済指標の結果)景気減速の前触れとは思わない」

黒田日銀総裁
「今後必要な場合はマイナス金利を強化する」
「金利全般に強い下押し圧力を今後も加えていく」
「マイナス金利の導入は物価目標の早期達成のため」
「物価の基調は着実に高まっている」
「2%目標達成時期の先送りは原油価格の想定下振れが背景」
「-0.1%が様々な物価や金利に影響を与える」
「資産購入が限界に達し、マイナス金利政策に踏み切ったわけではない」
「量・質・金利の三次元で金融緩和の進展が可能」
「マイナス金利は実質金利を引き下げ、投資や消費を刺激する」
「貸出金利にも下押し圧力がかかると思う」
「マイナス金利政策は、金融機関の収益に大きな影響を与えないだろう」
「必要なら量・質・金利の3つの選択肢を活用する」
「金利全般を引き下げることが今最も効果的」
「量的・質的緩和は所期の効果を発揮」
「日銀の政策は為替をターゲットにしていない」
「為替は経済的な実体を反映して、安定的に推移することが望ましい」
「ダボス会議に向かう前、事務方に緩和の選択肢の検討を指示した」
「経済・物価見通しの下振れリスクが大きい」

カプラン米ダラス連銀総裁
「金融状況は引き締まった」
「前もって決められた政策は望ましくない」
「ガソリン価格下落分が期待ほど消費に回らず」
「インフレ期待の低下は驚きではない」
「消費堅調でリセッション予想せず」
「日銀の行動を理解する」

ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁
「米経済は良好、海外の情勢が気がかり」
「欧州やアジアの状況をFEDは注視」
「米国の景気には楽観的」
「景気後退の可能性は10-15%」
「12月の利上げは経済の改善によるもの」
「利上げのペースは緩やかと改めて表明」

(堀之内)

・提供 DZHフィナンシャルリサーチ

[PR]「トルコリラ/円」優遇スワップポイント!
当社では高金利で知られる「トルコリラ/円」において、
業界最高水準の優遇スワップポイントを本年3月31日(木)
まで期間を延長して適用します!
詳細はこちら→ http://www.gaitame.com/turkey/index.html

[PR]現在実施中の魅力的なキャンペーンはこちら!
http://www.gaitame.com/campaign.html

[PR]現在開催中の気になるセミナーはこちら!
http://www.gaitame.com/seminar/cal.html

・速報メールについて
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/attention.html

・配信停止方法
http://www.gaitame.com/srvlist/market/sokuho_mail/distribution_cancelled.html

PCサイトへはこちら
http://www.gaitame.com/
携帯サイトへはこちら
http://www.gaitame.com/mb/

FX為替ニュース

, , , ,