独ZEW景気期待指数、2月は1年ぶり高水準の53.0

[マンハイム(ドイツ) 17日 ロイター] - ドイツの欧州経済センター(ZEW)が発表した2月の独ZEW景気期待指数は53.0となり、1年ぶりの高水準となった。これで4カ月連続の上昇。市場予想の55.0は下回った。1月は48.4だった。ウクライナ情勢やギリシャ問題が圧迫要因となったものの、欧州中央銀行(ECB)の量的緩和が寄与した。