正午のドル/円は122円後半、投機筋のドルロングの手仕舞い受け

仲値公示までは本邦勢による月初の買いフローもありドルは底堅さを保ったが、事前予想を下回った11月の中国製造業PMIなどの指標を挟んでいったん弱含んだ。